めんどうだけど・・・やらなきゃ!女性の入籍後の手続きまとめ

めんどうだけど・・・やらなきゃ!女性の入籍後の手続きまとめ

式場探しが不安な方は、自分で探すより専任のスタッフに無料相談がおすすめ!

「入籍後の手続きってたくさんありそう・・・」「めんどうだな・・・」と思っている方も多いと思います。実際に、順番を間違えると役所を行ったり来たりなんて事もあります。

そこで今回は、入籍後の手続きを効率良く行う方法を紹介します。

この記事を読めば、何からやったらいいかわからない!と思っている入籍後の手続きもスムーズに行うことができるでしょう。

この記事の内容をざっくり言うと…
・入籍後~2週間以内に手続きしておくとよい事は7点
・入籍後最優先で行うべき手続きは免許証の変更手続き
・効率良く手続きをするには朝からスタートするべき

結婚式のプロに無料で相談できる♪

Hanayume(ハナユメ)の無料相談デスクでは、結婚式場の紹介や結婚式の準備をお手伝いしています!

カフェのようなおしゃれな空間で、リラックスしながらプロに相談しませんか?

外出を控えている人は、自宅からパソコンやスマートフォンでオンラインでも相談ができます。

オンラインでの相談は、当日予約もOKなので思い立ったらすぐに相談できます!

完全無料で気軽に相談できるので、是非チェックしてみてください♪

詳細はこちらから>>>

入籍後~2週間以内に手続きしておくとよい事

まずは、入籍後すぐに行うべき手続きについて説明します。入籍直後は何かと忙しい場合もありますが、以下の7つは最低限手続きを行っておくようにしましょう。

1.運転免許証氏名・住所変更
2.健康保険証氏名変更
3.マイナンバーカード氏名・住所変更
4.銀行口座氏名・届出印変更
5.各種クレジットカード氏名・住所変更
6.各種保険氏名・住所変更・受取人変更
7.印鑑登録

この7つの手続きに関して「いつ」「だれが」「どこで」「何をどうする」「いくらかかる」の観点でまとめると以下のようになります。

いつ 誰が どこに 何をどうする いくらかかる
1.運転免許証氏名
住所変更
入籍後に住所・氏名が
変わったらすぐに
本人 ・自宅を所轄する警察署
・免許更新センター
・運転免許試験場
・これまでの運転免許証
・住民票
・運転免許証記載事項変更届
を窓口に提出
・住民票取得の手数料300円
※変更自体は無料       
2.健康保険証
氏名変更
変更後できるだけ早く 扶養者
もしくは本人
企業に勤めているなら勤務先に 氏名変更を勤務先に申し出る 無料
自営業なら自宅を管轄する
市区役所、町村役場
市区役所、町村役場に
変更の旨を伝え、必要書類を提出
3.マイナンバーカード
氏名・住所変更
変更後14日以内 本人
もしくは代理人
住民票のある市区町村の
役所戸籍住民課の窓口か
マイナンバー専用窓口
・マイナンバーカード所有
していないなら通知カードと
顔写真付きの身分証明書を持参

・マイナンバーカード所有
ならカードのみを持参

無料
4.銀行口座
氏名・届出印変更
変更後できるだけ早く 本人 最寄りの支店または口座開設した支店 ・通帳
・キャッシュカード
・それまで使用の届出印
・新しく使用する届出印
・住民票
を持参して窓口へ
・住民票取得の手数料300円
※変更自体は無料
5.各種クレジットカード
氏名・住所変更
変更後できるだけ早く 本人 カード会社 変更に必要となる書類を
取り寄せて記入後に提出
(インターネットでも可能な場合もあり)
無料
6.各種保険氏名
住所変更・受取人変更
変更後できるだけ早く 本人 各種保険会社
(生命保険、損害保険)
変更に必要となる書類を
取り寄せて記入後に提出
(インターネットでも可能な場合あり)
無料
7.印鑑登録 入籍後できるだけ早く 本人 住民票のある市区町村 ・新しい印鑑
・本人確認書類
・手数料
自治体によって異なる
(300円前後、無料のところもあり)

