ブライダルフェアで聞くことリスト!重要度順に分かりやすく解説

ブライダルフェアで聞くことリスト!重要度順に分かりやすく解説

式場迷子さんにオススメ!人気式場ランキングを今すぐcheck!

たくさんある式場から好みの式場を選んで、いよいよブライダルフェア参加!でも結婚式場の見学は初めてだしどのような質問をすればいいのかわからない・・・などと困っていませんか?

結婚式は人生の中でも大きなイベントです!ブライダルフェアに参加したら納得いくまでたくさん質問することをおすすめします。

この記事を読めばブライダルフェアで聞くことを知ることができて後悔しない式場探しをすることができるでしょう。

この記事の内容をざっくり言うと…
・ブライダルフェアは二人に担当プランナーがつくので、いつでも質問OK
・ブライダルフェアに行く前にどのような結婚式にしたいか、メモしよう
・結婚式の重視ポイントが決まったら希望にあったフェアに参加しよう

最大30,000円分!
条件クリアで全員にプレゼント♪

ハナユメキャンペーン

ブライダルフェア参加・相談デスクにご来店など条件クリアで絶対もらえる!電子マネーギフトのプレゼントキャンペーンを実施中!
おトク&うれしい! かんたん3ステップ
キャンペーンは2021年10月25日まで。この機会をお見逃しなく!

詳しくはこちらから

ブライダルフェアはプランナーが案内!質問しながら式場見学ができる

ブライダルフェアは式場見学や結婚式の相談、見積もりなどもしてもらえる式場主催のイベントです。結婚式場を探しているカップルに式場のプランナーがついて案内してくれます。

会場を見学しながら疑問に思ったことがあったらすぐに質問ができますし、希望する結婚式のイメージを伝えれば見積もりに反映してくれたりもします。

ここからの章ではブライダルフェア参加時に確認するべきことをランキング形式で紹介しますので、参加前にチェックしてみてください。

少人数特集

会場内覧時に確認すべきこと!重要度ランキングベスト5

挙式会場や披露宴会場を見学するとき、挙式するカップルが希望している雰囲気だけではなく、親族やゲストが快適に楽しく過ごせる会場かどうか考えることが大切です。

会場の収容人数はもちろん、設備面なども確認しましょう。

重要度★★★★★「挙式式場・披露宴会場への最小・最大収容人数」

会場の収容人数確認は最も大切なポイントです。

・通常の結婚式における最少人数と最大人数
・ソーシャルディスタンスを考慮した場合の収容人数
・招待状の返信後に最少人数を切った場合の対応

などをチェックし、最大収容人数については伝えられた人数よりも余裕を持って少なめに見ておくと安心です。

また、後々になって「ゲストが収容できない!」ということにならないよう、大まかなゲスト数を想定したうえでブライダルフェアに参加することをおすすめします。

もちろん、最初に考えていた招待人数から実際には変動が起こる可能性があります。その点も考慮に入れて、会場を検討しましょう。

\条件クリアで最大30,000円分プレゼント/

ブライダルフェアを探すならこちら

重要度★★★★「親族・ゲストの待合スペースは招待人数に見合っているか」

たくさんの親族やゲストを招待する予定の場合、それぞれの待合スペースが十分あるか確認することも大切です。

親族やゲストのことを考えずに式場の雰囲気だけで決めてしまい、あとから「親族の控室が狭いと言われた」「親族控室が両家一緒で気まずかったと親から言われた」「ゲスト全員が待合スペースに入れなかった」という意見が新郎新婦の耳に入ることも少なくありません。

来ていただくゲスト全員に喜んでもらうためにも、忘れずにチェックしておきましょう。

ハナユメキャンペーン

重要度★★★「挙式・披露宴会場のトイレ・喫煙・授乳スペースの確認」

会場のトイレや喫煙、授乳スペースも見落としがちなポイントです。清潔さや広さはもちろん、挙式・披露宴会場からの距離も確認しておきましょう。

会場からトイレや喫煙、授乳スペースが遠いとゲストの負担になります。また、ゲストが長い時間、会場の外に出ていると、その間にせっかくのステキな演出が終わってしまったということにもなりかねません。

