ブライダルフェアとは?どこよりも分かりやすく5分で徹底解説!

ブライダルフェアとは?どこよりも分かりやすく5分で徹底解説!

式場迷子さんにオススメ!人気式場ランキングを今すぐcheck!

結婚式場探しにおいて良く耳にする「ブライダルフェア」。なんとなくは知っていても、どんな雰囲気で、具体的に何をするのか気になっている人もいるのでは。

また、試食会や試着会、オンライン相談会など、ブライダルフェアにも種類があって、どれに参加したらいいのか迷う人も少なくないでしょう。

今回は、理想の式場を見つけるためのブライダルフェアについて、どこよりも分かりやすく解説します。

この記事を読めば、どんなブライダルフェアを選ぶべきか、迷わずに決められるようになるでしょう。

この記事をざっくり言うと…
・ブライダルフェアには種類がある!どれも基本無料で参加可能
・結婚式で重視したいポイントを確認できるフェアに参加するのがベスト
・感染リスクを考慮するなら、オンライン見学後に足を運んで!

最大55,000円分!
条件クリアで全員にプレゼント♪

ハナユメキャンペーン

ブライダルフェア参加・相談デスクにご来店など条件クリアで絶対もらえる!
電子マネーギフトのプレゼントキャンペーンを実施中!
おトク&うれしい! かんたん3ステップ
キャンペーンは2023年12月20日まで。この機会をお見逃しなく!

詳しくはこちらから

ブライダルフェアとは?

「ブライダルフェア」とは、結婚式場内の施設見学や、結婚式に関する相談会など、結婚式を挙げたいカップルを対象として行われる結婚式場主催の参加型イベントのこと。

実際に結婚式場を訪れて、「イメージ通りの結婚式を叶えられそうな会場か」を確認するために開催されています。 

そのため、式場見学や相談会だけでなく、豪華な料理が食べられる試食会やウエディングドレスの試着会など、趣向を凝らした内容となっています。

\条件クリアで最大55,000円分プレゼント/

ブライダルフェアを探すならこちら

ブライダルフェアは基本無料で参加できる

料理の試食やドレスの試着などもあり、「参加するには料金が必要なの?」と思われるかもしれませんが、大半のブライダルフェアは参加費用がかかりません。

ではどのような場合に料金がかかるかというと、「試食ではなくフルコースで料理が提供されるブライダルフェア」「ホテルウエディングで一泊付きのブライダルフェア」など。「お試し」の域を超えたおもてなしを受けられる場合に、有料となるケースがあります。

ただし、「何も知らされずにフェアに参加したら有料だった!」ということがないよう、有料となる場合は予約の際にきちんと伝えられますので、ご安心ください。

では、具体的にブライダルフェアにはどんな種類があるのでしょうか。次でご紹介します。

ブライダルフェアの種類

ブライダルフェアにはいくつかの種類があります。主なフェアの種類と特徴は次のとおりです。

ブライダルフェアの種類
① 見学会 式場スタッフに案内してもらいながら、
挙式会場や披露宴会場などの施設を見学できる。
見学会付きフェアを検索
② 模擬挙式 モデルカップルが行う本番さながらの挙式の様子を
ゲスト目線で体験できる。
模擬挙式付きフェアを検索
オススメ!
③ 試食会
披露宴での食事を試食できる(多くが無料)。
フォアグラや高級肉、オマール海老のような豪華な食材を使った
料理を味わえるおトクなフェアが多い。
試食付きフェアを検索
④ 演出体験 式場の最新・定番の披露宴演出が体験できる。
演出体験付きフェアを検索
オススメ!
⑤ ドレス試着
自分に似合う衣装や流行りのデザインなどを、
専門のコーディネーターさんに聞きながら試着できる。
ドレスの種類は会場によって差があることも。
試着付きフェアを検索
⑥ 相談会 気になる費用や演出のことなどを
結婚式場のプランナーさんとじっくり相談できる。
相談会付きフェアを検索
⑦ オンライン相談会
(オンライン見学会)
スマホやPCを使用して
自宅にいながらブライダルフェアに参加できる。
オンラインフェアを検索

イラスト 卒花嫁

どんなフェアに行ったらいいかわからない・・・という人もいますよね。
そんな方は、初めにハナユメの無料相談デスクに行くことをおすすめします!

