間違ってない?「入籍」と「結婚」は違う意味!正しい意味はこれ

間違ってない?「入籍」と「結婚」は違う意味!正しい意味はこれ

結婚の報告の際、よく耳にする「入籍しました」という言葉。一般的な解釈をすると、"婚姻届を提出し結婚しました"という場合がほとんどでしょう。

しかし、本来入籍とは違った意味を持ち、婚姻届を提出し受理されても入籍したとは言いません。

そこで今回は、「入籍」や「結婚」の正しい言葉の意味や、入籍のタイミングや結婚記念日の決め方について紹介します。

この記事を読んで、「入籍」や「結婚」の正しい言葉の意味を理解し、入籍について深く知ることが出来るでしょう。

この記事の内容をざっくり言うと…
・入籍の意味は元々ある戸籍に誰かが入ること。入籍=結婚ではない。
・一般的に結婚した夫婦は新戸籍が新たに作られる。
・本来は違う意味だが、一般的に結婚=入籍=婚姻で使用している

結婚式場探しをするなら「今」がオススメ!

新元号(令和元年)のタイミングで入籍をしようと考えている人も多いでしょう!

人気の式場は、予約が埋まりやすいため早めの式場探しがオススメです。

さらにハナユメでは6/2(日)まで、ブライダルフェアに参加など条件クリアで全員に最大4万円分の電子マネーギフトがもらえるキャンペーンを実施中です!

気軽に彼とデート感覚で、豪華試食やドレス試着を体験してみましょう♪

無料で楽しめるフェアが満載!

今すぐにブライダルフェアをチェック

誤認している人が大多数!「入籍」と「結婚」の正しい意味

一般的に「入籍」と「結婚」が同じ意味だと思っている人がほとんでしょう。しかし本来は全く別の意味をもつ言葉になります。

まずは「入籍」と「結婚」の正しい言葉の意味や、なぜ今日まで「入籍しました」という言葉がよく使われているのかを以下にまとめました。

婚姻届をだしても入籍とは言わない。入籍の正しい意味とは

「入籍」は戸籍法上の本来の意味合いだと、元々ある戸籍に誰かが入ることであり、主に以下の場合に行われる手続きのことを意味します。

・再婚時に女性の連れ子の戸籍を筆頭者である男性の戸籍に変更する場合
・離婚後に子どもの氏を父親から母親の氏へ変更する場合

これに対して婚姻における戸籍法においての手続きは元々ある戸籍に入るというものではありません。

それまで親の戸籍に入っていた一人一人がそれぞれ親の戸籍から抜け(除籍)、夫婦二人の戸籍が新たに作られる手続きのことを指します。このことを新戸籍の編製と言います。

つまり、本来の意味では「入籍=結婚」ではないので、婚姻届を提出した時に「入籍した」と言うのは間違いになります。

結婚とは日常的な言い方?婚姻が法律的な言い方

次に「結婚」について見ていきましょう。日本国憲法に「婚姻」として以下のように制定されています。

日本国憲法(家族関係における個人の尊厳と両性の平等)
婚姻は、両性の合意のみに基づいて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなければならない。
2 配偶者の選択、財産権、相続、住居の選定、離婚並びに婚姻及び家族に関するその他の事項に関しては、法律は、個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して、制定されなければならない。

また、婚姻は民法により、届け出ることによって成立するということが制定されています。

つまり日本国憲法では自分達の意思で結婚をする自由はあっても、民法に則るならば婚姻届を出す必要があるということです。

日常的に私たちがよく使う「結婚する」というフレーズですが、法律の面から見ると「結婚=婚姻」となります。

このことから、今の日本で「結婚した」というと「婚姻届が受理されて夫婦になった」ととるのが一般的です。

結婚の届書には婚姻届と入籍届と2種類ある!