ゲストのうち、喫煙者の人数や赤ちゃん連れの方が把握できる場合は前もって調べておき、喫煙スペースや授乳スペースの場所について相談してみても良いでしょう。

重要度★★「挙式やフラワーシャワーなどの演出で外の場合雨天時の確認」

挙式のときにはフラワーシャワーやブーケトスなど、屋外で行われる演出も少なくありません。

当日に雨が降ったときにはこれらの演出が中止となるのか、場所を変えるのか、また結婚式の進行に変更があるのかなども確認しておきたいところです。

\条件クリアで最大30,000円分プレゼント/

ブライダルフェアを探すならこちら

重要度★「駐車場・送迎バスの有無の確認」

挙式当日は車で来るゲストの方もいるので、駐車場の台数も確認しておきましょう。

また、交通機関を利用して来るゲストのために、最寄り駅からの送迎バスの有無やその本数についても情報収集しておきたいところですね。

年配の方やドレスアップした女性にとって、駅から近い会場であっても、途中に坂道などがあると負担になるものです。

さらに詳しいことをプランナーに質問したい場合は、この記事をチェックしましょう。

「感染症対策をどのように行っているか」は必ず確認を!

withコロナの結婚式では、感染症対策がマスト。

ゲストに安心して結婚式に出席してもらえるよう、アルコール消毒の設置や換気設備、ゲスト席の配置、料理・飲み物の提供方法など、細かくチェックしましょう。

公益社団法人日本ブライダル文化振興協会より「新型コロナウイルス感染拡大防止ガイドライン」が発表されていますが、結婚式場ごとに独自の対応をしているところもあります。

結婚式の打ち合わせをオンラインでできるか、万が一結婚式がキャンセルになったときどう対応してくれるのかなども確認しておくとより安心です。

withコロナの結婚式に関するQ&Aはこちらにまとめてあります。「ブライダルフェアに参加する前に確認したい」「こんなこと、式場に聞いていいの?」などと迷うことがある人は、一度ご覧ください。

見積もり相談時に確認すべきこと!重要度ランキングベスト5

ブライダルフェアでは、式場プランナーに相談した内容をもとに必要だと想定される項目を盛り込んだ見積もりを出してもらいます。

あくまで想定であるため内容に過不足があるのは当然。見積もりの項目はしっかりチェックしましょう。ここで、内容をしっかりすり合わせできれば、最初の見積もりから大幅に金額がアップする心配がありません。

見積もり相談時に確認すべきことを5つピックアップしました。

\条件クリアで最大30,000円分プレゼント/

ブライダルフェアを探すならこちら

重要度★★★★★「見積もりに含まれている料理・飲み物の内容と他コース料金の確認」

見積もりに含まれている料理・飲み物の内容をチェックしておきましょう。ゲスト数が多ければ、料理・飲み物を少しグレードアップしただけでも大幅に金額が変わります。

見積もりで提示されている料理・飲み物の内容、それ以外のコースの料金や内容もあらかじめ把握しておき、予算を考えるうえでの参考にしましょう。

重要度★★★★「持ち込み可能アイテムとそれぞれの持ち込み料の確認」

持ち込み可能なアイテムと、それぞれの持ち込み料を確認して、メモしておきましょう。なかには持ち込み不可という会場もあります。

ウエディングドレスを手作りしたり、カメラマンを外部からお願いしたり、式場と提携している業者以外からアイテムを調達したいと思っている人はもちろん、ブライダルフェアの時点では持ち込みを考えていない人も要チェックのポイントです。

準備を進めるなかで、「やっぱり手作りのプチギフトを用意したい」と持ち込み希望になる可能性も有り得るので、最初に確認をしておきましょう。

重要度★★★「見積もりに含まれている装花のボリュームとアイテム」

装花の内容やボリュームは、初回の見積もりで見落としがちな項目のひとつです。

見積もりに含まれている装花が具体的にどこに飾られるものか、どれぐらいのボリュームなのかを聞き、少ないと感じたときは予算の上限を決めておきましょう。

実際の金額がわかるのは、式が近づいてきて装花の打ち合わせを行うときなので、初回の見積もりで具体的な内容と金額を考えるのは難しいものです。まずは、見積もりに含まれる装花を把握することが大切です。

