和装 結婚式

神前式とは?挙式の流れ・費用・会場選びのポイントなどを徹底解説

結婚式の不安や悩みを気軽に聞ける!専任のスタッフに無料相談しよう

結婚式をしようと決めたものの、「教会式、人前式、神前式、仏前式…挙式スタイルはどれにしよう?」と迷っていませんか。

どの挙式スタイルにも特徴があり、どれを選ぼうか迷うのは当然です。そこで今回は、結婚式をしたカップルのうち、14.3%が選んでいる神前式について紹介します。

「家族とのつながり」を大切にしてきた日本の心が詰まった神聖な神前式。その魅力をたっぷり解説していきます。

この記事の内容をざっくり言うと…
・神前式とは神社や神殿などで行なう日本の伝統的な結婚式のこと
・神前式は12の儀式で成り立っている!所要時間は40分ほど
・和装で結婚式をしたい人や両家の結びつきを深めたい人におすすめ

それぞれの挙式の違いやメリット・デメリットを比較したい人は以下の記事をご覧ください。

スマホ版マイページでお得な特典チケット配信中!

ハナユメ会員限定!
指輪の購入や前撮りなど、結婚準備に使えるお得な特典チケットを配信中♪

特典チケットの内容はスマートフォン版のマイページからご覧いただけます。

会員登録をして、お得な特典チケットを手にいれよう♪


会員登録はこちらから>>>

日本の伝統的な結婚式!神前式の基礎知識

さがじんじゃ

まずは、挙式スタイルのひとつである「神前式(しんぜんしき)」とはどのようなものなのか解説します。ポイントは次のふたつです。

・神社や結婚式場の神殿などで行なう日本の伝統的な挙式スタイル
・家同士のつながりや絆を重んじる挙式ができる

詳しく見てみましょう。

神前式とは神社や神殿などで行なう結婚式のこと

神前式とは、日本の伝統的な挙式スタイルであり、「三々九度(さんさんくど)」や「祝詞奏上(のりとそうじょう)」などの儀式をとおして両家の絆を結び、神にふたりの結婚を報告するものです。

斎主(いわいぬし)が進行役を務め、神社や結婚式場・ホテルなどの神殿で和装を着用して挙式を行なうのが一般的です。また結婚式をしたカップルのうち14.3%が神前式を選んでいます。

主な挙式スタイルと特徴、それぞれを選んだカップルの割合は次のとおりです。

主な挙式スタイル
教会式(47.8%) キリスト教のしきたりに則ってふたりが神に愛を誓うもの。 牧師・神父が進行を務め、教会やチャペルで行なうのが一般的。
人前式(33.8%) 宗教にこだわらず、ゲストの前でふたりが愛を誓うもの。 挙式の流れや誓いの言葉など、ふたりが自由に挙式を作り上げることがで、 参列したゲスト全員がふたりの結婚の証人となる。
神前式(14.3%) 挙式をとおして両家の絆を深め、斎主が神にふたりの結婚を報告するもの。 日本の伝統的な挙式スタイルのひとつで、神社や神殿などで行なわれる。
仏前式(1.2%) 仏や先祖にふたりの結婚を報告し、来世の契りを約束するもの。 菩提寺や自宅の仏壇前などで挙式ができる。

神前式は「家」を重んじるため親族のみで執り行なうのが一般的

「結婚によって新郎・新婦それぞれの家がつながる」という日本古来の考え方に基づき、神前式はふたりとその家族・親族のみで執り行なわれるのが一般的でした。そのため、挙式中は新郎・新婦の後ろに両家両親が着席し、ふたりを見守るのが通常です。

また、神前式で行なわれる儀式には新郎・新婦と親族が列をなして歩く「参進の儀(さんしんのぎ)」や、親族同士の絆を固めるための「親族盃の儀(しんぞくはいのぎ)」など、親族が参加するものもあります。

神前式で行なう儀式については「一般的な神前式の流れ」で詳しく解説します。

最近では友人などもゲストとして呼べるようになっている

神前式は新郎・新婦と家族、血縁の近い親族などを主なゲストとして30~50名ほどで行なうのが基本でした。

しかし、教会式や人前式のように多くのゲストに祝福されながら愛を誓える挙式スタイルが登場し、結婚式場やホテルなどにも神前式の神殿が設置されたことにより、最近では血縁関係のない友人なども神前式に招待できるようになっています。