結婚の届書には婚姻届と入籍届の2種類ありますが、婚姻の手続きに使用するのは婚姻届です。

上記で説明した入籍に関しては民法により、入籍届という届け出を提出することで、誰かが筆頭者となっている戸籍に入った順番に追記されていきます。

しかし結婚の場合は夫婦二人の戸籍を新たに編製するという手続きなので、入籍届は使用せず、婚姻届を使用することになります。あくまでも婚姻の手続きは婚姻届で行うということです。

このことからも、結婚と入籍は全くの別物ということがわかります。

それでも「入籍しました」という言葉が使われる理由

では、なぜ違う意味を持つ言葉が一般的に「結婚=入籍」と捉えられているのでしょうか。それは、「入籍=結婚」という意味で使い続けるメディアが大きく関係しているといえるのではないでしょうか。

例えば芸能人が結婚したときに「入籍した」とメディアで報道をしているのをよく耳にするでしょう。

結婚した芸能人の方自身も、「この度、〇〇さんと入籍したことをご報告させていただきます」と、FAXやブログなどで伝えていることを見かけるかと思います。

本来違う意味であるはずの「入籍」が今尚メディアで当たり前のように使われていることで、それを見ている私たちは2つが同じ意味だと間違って捉えてしまっているのでしょう。

また、「結婚しました」より「入籍しました」の方がかしこまった言い方になると捉えられているため、会社の上司や先輩、お世話になった人などには「入籍しました」と伝える人が多くなり、「入籍しました」というフレーズが広まった事も影響しているのでしょう。

ここまで、「入籍」と「結婚」について本来の意味をご紹介しました。次の章では一般的に使われている「入籍」と「結婚」の違いについてお伝えします。

【増税前に結婚式場探しを!】
2019年の10月から消費税が10%に上がります!
費用を少しでもオトクにするなら、9月までの結婚式がオススメです♪
5月開催のブライダルフェアはコチラから!

一般的な「入籍」と「結婚」の違いとは

「入籍」の正しい意味をご紹介しましたが、まだまだ知らない人も多くいるでしょう。「入籍」と「結婚」、一般的に使う際はどのような解釈をすれば良いのでしょうか。

一般的に使われるときは入籍=結婚という解釈で間違いはない

先ほどご紹介した通り「入籍」と「結婚」は本来では違う意味を持つ言葉ですが、一般的に使用する場合は、「結婚=入籍=婚姻」すべて同じ意味になるという認識で良いでしょう。

言葉の意味も手続き自体も全く異なる言葉ですが、本来の意味を知り正しく使用している人は少ないと言えます。

例えば友人から「入籍しました」という連絡が来た際に、「入籍って言うのは間違いで本当はこういう意味なんだよ」と教えてあげる必要もありません。

相手は婚姻届を提出し幸せでいっぱいですので、「夫婦になったんだな」と素直に受け止め、「結婚おめでとう」と返すのがベストです。

ただ、あなたが手続きする場合は気をつけてください。役所で「入籍届をください」と言えば、違う用紙を渡されてしまいます。結婚する際に必要な書類は「婚姻届」だと言う事を覚えておくと良いでしょう。

入籍とは・・・2人で戸籍を作るのではなく、もともとある戸籍に入ること
婚姻とは・・・法律用語で夫婦になること
結婚とは・・・日常用語で夫婦になること

ということになります。

また、この記事を読んで「入籍」の正しい意味を知り、正しく使用したいと思った人もいるのではないでしょうか。

友人や知人に報告する際は難しく考えず上記のまとめからわかるようにシンプルに「結婚しました」と伝えると良いでしょう。

ここまでで、一般的に「入籍」や「結婚」を使う際の解釈をお伝えしました。次の章では、「結婚記念日」についてご紹介します。

入籍日?結婚式の日?結婚記念日っていつになる?

結婚記念日を入籍した日にするべきか結婚式を挙げた日にするべきか迷われている方も多いのではないでしょうか。次は結婚記念日についてご紹介します。

決まりはない!大きく分けると3パターン

結婚記念日をいつにするのかについては、ルールが決まっているわけではありません。ふたりが良いと思った日を自由に決めることができます。

ただ、大きく分けると3つに分けられ、結婚記念日を「婚姻届を提出した日」か「結婚式を挙げた日」か「入籍と結婚式両方行なった日」のどれかにしている方が多いようです。

1.婚姻届を提出した日

婚姻届を役所に提出する日は、ふたりの好きな日を決めることができますので、よりこだわりをもって日にちを選ぶことができます。

例えば、
・ふたりが出会った日
・ふたりが付き合った日
・ふたりのどちらかの誕生日

このように、思い入れのある日を結婚記念日にすれば、これからずっと大切な日として覚えやすくなりますね。

また、結婚式を挙げた日にすると式場や仕事の都合などで好きな日を選ぶことができないといった意見もあるので、日にちにこだわりのある方は入籍日を結婚記念日にする方が良いかもしれません。