\条件クリアで最大30,000円分プレゼント/

ブライダルフェアを探すならこちら

重要度★★「見積もりに含まれている写真・映像関連の実物の確認」

見積もりに含まれている写真や映像関連は、できれば実物を見せてもらうといいでしょう。記念写真の場合、カット数や部数などで金額が異なるため、見積もりに含まれている内容を確認しておきましょう。

ほかにも、挙式や披露宴でプロのカメラマンに撮影してもらうスナップアルバムが見積もりに含まれているのか、納品形式はアルバム+データなのかデータのみなのか、カット数はどのくらい有るのかといった点も要チェック。

映像関連では、映像の制作料だけでなく、会場でのプロジェクター使用料も確認しておきたいところです。

重要度★「見積もりに含まれている衣装の内容や点数」

見積もりに記載のある金額で、どのような衣装を何点選べるのか確認しておくことも大切です。

白無垢やドレス、レンタルやオーダー、流行のデザイン、有名ブランドなど、条件によって衣装の金額は異なります。

また、ドレス専用の下着や新郎のYシャツなどは買い取りだったり、ティアラなどの小物は別料金がかかったりすることもあるため、見積もり相談の時に確認しましょう。

ドレスにこだわりのある人であれば、後から「気に入った衣装がない」「持ち込み料がかかった」ということがないよう、式場決定前にドレスのラインナップを見せてもらったり、試着したりするといいでしょう。

withコロナ結婚式

ここまで、ブライダルフェアでプランナーに聞いておくべきことを紹介しました。次は、上手に式場選び、費用を抑えるための質問方法について解説します。

質問内容に聞く順番ってあるの?スムーズに質問する方法

結婚式 アイテム

プランナーに質問する順番に決まりはありませんが、次の内容を確認するとスムーズです。

・収容人数や希望の演出に関することなど、思い描く結婚式ができる式場か
・理想の結婚式をするにはいくらぐらいかかるか
・希望の日程は空いているか

会場の雰囲気はもちろん、収容人数などの条件が整わなければ選ぶことはできません。まずは、条件面を確認しましょう。その上で、予算や日程を確認、詳しい内容の相談、交渉などを進めていくことをおすすめします。

ブライダルフェアでプランナーに必要な質問をするたに、あらかじめ二人で決めておきたい項目を3つご紹介します。

\条件クリアで最大30,000円分プレゼント/

ブライダルフェアを探すならこちら

フェア参加前にどのような結婚式にしたいのかを話し合いメモしておく

一番のポイントとなるのが、結婚式のスタイルです。教会式や人前式、あるいは神前式など希望するスタイルによって、式場がある程度絞られます。

また、挙式スタイルによって、衣装もウェディングドレスか和装か異なります。

ほかにも、披露宴でやってみたい演出、料理でオリジナリティを出したいなど、挙式・披露宴で実現したいことやこだわりたいことがあれば、ピックアップしておくことも大切。

話し合いで出てきた点はメモにまとめて見学に持参し、プランナーに伝えて希望が叶うのか確認しましょう。

結婚式を挙げる時期・人数を話し合っておく

式場には収容人数に上限があり、結婚式の時期によって費用が異なります。結婚式の時期やゲストの人数についても、ブライダルフェア参加前におおよそのことを話し合っておきましょう。

ゲストについては親からの希望が出ることも少なくありません。両家の親の意見を確認することも忘れないでください。

具体的に誰を招待するかがわかっていれば、ゲストをおもてなしするために必要な式場の設備もイメージしやすくなります。

結婚式の予算を二人で決めておくと費用面での交渉もスムーズ

希望する結婚式のスタイルやこだわりたい点、挙式の時期、ゲストの人数を踏まえ、挙式・披露宴の予算をおおまかに決めておきましょう。

二人の中で基準となる数字=予算と挙式・披露宴についての要望を持っていれば、プランナーから提示される初回の見積もりに対して、費用面で細かい交渉をすることもできます。

結婚式の費用は基本的に事前精算となります。ご祝儀をいただく前の高額な金額の精算となりますので、もし事前の支払いが難しい時はどのような支払い方法を選択することができるかプランナーに確認しましょう。

\条件クリアで最大30,000円分プレゼント/

ブライダルフェアを探すならこちら

イメージがまとまらない!そんなときはハナユメ相談サポートを利用しよう!