プロがおふたりに合ったフェアを紹介してくれて、予約の代行までお任せできますよ!
相談予約はこちらから

実際のブライダルフェアでは、①~⑦のどれか一つだけが開催されるわけではありません。模擬挙式や試食会と一緒に見学会や相談会が行われるようなケースが多いです。

時間があまりない場合や平日夜の仕事帰りに軽く見学をしたいだけの場合は、①の見学会や⑥の相談会だけに参加することも可能。

また、withコロナのニューノーマルとして、事前に⑦オンライン相談会(見学会)に参加してから、実際に式場へ足を運ぶ人も増えています。

次の章では、それぞれのフェアの特徴について詳しく解説します。

少人数特集

①見学会:結婚式場内の様々な施設を見学できる  ※実は最も重要なイベント

見学会

平均所要時間:約1~2時間
このフェアはこんなカップルにオススメ!
・会場の雰囲気や演出にこだわりがある人
・ゲストにお年寄りが多い人
・会社・友人・親族をある程度分けながらおもてなしをしたい人

式場スタッフに案内してもらいながら、挙式会場や披露宴会場など結婚式場内の様々な施設を見学できるのがこちらの見学会です。

写真よりも詳しく会場を見ることができ、「二人のイメージする結婚式場に近いか」どうかだけでなく、天井の高さや待合室の広さ、バリアフリー設備など、細かくチェックすることができます。

初めての見学会では、豪華で立派な建物やスタッフの説明に圧倒されてしまいがちですが、見学会は式場探しで最も重要なフェア。複数の会場を見比べながら、理想の結婚式ができるかを見極めましょう。

\条件クリアで最大55,000円分プレゼント/

ブライダルフェアを探すならこちら

②模擬挙式:挙式スタイルの確認ができる

模擬挙式

平均所要時間:約2~3時間
このフェアはこんなカップルにオススメ!
・挙式スタイルに希望がある人
・神聖な挙式の雰囲気を味わってみたい人
・ゲスト目線で挙式を確認したい人

モデルカップルが本番さながらの挙式を行う様子を、ゲスト目線で体験できるのが模擬挙式です。挙式の流れを一通り確認できるため、挙式スタイルにこだわりがある人はぜひ参加しましょう。

神父のいる教会式(キリスト教式)で、人前式やガーデンウエディングなど、さまざまな模擬挙式がありますので、希望の挙式スタイルの模擬挙式があればぜひ参加してみてください。もちろん、挙式スタイルが違っていても、挙式中の雰囲気を味わうことは可能。

厳かな雰囲気で執り行われる模擬挙式に二人の姿を投影しながら、思わず感動してしまうこと間違いなしです。

\店舗・オンライン・LINE・電話で相談/

結婚式のプロに無料相談しよう

③試食会:料理の味や盛付けなどが確認できる

試食会

平均所要時間:約2~3時間
このフェアはこんなカップルにオススメ!
・料理や食材にこだわりがある人
・ウエディングケーキのデザインにこだわりたい人
・ゲストに料理で満足してもらいたい人

結婚式場のシェフが腕を振るう料理を、基本無料で食べられるのが試食会です。「試食」とはいえ、フォアグラや高級肉、オマール海老のような豪華な食材を使った料理も味わえる、おトクなフェアとなっています。

そのため、ブライダルフェアに参加したカップルの約9割が試食会に参加しています。

試食の量は、ワンプレートやハーフコース程度が一般的。フルコースを提供する会場もありますが、その場合は有料となるケースも。とはいえ、通常料金よりもお値打ちに食べられることが多いです。

料理のこだわりが強い人や、美味しい料理でゲストをおもてなししたい人、ゲストにお年寄りが多く濃い味付けや堅い食べ物を避けるなどの配慮をしたい人などは、ぜひ試食会に参加してみてください。

\お料理口コミランキング!/

お料理が人気の式場を探す

④演出体験:式場の最新または定番の演出が体験できる

ブライダルフェア演出

平均所要時間:約2~3時間
このフェアはこんなカップルにオススメ!
・最新の演出アイデアを知りたい人
・希望の演出がある人
・披露宴会場の音響・照明イメージを確認したい人

結婚式の演出といえば、バルーンリリースやキャンドルサービスなどが一般的に有名ですが、最近では新郎新婦や式場のシェフによる料理演出や、披露宴会場内でのプロジェクションマッピング、感染症対策を施したビュッフェなど、多種多様な演出が登場しています。

