神社で行う結婚式、メリット・デメリットと確認すべきポイント3選!

神社で行う結婚式、メリット・デメリットと確認すべきポイント3選!

結婚式について気軽に聞ける!結婚が決まったらまずは無料相談

近年和のテイストを取り入れた結婚式「和婚」が注目を集めており、神社で行う結婚式の人気が高まっているようです。

ですが神社の結婚式は通常のチャペルで行われる結婚式に比べて、正直よくわからないという方も多いのではないでしょうか。そこで今回は神社の結婚式の流れ・費用、メリットデメリットをご紹介します。

この記事を読めば素敵な神社での結婚式を叶えることができるでしょう。

式場探しの相談は、満足度98.3%のハナユメが断然オススメ!

何から始めていいか分からないならハナユメウエディングデスクでプロのアドバイザーに相談しよう
ご希望に合った式場の提案
や、予約の代行などお二人を完全サポート!

また、人気シーズン「秋」の結婚式を考えているなら、今すぐ見学に行こう♪
希望の日程が埋まる前に、早めの結婚式場探しがオススメです!

まずは、お近くのウエディングデスクを予約してみよう♪

\相談無料!全国11店舗に展開/

今すぐ近くのデスクを探す

日本の伝統的な神社で行う結婚式とは?

神前式 神社 巫女 新郎新婦

日本の伝統的な文化としてのイメージが強い神社での結婚式ですが、そもそも、いつ頃から行われるようになったのでしょうか。

日本では、神道という宗教の元、古代から多くの神様が祀られてきましたが、現在のような神社で行う結婚式のスタイルは、明治33年の大正天皇のご婚儀が起源とされています。

その後、東京大神宮が、一般の人々に向けた神前結婚式を始めたことで、広く普及していきました。

「東京大神宮」や、皇室とも縁の深い「伊勢神宮」、神々の国出雲にある「出雲大社」をはじめ、それぞれの地域の神様に二人の永遠の愛と両家の縁を誓う神聖な儀式は、2000年代以降チャペルでの結婚式が主流となるまで、日本の代表的な結婚式のスタイルとして行われ、近年再び人気が高まっていきています。

神社の結婚式=神前式

神社で行う結婚式は、一般的には「神前式」と言われます。

「神前式」は、神社以外に結婚式場やホテルに設置された神殿でも行うことができ、どちらで行う場合も神道(しんとう)にのっとって式を進めていきますが、ここで、この「神前式」以外に、日本で行われているその他の代表的な結婚式のスタイルも簡単にご紹介します。

・教会式(キリスト教式)・・・
キリスト教の教義にのっとって行う式。クリスチャンでなくても、結婚式場やホテルなどのチャペルで行え、一番人気の結婚式スタイル。

・人前式・・・
宗教や格式にとらわれず、列席者に結婚を誓う式。式次第やルールなどはなくオリジナリティのある結婚式が行え、人気が高まっているスタイル。

神前式の流れ

神前式

聞き慣れない言葉が多く、難しいことをしそうと思われがちな神前式ですが、それぞれの儀式の意味を知ると、決してそんなことはありません。ここでは一般的な神前式の流れについてご紹介します。

儀式の数も多く時間もかかるのでは、と思われるかもしれませんが所要時間は40分程でチャペルでの挙式とさほど所要時間は変わりません。

shinzenshiki-1

ここまで神社の結婚式の概要・流れについてご紹介してきました。では続いて、神社の結婚式にかかる費用をご紹介していきます。

\希望のフェアや式場タイプから探せる!/

理想の結婚式場を探すならこちら

神社の結婚式にかかる費用

費用

それでは、神社での結婚式にはいったいいくらかかるのでしょうか?

神社での結婚式の費用のおおよその目安は下記の通りです。

・初穂料(挙式の謝礼として
神社に納めるお金)
5~15万円
・雅楽などの演奏 3~5万円
・衣装料金(白無垢) 1着15~20万円
・衣装料金(紋服) 5~10万円
・ヘアメイク料金 5~8万円
・その他(写真撮影料金など) 内容等により変動

神社の神殿内は個人での写真撮影が不可のケースが多いので、専属のカメラマンにお願いをすることになります。

上記の項目をパックにして料金を設定している神社もありますので、その場合はトータルでお得になることもありますが、挙式料金としては約20万円、衣装やヘアメイクなど必須の項目を加えるとおおよそ50万円が目安となります。