※住民票取得の手数料は一般的に300円の自治体が多い

効率良く平日1日で行う入籍後の手続きモデルコース

カップル ハート

入籍にあたっては、何かと手続きが多いためこまごま手続きを進めていると結構時間がかかります。ですが、手続きの順番を考えれば効率よく平日の1日で済ませることが可能です。

もし、入籍する日にできる限りの手続きを終えたいという方は、以下のようなモデルコースを参考にすると良いでしょう。

ここではモデルコースとして先程ご紹介した優先的に済ませておきたい手続きである「婚姻届」「運転免許証」「マイナンバーカード」「銀行」「各種クレジットカード」「各種保険」「印鑑登録」の手続きを1日で済ませる手順について紹介します。

時間 やること 所要時間(目安)
9:00 新居のある自治体の役所を訪れ転出証明書および転入届を提出してから、この後使用する住民票を取得し、婚姻届もこのタイミングで提出。 30分~1時間程度
10:00 警察署で運転免許証の氏名・住所変更 30分程度
11:00 銀行で口座の氏名、届出印を変更する 30分程度
12:00 ランチタイム 1時間
13:00 役所に戻ってマイナンバーカードの氏名、住所変更および印鑑登録を行う(印鑑登録に必要な印鑑は用意している前提) 45分程度
移動中/待ち時間 移動時間を利用してスマートフォンでクレジットカードと保険の資料請求を行う(もしインターネットですべて手続きできるなら終わらせる)

上記のモデルコースは、各申請窓口の時間を考慮して設定しています。

役所の窓口は17時、銀行は15時となっており、万が一トラブルが発生するとすべての手続きができなくなる恐れがあるため、余裕を持って早い時間から動くことをおすすめします。

運転免許証の手続きを優先に行っているのには、その後の手続きで身分証明書の提出が必要である際に運転免許証をすぐ使用できるためになります。

各手続きの所要時間はそれほどかかるものではありませんが、当日の混雑具合によっては異なる場合があるので注意が必要です。

また、インターネット経由で手続きができるものは移動時間中や待ち時間などに行えば時間を無駄にすることはありません。

いまご紹介したモデルコースは、住所登録地で婚姻届を提出した際に参考にするとよいのですが、婚姻届の提出を住所登録地以外で行った場合、休日に婚姻届を提出した場合は反映までに7~10日間かかるので、別日で設定することをおすすめします。

これから入籍する人必見!
ハナユメ会員限定【ハナユメオリジナル2020年婚姻届】無料ダウンロード実施中!

お二人の2020年がLoveに溢れた日々で結ばれますように…そんなハナユメの想いを込めたオリジナルの婚姻届です!

ここでしか手に入らないオリジナル婚姻届で、より素敵な入籍日になりますように♪

令和婚姻届

土日や祝日ではどうしてもできない手続き一覧

できることなら面倒な手続きは一気に終わらせてしまいたいですが、中には土日や祝日にはできない手続きもあります。

どういった手続きができなくなるのかをここで確認し、手続き変更を行うスケジュールを立てる際に役立ててください。

土日、祝日にできない手続きは以下のとおりです。

・健康保険証氏名変更
・マイナンバーカード氏名・住所変更
・銀行口座氏名・届出印変更
・印鑑登録

基本的に役所や銀行などは土日祝日に窓口が開いていないため手続きを行うことはできません。

また運転免許証の記載内容変更に関しては、警察署ではできませんが、運転免許試験場など場所によっては日曜日に窓口が開いている場合もあるので、各地の免許更新センターや運転免許試験場を確認してみてください。