ブライダルフェアで体験できる演出の多くは、結婚式の定番演出だったり、その式場の最新の演出だったりします。披露宴会場のスペースや照明や音響などについても確認できるため、希望の演出がある人や、これから演出を決めようとする際にイメージしやすくなるでしょう。

\条件クリアで最大55,000円分プレゼント/

ブライダルフェアを探すならこちら

⑤ドレス試着:ドレスの種類は会場によって差がある

ブライダルフェア試着

平均所要時間:約2~3時間
このフェアはこんなカップルにオススメ!
・ドレスにこだわりがあったり、着たいドレスがあったりする人
・豊富な種類からドレスを選びたい人
・コーディネーターさんに似合うドレスを教えてもらいたい人

ウエディングドレスに憧れている女性も多く、「たくさんのドレスの中から運命の一着を選びたい」「あのブランドのドレスが着たい!」「一番きれいに見せてくれるドレスを選びたい」「白無垢や色打掛などを着て、両親や祖父母を喜ばせたい」など、さまざまな希望があるのではないでしょうか。

自分に似合う衣装や流行りのデザインなどは、やはり専門のコーディネーターさんに聞くのが一番です。

また、選べる衣装の種類やレンタル料は、結婚式場によって実は結構差があります。

お色直しのカラードレスや男性のタキシードも同様に、選べる種類の豊富さや流行りのデザインの取り揃えがあるかなど、実際に見てみないと分からない部分も多いので、ドレスにこだわりがある人は参加をおすすめしたいイベントです。

試着会は、見学会や試食会に比べて開催される回数が少ない傾向があるため、見逃さないようにしましょう。

\店舗・オンライン・LINE・電話で相談/

結婚式のプロに無料相談しよう

⑥相談会:プランナーさんに直接疑問を聞ける

平均所要時間:約1~1.5時間
このフェアはこんなカップルにオススメ!
・式場のプランナーさんとじっくり話しながら決めたい人
・結婚式についてプランナーさんに色々と相談したい人
・結婚式の費用や支払い方法なども気になる人

結婚式と一口に言っても、予算や日程、結婚までの段取りやマナーなど考えなければならないことはたくさんあります。そのため、何から始めたらいいの?と迷ったり、疑問に思ったりすることは少なくありません。

そういった悩みを解消するため、ブライダルフェアの最後には必ずと言っていいほど、結婚式場のプランナーさんとじっくり相談できるこの相談会が設けられています。

相談会は通常個室や半個室で行われるため、周りの目を気にせず相談できるのが特徴。女性のプランナーさんじゃないと話しにくいという場合、女性のプランナーさんを指名できることも多いので安心して相談できるでしょう。

⑦オンライン相談&見学会:自宅にいながらブライダルフェアに参加できる

平均所要時間:約1~1.5時間
このフェアはこんなカップルにオススメ!
・時間をかけずに式場見学をしたい人
・外出を控え、自宅で気軽に式場を見比べたい人
・遠方の結婚式場を探している人

その名の通り、PCやスマホを利用してオンラインで式場スタッフと話ができ、会場を見ることができるフェア。感染症リスクを考える人も少なくなく、withコロナのニューノーマルとして多くの注目を集めています。

フェアの内容は式場によりますが、式場見学と相談会がセットになっているのが一般的。実際に式場に足を運ぶよりも短時間でフェアに参加でき、移動時間がないため1日で複数の式場を見学することも可能です。

その場で契約することもできますが、オンライン式場見学で気になった式場は後日改めて足を運ぶ人が多いようです。

以上がブライダルフェアの主な種類と内容です。

一口にブライダルフェアといっても、さまざまな種類があります。そのため、どのフェアに参加したらいいのか迷う人もいるでしょう。次では、迷ったときの判断ポイントをご紹介します。