ここまで費用を含め「神前式」の基本がわかったところで、次に神社で行う結婚式のメリット・デメリットをご紹介します。

\希望のフェアや式場タイプから探せる!/

理想の結婚式場を探すならこちら

神社で行う結婚式のメリットデメリット

神前式

神社での結婚式は情報が少ない分、意外と見落としがちなメリット・デメリットもあります。
ではまず、メリットからご紹介します。

メリット

神社の結婚式のメリットには次のようなものがあげられます。
・日本人ならではの奥ゆかしさを実感
・何度も訪れることができる
・新郎が活躍できる場が多い

では一つずつ見ていきましょう。

日本人ならではの奥ゆかしさを実感

真っ白な着物にすべてを包み、うつむき加減でそろりそろりと歩く花嫁の姿は、古きよき日本人の象徴です。

普段の生活ではなかなか感じることのない、日本人ならではの奥ゆかしさを実感できるのが、神社での結婚式の魅力のひとつです。

何度も訪れることができる

はるか昔からその場所に存在している神社は、おそらく今後もなくなることはありません。

また、初詣をはじめお子様のお宮参りや七五三など、神社は、普段から身近な存在でもあり、
足を運びたいときに、いつでも何度でも訪れることができます。

人生の様々な思い出を同じ場所で重ねられるのは、神社ならではの魅力です。

新郎が活躍できる場が多い

神前式では「神前式の流れ」で紹介した「誓詞奏上」という神様に誓いを述べる儀式があり、一般的には新郎が読み上げます。

教会式や人前式では、新郎新婦それぞれが誓いの言葉を述べるので、この点を見ても、新郎が活躍をする挙式スタイルであるといえます。

デメリット

神前式

このように、たくさんの魅力がある一方で、神社での神前式で注意する点もあります。

天候に左右されてしまう

神社での神前式では、「参進の儀」という親族そろって本殿まで歩く特別な儀式を行います。雨の日は行いたくても行えない場合や、雨の中を歩くことになるので移動がしづらいという点はデメリットだと言えるでしょう。

挙式の場合、列席できるのは親族のみの神社もある

本来、神前式は「親族杯の儀」にあるように、両家の縁を結ぶ意味合いもあるため、基本的には、挙式に列席できるのは両家の親族のみとなります。

また、一般的には神社の本殿のスペースがさほど広くないことも、列席者が限られる一因です。

神社によっては、親族以外の列席者も列席できたり、境内から式の様子を見ることができる場合もありますから、友人にも列席して欲しい場合は事前の確認が必要となるでしょう。

バリアフリーの設備が整っていない

神社は歴史ある建物であるがゆえ、いわゆる「バリアフリー」の設備が整っておらず、ご年配の列席者の方には配慮が必要です。

神社によっては長い階段や大きな段差があったり、車椅子の対応ができない神社もあります。
列席者の方にご年配の方が多くいて気になる場合は、事前に確認をしておくのが良いでしょう。

和装の衣裳代は洋装と比べて安めだが、かつらや簪によっては高くつく可能性も

神前式では白無垢または色打掛など和装を着ることが一般的ですが、和装の衣裳代はウエディングドレスなどの洋装に比べてると、1着1着の費用相場は安めです。

新婦新婦の衣装代の平均価格をみてみると、次の通りになります。

衣裳の種類 平均金額
ウェディングドレス 18.2万円
カラードレス 18.0万円
白無垢 16.2万円
色打掛 22.3万円

(ハナユメ調べ)

しかし、神前式ではかつらや綿帽子・角隠しなど特有のヘアセットや選ぶ簪(かんざし)などによって追加料金が発生するため、トータルでみると洋装より高くなる可能性があります。

いかがでしょうか。神社の結婚式にも費用面や利用する上でのデメリットがあることがわかりました。
では続いて、実際に神社を決める時にはどこを注意した方が良いのか、いくつかのチェックポイントをご紹介します。

\希望のフェアや式場タイプから探せる!/

理想の結婚式場を探すならこちら

必ず確認!神社の結婚式を行う際のチェックポイント3選


引用:THE MAGNUS TOKYO(ザ マグナス トウキョウ)

ここまで、神社で行う結婚式のメリットデメリットを見てきましたが、神社での結婚式を万全にするために、その他、忘れがちなチェックポイントがいくつかあります。

1.両家で信仰している宗教をチェック

現在、日本で行われている結婚式の多くは「神前式」「教会式」「人前式」です。

さほど宗教を気にせず、お好みのイメージで挙式スタイルを選ぶケースが多いですが、「神前式」「教会式」の場合は、宗教・宗派も大きく関わってくるため、念のため事前に両家の宗教観を確認しておくとよいでしょう。

例えば、新婦が「白無垢での神前式」に憧れていても、新郎家が敬虔なキリスト教徒の場合、挙式は「教会式」を希望されることもあるかもしれません。

後々スムーズに進めるためにも、あらかじめチェックをしておくと安心です。

2.披露宴・食事会までの流れはスムーズかどうか

神社での神前式の後に披露宴・食事会を行う場合の場所選びも重要です。

披露宴会場・食事会の場所は、
・神社の敷地内、もしくはすぐ近くにある神社管轄の会館等で行う
・ホテル・専門式場やゲストハウス・レストランなど、全く違う場所で行う
のいずれかになります。

神社管轄の会館等で行うメリットは、なんといっても、挙式後から披露宴会場までの移動の便利さです。原則徒歩で移動できるため、親族も、挙式の余韻に浸りながら会場まで楽に移動できます。