「どんな結婚式にしたいのかイメージがまとまらない」「新型コロナウイルス感染症の関係で時期やゲスト数を迷っている」「そもそも結婚式の費用ってどれくらいかかるの?」など、結婚式に関してたくさんの疑問や不安を抱える人もいるでしょう。

そんなときは、ぜひハナユメ相談サポートを利用してください!

デスクで相談」、「オンライン相談」、「LINE相談」、「電話相談」の中から便利な方法を選んで気軽に相談できますよ。

おすすめの結婚式場を紹介や、ブライダルフェアの予約代行などをしてくれるため、ブライダルフェア参加前に相談するのがおすすめ!

フェア参加後には見積もり相談にものってくれるので、安心・納得して結婚式場を決められますよ。

ブライダルフェアに行くにあたり、事前の話し合いの重要性を理解していただけたでしょうか。次は、さまざまな種類のブライダルフェアの中で、どれに参加すれば良いか見ていきましょう。

\条件クリアで最大30,000円分プレゼント/

ブライダルフェアを探すならこちら

「重視したいポイント」がわかるブライダルフェアに参加を!

新婦 ドレス

ブライダルフェアには以下のようにさまざまな種類があります。

・試食付フェア
・試着会付フェア
・模擬挙式付フェア
・模擬披露宴付フェア

どのフェアも、まずは式場の内覧を行い、最後にプランナーとの相談会が組み込まれるケースが多いようです。二人で話し合う中で出てきたこだわりポイントに合わせ、参加するフェアを選ぶといいでしょう。

料理を重視したいなら、試食付フェアに参加しよう

「ゲストに料理を楽しんでもらいたい」「料理にはこだわりたい」というカップルにおすすめなのが、試食付のブライダルフェアです。

本番の披露宴で出されるコース料理よりも量は少なく、ワンプレートかコースの一部ではありますが、式場のシェフの味を楽しめるとあって人気があります。

ゲストに年配の方が多いことがわかっている場合は味の濃さなどもチェックして、二人の披露宴に出すにふさわし料理かどうかを判断するといいでしょう。

\お料理口コミランキング!/

お料理が人気の式場を探す

衣装を重視したいなら、試着会付フェアに参加しよう

挙式・披露宴で着る衣装にこだわりたいなら、式場が用意している衣装を実際に見て着ることができる試着会付フェアにはぜひ参加しましょう。

こだわりのある人にとって着たい衣装があるかどうかは重要なポイント。式場によってラインナップが異なったり、持ち込みNGだったりすることもあるため、事前に確認しておきましょう。

流行りのデザインを取り揃えているか、豊富な種類から選べるか、持ち込み料はかかるかなどをチェックしておくと安心です。

\店舗・オンライン・LINE・電話で相談/

結婚式のプロに無料相談しよう

挙式のイメージを膨らませたいなら、模擬挙式付フェアに参加しよう

新郎新婦に見立てたモデルのカップルによる挙式の様子を、ゲストの目線で確認できるのが模擬挙式付フェアです。セレモニーの流れをひと通り見ることができるため、挙式のイメージを膨らませやすくなります。

人気の教会式のほか、神前式や人前式スタイルの模擬挙式を行っている式場もあるので、いろんなスタイルの模擬挙式に参加してみるのも良いでしょう。

\店舗・オンライン・LINE・電話で相談/

結婚式のプロに無料相談しよう

披露宴のイメージを膨らませたいなら、模擬披露宴付フェアに参加しよう

模擬挙式同様、披露宴のイメージを膨らませることができるのが模擬披露宴付フェアです。

実際にテーブルコーディネートされた披露宴会場を見ることで、広さやゲストの動線を実感し、披露宴での演出や音響設備を確認することができます。

理想の披露宴が実現できるか検討したり、ソーシャルディスタンスや換気などゲストに安心して楽しんでもらえる環境か確認したり。実際に近い披露宴の雰囲気をつかむことができます。