2.結婚式を挙げた日

結婚式を行った日を結婚記念日にすると、毎年この日を迎えたときに結婚式のことを改めて思い出すことができます。家族や友人知人みんなにお祝いしてもらった日を、鮮明に思い出せます。

また、結婚式を挙げることで初めて正式に周りから「結婚したんだ」と認められたと感じる機会でもありますので、役所に書類を提出するということよりも印象強いという方もいるかもしれません。

3.結婚式と入籍を同じ日にする

結婚式と入籍の日を同じ日にすることも可能です。

結婚記念日を覚えやすいといった理由や、結婚式の演出のひとつとしてゲストに承認欄にサインをもらう方もいるようです。

同じ日に提出する場合は、婚姻届に不備があると受理してもらえない可能性があるので、事前に確認するようにしましょう。

実際先輩カップルはどの日を結婚記念日にしている?


ここで実際に先輩カップルの方々は結婚記念日をいつにしているのかを見ていきましょう。

ハナユメの調査よると、77.1%の人が「入籍日」と回答しました。

「結婚式を行った日」は15.2%、、「入籍日と結婚式は同じ日」は7.7%という結果になっており、「入籍日」を特別な日にしたい人が多いことが分かります。

「入籍した日」が1番支持されているワケ!

先輩カップルは結婚記念日を入籍日にしている人が多いということがわかったところで、なぜ入籍日を選んでいるのでしょうか。その理由をご紹介します。

1番大きな理由としては、「婚姻届が受理されふたりが夫婦になった」ということでしょう。それに加え先ほどご紹介したように二人の好きな日を自由に決められることです。

役所で婚姻届を提出し、書類上できちんと夫婦になったということは大きな喜びの1つでしょう。

また、ふたりが出会った日や、誕生日はもちろん、11月22日(いい夫婦の日)などの語呂が良い日、クリスマスなどのイベントにかさねる事も可能です。

ふたりで話し合い結婚記念日を選べるというところが大きなメリットといえるでしょう。

結婚記念日をいつにすれば良いのか、3つのパターンについてご紹介しました。

結婚が決まって彼とデート感覚で参加するなら「ブラフェス」がオススメ♪

ブライダルフェスタ

結婚が決まって、次は結婚式場探し!と思っている方に、彼とデート感覚で楽しめるブライダルフェスタを紹介します。

ブライダルフェスタとは、多くの結婚式場が集結する無料のブライダルフェア総合イベントです。

ブラフェス 会場

1日で複数の式場プランナーと話すことができるため、時間がないカップルや式場がなかなか見つけられないという方にもおすすめです!

また、気になる式場があればその場で直接見学予約を申し込むこともできるので、面倒な手配もいらずスムーズに進めることができます。

式場探しだけではなくドレスショーやDIY体験などイベントも行っているので是非デート感覚で気軽に参加してみてください。

今なら事前予約で選べるギフト券プレゼント中!

2019年5月26日(日) 福岡開催

ブラフェスの詳細はこちらから

まとめ

いかがでしたか。今回は「入籍」と「結婚」の正しい意味と、それに伴う結婚記念日のタイミングについてご紹介しました。

要点をまとめると・・・
・「入籍」の本来の意味は、元々ある戸籍に誰かが入ることで「入籍=結婚ではない」
・一般的に結婚した夫婦は二人の戸籍が新たに作られる。そのことを新戸籍の編製という
・しかし本来の入籍の意味を理解している人は少なく、一般的に入籍しましたという言葉が使われている

この記事を参考に、正しい「入籍」と「結婚」の意味を理解し、ふたりにとっての記念日をいつにするか決めることがことができると良いでしょう。

\ブライダルフェスタが5月に開催決定!/

ブラフェス福岡

エリア最大級!複数の結婚式場が集結するブライダルフェスタが5月に開催!

福岡:5月26日(日)

複数の式場が集まるので効率よく式場探しができたり、結婚式場のプランナーに直接相談もできます♪

今なら、事前予約で電子マネーギフトをプレゼント中!
ブラフェス福岡

Manual結婚準備マニュアル