また、披露宴から参加するゲストにも、挙式後の様子を見てもらえたり、神社の境内で一緒に写真を撮影できる可能性もあります。

一方、場所を変えて行う披露宴の場合は、タクシーを手配するか、披露宴会場でバスを手配するなど、神社から披露宴会場までの移動手段の確保が必要です。

挙式会場となる神社との提携がない披露宴会場の場合、申し込み手続きや打合せを2箇所とする必要が出てきます。

ただ、場所を変えることで、1度の結婚式で、挙式と披露宴、全く異なる雰囲気を存分に味わえるのはメリットの1つです。また、披露宴から列席の親族以外のゲストが多い場合は、あえて、披露宴会場のアクセスのよさを重視するのもオススメです。

3.収容人数を事前に確認

基本的には、挙式の列席者は親族のみのため、収容人数を越えてしまうケースはあまりないと思いますが、親族が多い場合や親族以外の列席者もいる場合は、神社の収容可能人数も事前に確認しておきましょう。

80名くらい収容できるところもありますが、30~50名ほどの収容の神社が多いようです。

それでは最後に、神社を実際に見に行くための予約方法をお伝えしておきましょう。

\希望のフェアや式場タイプから探せる!/

理想の結婚式場を探すならこちら

解説!神社の結婚式を実際に見学する方法

予約する

神社での結婚式をする、又は検討すると二人で決めたら、早速神社や披露宴・会食会場を、費用面や施設面のチェックをするためにもチェックしにいくことが必要です。

挙式をしたい神社の候補が予め決まっている方は、直接神社へ問い合わせをしましょう。

なお、複数候補があったり、どの神社で挙式をするかわからない、又は神社以外にも検討したいという人は、式場紹介サイトや式場相談デスクで候補を絞っていくと良いでしょう。

ちなみに、神社は誰でもお参りにいくことができますから、ちらっと外観を見るくらいであれば予約は必要勿論ないのですが、

それぞれの見学予約の方法について、簡単にご紹介していきます。

挙式をしたい神社の候補が予め決まっている方

挙式を挙げたい憧れの神社や、家族でいつも訪れていて思い出のある神社など、挙式をしたいところが既に決まっている方は、直接神社に問い合わせをしましょう。

その神社に併設の披露宴会場・会食会場がない場合、披露宴会場は同時に探していくと良いでしょう。

神社によっては、提携の披露宴会場・会食会場を紹介してくれます。

これから候補の神社を決めたり、神社で挙式をするか迷っている方

複数候補がある場合、何度も神社に自身で問いあわせをしなくていいよう、一括で予約ができる式場検索サイトを利用するのが良いでしょう。

候補の披露宴会場の見学予約もあわせて出来ますから、とてもスムーズに見学予約が手配できるでしょう。

また、神社で挙式をするか神殿やドレスでの挙式も検討しているようであれば、検索サイトで複数候補を見学予約することも出来ますし、式場相談デスクで一度相談をして本当に自分たちの理想のスタイルはなんなのかハッキリ候補を絞ってから、見学に行くことも出来ます。

そうすればそれぞれの式場のメリットデメリットなども詳しく知ることが出来、更にスムーズに準備を進められるでしょう。

今回は、おすすめのサイト「ハナユメ」をご紹介します。

理想の結婚式がみつかる「ハナユメ


公式サイト:https://hana-yume.net/

神社単独の紹介数は少ないですが、神社と披露宴会場をあわせて探すことが出来ます。

サイト上ではわかりにくければ、直接相談できる無料相談デスクの評判も高く、神社での挙式と披露宴・会食会場の組み合わせの紹介など、自分たちでは調べるのが面倒なこともお任せできます。

お得な割引の紹介や、見積もりの確認などもしてくれ二人をしっかりとサポートしてくれます。

また、 3年連続結婚式場相談カウンター満足度No.1*を受賞しており、安心して頼ることができるでしょう。

※2017年・2018年・2019年 オリコン顧客満足度®調査

まとめ

いかがでしたか。今回は神社の結婚式についてご紹介しました。
要点をまとめると・・・

1.日本の伝統的な結婚式である「神前式」は、教会式などが主流となった現代でも、人気のある結婚式のスタイルで、神社で行うケースと、結婚式場の神殿で行うケースがある。

2.「日本人らしさを実感できる」 「人生の節目を同じ場所で迎えられる」など、神社で行う結婚式ならではのメリットがある一方で、「列席者が制限される」 「移動が必要になる」などのデメリットもあるので、自分たちにとって重視する点を見極めること。

3.神社での結婚式を考えている場合、具体的な希望の神社が決まっていないのであれば、まずは結婚式場検索サイトでイメージをつかむこと。

この記事を参考に、当日の見学を充実したものにして、自分にピッタリな会場選びができると良いでしょう。

結婚式のプロに相談しよう!

Hanayume(ハナユメ)の無料相談デスクでは、お二人の理想の結婚式場の紹介や、面倒な見学予約など、結婚式の準備をお手伝い!
何から始めていいかわからない人も、プロが一からサポートします!

【無料相談デスクの3つポイント】
①お二人にぴったりの式場をご案内
②希望に合わせたお得なハナユメ割を紹介
③見積りや予算のご相談もOK

カフェのようなおしゃれな空間で、リラックスしながら相談できます♪

ブライダルフェアに参加など条件クリアで全員に最大40,000円分の電子マネーギフトがもらえるキャンペーンを実施中!

デスク

Manual結婚準備マニュアル