\店舗・オンライン・LINE・電話で相談/

結婚式のプロに無料相談しよう

外出を控えたい人にはオンラインフェアもオススメ

withコロナの結婚式場には、オンラインでブライダルフェアを開催するところも増えています。

スマホやPCを使って式場見学ができ、プランナーと直接話をして見積もりまでもらえるため、自宅にいながら式場見学が可能です。

移動時間がないため複数の式場を見比べるのが楽で、オンラインフェアで気になった式場には実際に足を運んで改めて案内してもらうこともできます。

気になる式場がたくさんある人なら、オンラインフェアに参加してから式場を絞り込んで実際の見学に行くのも良いでしょう。

withコロナ結婚式

ブライダルフェアの種類がわかったら、次は実際に参加するにあたって必要な持ち物や服装を紹介します。

\店舗・オンライン・LINE・電話で相談/

結婚式のプロに無料相談しよう

ブライダルフェアの持ち物と服装まとめ

カメラ メモ

ブライダルフェアをとことん活用するための、持ち物や服装をご紹介します。

少し準備をして臨むと、理想の結婚式の実現に向けてとても有意義な時間になりますよ!

ブライダルフェアの持ち物

ブライダルフェアに参加するときには、次のようなものを用意していきましょう。おもに情報を集めるためのツールです。

・カメラ(スマホがあればOK)…会場の写真や料理などを撮っておく
・事前に二人で話し合ったことやプランナーへの質問事項をまとめたメモ
・筆記用具…プランナーの意見や、会場で気づいたことを書き留めておく
・大きめのバッグ…見積もり書やパンフレットを入れる

ブライダルフェアの服装

ブライダルフェアに参加する際、服装の決まりなどはありません。ただし、ホテルならかっちりとしたスタイルで、レストランならカジュアルな中にも上品さを保つなど、会場に合わせた服装を心がけましょう。

ジーンズにサンダルや、キャミソールにホットパンツといったスタイルはNGです。ドレスの試着をする場合は、脱ぎ着しやすい服装で参加しましょう。

また、会場見学では式場のあちこちを歩き回ります。女性はフラットシューズなど歩きやすい靴で参加するか、持参して会場内で履き替えるといいですね。

ブライダルフェアの服装について、もっと詳しく知りたい人は以下の記事もチェックしてみてください。 

まとめ

いかがでしたか。今回はブライダルフェアで聞くことについてご紹介しました。

要点をまとめると・・・
・ブライダルフェアは二人に担当プランナーがつくので、いつでも質問OK
・ブライダルフェアに行く前にどのような結婚式にしたいか、メモしよう
・結婚式の重視ポイントが決まったら希望にあったフェアに参加しよう

この記事を参考に、ブライダルフェアに参加した時に何を聞けば良いのかがわかり、後悔しない結婚式場選びができると良いでしょう。

監修者情報


ハナユメアドバイザー 柘植
経歴
名古屋の結婚式場にてご予約担当や打ち合わせ担当のプランナー業務を経験。その後ブライダルジュエリーショップにてジュエリーコーディネーターを経験。ブライダルの現場での経験を活かし、現在はハナユメのウェディングアドバイザーとして名駅店に勤務。
一言
結婚式への想いは様々あるかと思います。結婚式が最幸の1日となるよう是非お気持ちをお聞かせください。想いがカタチになるよう精一杯お手伝いをさせて頂きます!

ハナユメのウエディングアドバイザーについて詳しくはこちら

結婚式の最新トレンド情報はこちら

【10/25まで】最大30,000円分の電子マネーギフトを全員にプレゼント!

ハナユメキャンペーン

2021年10月25日まで!
ブライダルフェア参加・相談デスクへのご来店など条件クリアで全員に最大30,000円分の電子マネーギフトがもらえるキャンペーンを実施中!
お見逃しなく!!

【キャンペーンはかんたん3ステップ!】
①キャンペーンにエントリー&相談・見学予約
②式場見学に参加
③アンケートに回答

式場探しはこちらから検索!

ハナユメキャンペーン

Ranking式場見学・ブライダルフェア参加の注意点の人気ランキング

Manual結婚準備マニュアル