すでに同棲している場合の入籍手続き

入籍する前からすでに同棲をしているという人もいるかと思います。

結婚後も引き続き同棲中の住居で暮らすのであれば、住所変更などできるものだけでも先に行っておくとその後の手続きが減り、婚姻届提出後がスムーズになります。

入籍後にまとめてやろうとすると後々手続きが多くて大変なので早めに済ませるようにしましょう。

\ハナユメで結婚式のプロに相談しよう!/

アドバイザーとの相談予約はこちらから

入籍のタイミングで2人で新居へ引っ越しをする際の手続き

入籍後に新居に引越しをする方も多いかと思いますが、異なる市区町村に引っ越す場合は、「転出届」および「転入届」の提出が必要です。

反対に同じ市町村内での引越しの場合は、引越しから2週間以内に住所のある市区町村の役所に「転居届」を提出するのみなのでそれほど複雑ではありません。

一方の転出届、転入届の場合は、まず引越しをする2週間前までにそれまで住んでいた市区町村の役所に「転出届」を提出し「転出証明書」をもらいます。

その後、引越しが完了したら2週間以内に新居のある市区町村の役所に「転出証明書」と「転入届」を提出することで完了となります。

異なる市区町村への引越しの場合は、住民票の住所変更のため手続きの数が多くなっているので注意が必要です。

ここまでは、入籍してから優先的に行うべき手続きについて紹介してきました。続いてはもう少し長めの3か月以内に行うべき手続きについて紹介していきます。

ハナユメ編集部オススメ!
新居のインターネット回線はスピードが大事!
ふたりの新居のインターネットが遅くてイライラ…なんてイヤですよね。
So-net光プラスなら全国に対応しているフレッツ光回線を使いつつ、高速Wi-Fiルーターが無料で使えるのでとってもおすすめ!
新生活を快適にするには契約するインターネット選びも重要!料金がコミコミでわかりやすいのも嬉しい♪
▶So-net光プラスをくわしく見る

入籍~3か月以内にしておくと良い手続き一覧

入籍直後に優先的にやるべきことは先ほど紹介したものが主なところです。

しかし、それ以外にももちろん手続きはあります。そこで、ここでは入籍から3か月以内に行っておきたい手続きについて紹介します。

  いつ 誰が どこに 何をどうする いくらかかる
パスポート
(新規発給、氏名変更)
パスポートを使用する
1ヶ月前を目処に
本人 住民登録をしている
都道府県のパスポート窓口
新規発給の場合
・一般旅券発給申請書
・戸籍謄本又は抄本
・住民票の写し
・写真
・免許書などの本人確認書類
氏名変更
・一般旅券発給申請書
・戸籍謄本又は抄本
・住民票の写し
・写真
・有効旅券
を窓口に提出
新規発行の場合
・10年:16,000円
・5年:11,000円
氏名変更の場合
・6,000円       
携帯電話
(氏名変更、住所変更、
支払い方法変更)
名前・住所が変わったら
できるだけ早めに
本人 使用している携帯電話の
販売代理店
氏名変更の場合
・氏名変更がわかる書類
・新旧の印鑑
住所変更・支払い方法変更は
インターネットで行える
無料
インターネット 名前・住所が変わったら
できるだけ早めに
本人 プロバイダ 各会社に問い合わせ、変更方法を確認し
それに沿って手続きする
(会社によって異なります)
無料
年金(厚生年金) 名前・住所が変わったら
できるだけ早めに
本人 勤務先 氏名・住所変更の旨を伝える 無料
年金(国民年金) 名前・住所が変わったら
できるだけ早めに
本人 住んでいる市区町村の
役場の国民年金担当課
1号被保険者の場合
・被保険者氏名変更届
・被保険者住所変更届
・年金手帳
3号被保険者の場合
配偶者の勤務先に国民年金
第3号被保険者該当届を提出する
無料