\条件クリアで最大55,000円分プレゼント/

ブライダルフェアを探すならこちら

どのフェアに参加するかを選ぶポイント

どのイベントに参加すべきか、どんな組み合わせが良いかは、おふたりが結婚式で重視したいポイントを確認できるブライダルフェアを選ぶと良いでしょう。

例えば、ゲストに食べてもらう料理を重視したいのであれば③の試食会を選ぶべきですし、かわいいドレスを選びたい場合は⑤の試着会がオススメ。

結婚式で重視するポイントが多く、一回の見学や体験では確認しきれない場合は、後日もう一度別のイベントに参加するのも良いかもしれません。

とはいえ今の時期、式場見学に時間をかけすぎるのも心配ですよね。そんなときは、ハナユメの相談デスクに「どのフェアに参加すべきか」を相談したり、式場に直接「これとこれを確認したいのだけれど、どのフェアに参加したらいい?」と問い合わせたりしてみてください。

ぴったりなフェアを紹介してくれたり、知りたいポイントを確認できるよう調整してくれたりするはずです。

続いて、ブライダルフェアに参加する際のポイントを見ていきましょう。

ブライダルフェア当日に万全のおもてなしを受けるための3つのコツ

ブライダルフェア相談

結婚式場にとって、フェアに参加するおふたりは「お客様」です。基本的には丁寧なおもてなしをしてくれますが、次の3点を抑えておくことで、より万全なおもてなしを受けられるでしょう。

1. 事前予約は忘れずに
2. 予約時に特典内容も合わせて確認
3. 土曜の午前や日曜・平日夜開催のフェアが狙い目

それぞれ詳しく見ていきます。

1.事前予約は忘れずに

豪華な料理の試食やその他の特典やプレゼントなどを提供するためには、予め式場側で当日何人のお客様が来るのか把握しておかなければなりません。

そのため、ブライダルフェアは事前に予約してから参加しましょう。

当日、気が向いたからと言って突然参加をすると、料理やプレゼントなどが用意できなかったり、対応できるスタッフがおらず満足のいく対応をしてもらえなかったりする可能性も。

試食や試着、プレゼント付きのような人気のブライダルフェアの場合、イベント一週間前でも予約が埋まっている場合もあるため、最低でも二週間前から予約しておくことをオススメします。

2.予約時に特典内容も合わせて確認

一日に何度もブライダルフェアを開催しているような会場では、まれに特典内容を間違えて提供するケースもあるようです。

そうならないためにも、事前予約の際にフェア当日の特典を確認しておくのも良いでしょう。

ただし、予約の際に特典にこだわりすぎると「本当に式場探し中のカップル?」「特典だけ受け取りたいのかな?」と怪しまれることもあるので注意してください。

3.土曜の午前や日曜・平日の夜に開催のフェアが狙い目

土曜の午前や日曜夜・平日夜の時間帯は、ブライダルフェアの参加者が比較的少なめ。式場スタッフにも余裕があることが多いため、万全なおもてなしを受けられる可能性が高くなります。

また、時間の余裕が生まれることにより、式場プランナーとじっくり相談できるのも魅力的。聞きたいことがたくさんある、細かな相談にのってほしいなど、要望がたくさんある場合は、式場に時間的余裕があるタイミングを狙って参加してみてください。