パスポートなどは新婚旅行で使用する場合もあるので、できるだけ早めの手続きをおすすめします。

また、年金は場合によっては勤務先を経由しなければいけないので、こちらも忘れないうちに速やかに手続きを進めましょう。

引っ越しをする人へ新居の為の手続き一覧

次に入籍後に新居に引っ越す際に行う手続きについて紹介します。

いつ 誰が どこに 何をどうする いくらかかる
引越しの手配 引越しの1か月前を目処に 本人 各引越し会社 ・見積もり依頼
・引越し会社決定後ダンボールを受け取り荷造り
引越し業者による
郵便物の転送 引越しの1週間前 本人 最寄りの郵便局 ・転居届
・本人確認書類
を郵便局に提出
無料
粗大ゴミ収集の手配 引越しの1か月前 本人 各自治体の粗大ゴミ受付窓口 各自治体の手続き方法に沿って行う 各自治体による(200円~3,000円程度)
挨拶状の準備
(印刷)
引越しの1か月前 本人 印刷業者
(もしくは自分たちで)
原稿を作成し入稿
(自分たちで行う場合は原稿を作成して印刷)
印刷代金(3,000円程度~)
家賃の清算 引越しの1週間前 本人 管理会社もしくは大家 旧居を確認し、家賃や敷金の清算を行う 家の状況による
電気 引越しの1週間前 本人 利用の電気会社 ・停止日と新居での開始日を連絡
・当日、旧居のブレーカーを下げる
・必要に応じて清算
無料
ガス 引越しの1週間前 本人 利用のガス会社 ・停止日と開始日を連絡
・必要に応じて清算
無料
水道 引越しの1週間前 本人 利用の水道局 ・停止日と開始日を連絡
・必要に応じて清算
無料
電話の移転 引越しの1か月前までに連絡して予約 本人 電話会社 ・引越しの日程が決まったら連絡し新しい電話番号を決める

・新設する場合は本人確認書類と申込書を提出

無料
(新居に電話を新設する場合は別途料金が必要(初期費用36,800円))
NHK 引越しの1週間前 本人 NHK フリーダイヤルに電話、もしくはインターネット上で変更手続きを行う 無料
新聞 引越しの1週間前 本人 新聞配達店 ・停止日を連絡
・必要に応じて清算
無料
挨拶回り 引越し当日 夫婦で 近隣住民の方に(隣、集合住宅なた上下階程度) ・旧居でのお別れの挨拶
・新居で手土産持参で挨拶
手土産代金
転出届 引越しの14日前~当日まで 本人 旧居のある市区町村の役所 ・転出届けを提出
・転出証明書をもらう
無料
転入届 引越し当日~14日後まで 本人 新居のある市区町村の役所 ・転出証明書を持参
・転入届を提出
無料

引越し前後はなにかとドタバタしてしまうため、手続きに抜け漏れが生じてしまう可能性があります。

後になって困らないようにするためにも事前に行う手続き及び手続き方法について確認するようにしましょう。

ここまでは引越し時に行う手続きについて紹介してきました。

続いては、入籍後の手続きをできるだけ滞りなくスムーズに行うために、準備しておいた方がいいものを紹介します。

また、合わせて会社に勤めている人はどういった書類を会社に提出するのかについても紹介します。

式場探し中のプレ花嫁さん必見!
結婚式場探しは、悩みが付きもの…
想定より金額が高い!そもそもどの式場に行っていいかわからない!
そんなプレ花嫁さんは下記の記事を絶対チェック♪

式場迷子になる前に!無料で気軽に専任のスタッフに相談♪
結婚式は相談しなきゃ絶対損!メリット&オススメの相談カウンター

賢くおトクに結婚式を挙げるなら…絶対GETしよう!
【最新】どこがお得?ブライダルフェアで貰える商品券・キャンペーン

入籍後の手続きをスムーズに行う為に事前に準備すべき物

ここまでは行うべき手続きについて紹介してきました。続いては手続きをよりスムーズに進めるために必要なことについて紹介します。

新しい姓の印鑑

入籍後はここまで紹介してきたように様々な手続きを行うことになります。その際に何かと必要になるのが、新しい姓の印鑑です。できるだけ早めに手配しておくことをおすすめします。

印鑑の作成は専門店に依頼すれば作成してもらえます。作成にかかる期間は即日のものから1週間程度のものまで様々です。

また値段に関しても1,000円程度で作れるものから1本で数万円するものまでピンからキリまであります。長く使用するものなのでできれば時間に余裕を持って選ぶと良いでしょう。

新しい姓の印鑑登録をする

新しい印鑑を作成したら、次に新しい姓での印鑑登録が必要となります。

印鑑登録については先ほども紹介していますが、住民票登録地の役所に新しい印鑑と本人確認書類、そして必要に応じて手数料を持っていけば登録することができます。

\ハナユメで結婚式のプロに相談しよう!/

アドバイザーとの相談予約はこちらから

会社への提出書類の確認

入籍すると様々な手続きが発生しますが、忘れてはいけないのが自身が勤めている会社での手続きです。会社によって異なる場合もありますが、基本的な提出書類を確認しておきましょう。

・身上変更申請書
会社によって呼び名は違うかもしれませんが、要は結婚や引越しなど私生活に動きがあった際に提出する書類のことです。

入籍に伴い名字が変わる人の場合は、職場で旧姓を使うのであれば特に問題はありませんが、新しい姓を使用する場合などはこの書類と合わせて、姓に関する書類も必要となる場合があります。

・通勤手当区間変更届
会社から通勤手当が出ている場合などは、引越しによって通勤にかかる費用が変わる可能性があります。

変更が遅くなったことによって手当を多めにもらってしまうと問題になりかねないので早めに提出するようにしましょう。

・慶弔申請
会社によっては福利厚生で慶弔金を支給してくれるところもあります。各会社の手続き方法に沿って慶弔金の申請をするようにしましょう。

会社に対しての手続きはそこまで多くないので、できるだけ早めに行っておくことで、入籍後に行う他の手続きをスムーズに行うことができます。

手続きに関してはここまでとなります。続いては手続きに関することではありませんが、行っておくと安心できるものとしてブライダルチェックについて紹介します。

引越しを考えている人必見!
入籍のタイミングで引越しを考えている人も多いでしょう。
しかし、新生活を始めるのは新しい住居?どちらかの住居?
どんな住居かや、建物のタイプや間取りもご紹介しています!

詳しく知りたい人は下記をご覧ください!
新婚カップルの方々が、新婚生活を過ごす住居は?

コラム:婦人科系のブライダルチェックをする

入籍に伴う手続きとは別に入籍に当たって行っておいた方がいいものとしてブライダルチェックがあります。

ブライダルチェックとは結婚を控える女性に対して行う検診のことで、妊娠や出産にかかわる疾患の有無について確認することができます。

検査内容は多岐に渡っており、生殖機能に関わる臓器のチェックはもちろん、血液検査やおりもの検査、乳がん、子宮がん、子宮頸がんといったものから、性感染症のチェックまで様々です。

このブライダルチェックはいつまでに受けておいた方がいいというものではありませんが、できれば結婚前に受けておくといいでしょう。

なお、ブライダルチェックは病気や怪我の人を対象に行われるわけではないため、健康保険の適用外となります。

各病院やクリニックによっても違いはありますが、費用は数万円程度かかるのが一般的です。

将来的に子供が欲しいと考えている人はもちろん、まだ子供のことは考えていないという人でも、子宮や卵巣などのチェックを受けておくことで、後々気持ち的な面で楽になることもあるでしょう。

入籍前にチェックを済ませて安心した状態で新生活をスタートすると良いでしょう。

\ハナユメで結婚式のプロに相談しよう!/

アドバイザーとの相談予約はこちらから

まとめ

いかがでしたか。今回は入籍後手続きについてご紹介しました。

要点をまとめると・・・
・主に入籍後に行う手続きは7点
・入籍後最優先で行うべき手続きは免許証の変更手続き
・効率良く手続きをするには朝からスタートするべき

この記事を参考に、入籍後の手続きをスムーズに行うことが出来ると良いでしょう。

アプリならお役立ち記事がサクサク読める!

ハナユメ会員限定!オリジナル婚姻届をダウンロードしよう♪

令和婚姻届

ハナユメ会員限定で、【ハナユメブルーオリジナル婚姻届】を無料配布中!

ここでしか手に入らない婚姻届で、より素敵な入籍日にしませんか♪

まずは、会員登録をしてマイページからダウンロードしてみよう!

さらに!スマホ版のマイページがリニューアル!!

会員限定コンテンツも増えていく予定なので、是非この機会にチェックしてみてくださいね!

マイページ
婚姻届

Manual結婚準備マニュアル