ブライダルフェアに参加する際は、この3つのコツを参考に予約することをオススメします。

では、ブライダルフェアの予約はどのようにしたら良いのでしょうか。次で見ていきましょう。

\条件クリアで最大55,000円分プレゼント/

ブライダルフェアを探すならこちら

ハナユメで解説!すぐ分かるブライダルフェアの予約の流れ

ハナユメ 割引 結婚式費用

ここでは、ブライダルフェアをハナユメ経由で予約する際の流れをご紹介します。

1. まずは、ハナユメにアクセス

ハナユメの

サイト

・アプリ

iPhone

iOSアプリストア

Android

ハナユメアプリQRコード

LINE@

などを利用してハナユメのトップページにアクセス。「結婚式場を探す」より、探したいエリアを選んで、「検索する」ボタンをクリックします。

ここでは、スマホアプリの画面を使ってご説明します。

ハナユメ サイトトップ

2.詳細エリアの選択

サイト エリア検索

「関東」「東海」「関西」などの大きなエリア枠から、都府県、詳細エリアまで、希望にチェックを入れていきます。

3.気になる会場を選ぶ

サイト 式場の検索結果

希望エリア内にある式場一覧が表示されるため、気になる式場をチェックしていきましょう。

エリア以外に細かな条件がある場合は、上部にある「イメージ」「会場のこだわり・見学方法」「人数」「予算」などをタップし、条件を加えていってください。

4.式場の詳細を確認する

式場 キャプチャ フェア選択

気になる式場があったら、式場名をタップし、詳細を確認します。

式場の詳細ページにある「フェア一覧」をタップすると、この式場で開催予定のブライダルフェアが表示されます。

5.参加したいフェアを選ぶ

フェア一覧 式場サイト画面

日付や内容などを確認しながら、参加したいフェアを絞り込んでいきます。

6.内容を確かめる

フェア予約 式場サイト画面

フェア名をタップすると紹介画面が出ますので、内容をしっかりと確認してください。

次に参加してみたいと思ったら、同ページにある「参加予約する」もしくは「電話で予約」をタップし予約に進みます。

7.必要情報の入力・予約

ハナユメ会員としてログインしていれば、氏名などの基本的な情報は自動で入力されます。その他、ふりがな・参加希望日時などの必要事項を入力し、「この内容で予約する」をタップすれば予約完了です。

どのブライダルフェアに参加したいかさえ決まっていれば、予約はとっても簡単ですね!

ブライダルフェア参加の下準備として、当日の服装や持ち物についても次でご紹介しておきましょう。

これで万全!ブライダルフェア当日の服装・持ち物について

ブライダルフェアの予約ができたら、「当日どんな服装や持ち物で参加すれば良いの?」という疑問が浮かぶ人も多いでしょう。

実は、ブライダルフェアに参加する時の服装については、特に決まりがある訳ではありません。とはいえ、短パンやサンダルなどあまりにカジュアルすぎる格好は避けたほうが無難です。

また、試着をするなら脱いだり着たりしやすい服装を心がける、肩紐のない下着にするなど気をつけるポイントがあります。

具体的にどんな服装が好ましいかについては、下記で紹介していますので参考にしてみてください。

当日の持ち物については、会場を撮影して後から見返すためのカメラや、メモを取る用の筆記用具などがあれば良いでしょう。また、式場パンフレットや見積もりを持ち帰ることもあるため、大きめのカバンがあると重宝します。

これくらいが最低限必要なものとなります。ブライダルフェアの種類によっては当日持って行くと便利なものがありますので、それらについては下記をご覧ください。

\条件クリアで最大55,000円分プレゼント/

ブライダルフェアを探すならこちら

【動画】プレ花嫁必見♡プロが教えるブライダルフェアの極意!

最後に、ブライダルフェアへの参加を検討している人におすすめの動画をご紹介します!
こちらの動画では、結婚式のプロであるハナユメアドバイザーが「ブライダルフェアの極意」を徹底解説しています。

動画の後編はこちらから

まとめ

いかがでしたか。今回は、ブライダルフェアとは何か、どんなフェアがあるのかなどをご紹介しました。

要点をまとめると・・・
・ブライダルフェアには種類がある!どれも基本無料で参加可能
・結婚式で重視したいポイントを確認できるフェアに参加するのがベスト
・感染リスクを考慮するなら、オンライン見学後に足を運んで!

フェア参加を考えている人はぜひこちら記事を参考に、有意義なブライダルフェアになることをお祈りしています。

監修者情報


記事監修者Y.Nの顔写真

ハナユメアドバイザー Y.N
経歴
関西の携帯電話ショップにて勤務後、ハナユメに入社。現在は、ハナユメアドバイザーとして結婚式のお手伝いをさせていただいております。
ハナユメアドバイザーとは?
ハナユメウエディングデスクで、お客様の式場探しのお手伝いや、予約・見学の手配といった結婚式の準備をサポートするスタッフです。全員が日本ブライダル文化振興協会が主催する「3級ブライダルコーディネート技能検定」を取得しており、プロの視点からお客様に寄り添ったご提案をいたします。

ハナユメアドバイザーについて詳しくはこちら


結婚式の最新トレンド情報はこちら

【12/20まで】最大55,000円分の電子マネーギフトを全員にプレゼント!

 
ハナユメキャンペーン
 

2023年12月20日まで!
ブライダルフェア参加・相談デスクへのご来店など条件クリアで
全員に最大55,000円分の電子マネーギフトがもらえるキャンペーンを実施中!
お見逃しなく!!

【キャンペーンはかんたん3ステップ!】
①キャンペーンにエントリー&相談・見学予約
②式場見学に参加
③アンケートに回答

式場探しはこちらから検索!

Rankingブライダルフェアの種類の人気ランキング

Manual結婚準備マニュアル