ただし、神社によっては参列できるのは親族のみとしているところもあるので、友人などに参列してもらいたい場合は事前に確認するようにしましょう。

神前式の基本の次は、挙式の流れや費用について解説します。

神前式の流れと費用

和装 結婚式

神前式ではどのような儀式が行なわれるのか、神前式の相場はいくらくらいなのか見ていきましょう。

神前式を行なう神社や結婚式場などによって異なりますが、一般的な流れは次のとおりです。

神前式の一般的な流れ
参進の儀 巫女に続いて新郎・新婦・両親・家族・親族などが列をなし、雅楽の流れる中を進み神殿へ向かいます。花嫁行列ともいわれるものです。
入場 神殿の正面に新郎・新婦が着席し、その後ろに両親、親族血縁の濃い順に着席していきます。
修祓の儀 新郎・新婦、列席者の身を清めるため、おはらいが行なわれます。
祝詞奏上 斎主が祝詞を読み上げ、神にふたりの結婚を報告します。
三献の儀 大中小の杯を使用して新郎・新婦がお神酒を飲みます。「三々九度の杯」ともいわれます。
神楽奉納 ふたりの結婚を祝い、巫女が舞を披露します。
誓詞奏上 新郎・新婦が神前で誓詞を読み上げ、誓いを立てます。
玉串拝礼 新郎・新婦がそれぞれに玉串を持ち、神前に捧げます。
指輪の交換 もともと神前式にはなかったが、現在は行なうことが一般的。巫女から指輪を受け、新郎から新婦、続いて新婦から新郎へと交換します。
親族杯の儀 両家の結びつきを祝い、新郎・新婦・列席の親族がお神酒を飲みます。
斎主挨拶 斎主・新郎・新婦・列席者一同が神前に拝礼し、祝いの挨拶を行ないます。
退場 斎主に続いて新郎・新婦・列席者が退場します。

儀式をとおしての所要時間は、約40分です。

聞きなれない言葉や動作があり、難しく感じるかもしれません。しかし、神前式の流れについては挙式前に説明があり、挙式中も巫女が案内をしてくれますので心配はいりません。

神社で神前式を行なう際の費用

挙式費用の全体平均が30~35万円であるのに対し、神前式は25~30万円ほどが相場です。神前式は、教会式などに比べて安く挙式ができるといえるでしょう。

ただし、挙式料の中に衣装代などすべて含まれている場合と、衣装代が別にかかる場合があります。

衣装代だけで見ると、ウエディングドレスより和装のほうがレンタル料・着付け料ともに高いことが多いため、挙式料には何が含まれているのか、トータルでいくらになるのかをしっかり確認しておきましょう。

次の章では、神前式ができる会場と会場ごとのメリット・デメリットを解説します。

神前式の会場は主に3つ!それぞれメリット・デメリットがある

神前式ができる会場には次のようなものがあります。

・神社
・ホテルや専門式場の神殿
・日本庭園

どこで挙式をするかで神前式の流れや雰囲気などが異なります。会場選びの参考となるよう、それぞれの会場のメリット・デメリットを紹介していきます。

神社で神前式を行なう際のメリット・デメリット

メリットは、歴史や由緒ある場所で日本ならではの結婚式ができ、挙式後も気軽に足を運べることでしょう。

一方、デメリットは家族・親族しか挙式に参列できない、披露宴会場への移動が必要になる可能性があることです。また、気軽に足を運ぶことができる分、知らない参拝客から写真を撮られることもあります。

ですが、訪れるたびに神聖な空気の中で結婚式のことを思い出したり、子どもが生まれてからは七五三などの新しい思い出を増やしたりすることができます。

ふたりにとっての思い出の場所を家族にとっても大切な場所にしていけるのは素敵なことではないでしょうか。

ホテルや専門式場の神殿で神前式を行なう際のメリット・デメリット

メリットは、比較的新しいながらも和の雰囲気を携えた会場で伝統的な挙式ができる、結婚式に必要な設備が整っているということです。反対にデメリットは、神社に比べて歴史が浅い、神殿の規模が小さい可能性があることです。

歴史や伝統を重視したいならば神社での神前式がおすすめですが、ゲストの利便性などを考えると結婚式場やホテルなどの神殿のほうがよいでしょう。

日本庭園で神前式を行なう際のメリット・デメリット

庭 和風

日本庭園での神前式は、できる会場が少ない、雨天時の対応を考えておく必要がある、真夏や真冬は快適性に欠けるなどのデメリットがあります。

しかし、伝統を感じつつも開放感ある雰囲気で挙式ができる、写真が自由に撮れる、「和風ガーデンウエディング」は珍しいためゲストの印象に残りやすいなどのメリットも。

会場ごとにメリット・デメリットがあるので、それぞれ比較検討したうえで選びましょう。

ただし、神前式の会場を選ぶ際に、事前に確認しておきたい点がいくつかあります。次の章で説明します。

神前式の会場を選ぶ前に確認しておきたいポイント3つ

和装乾杯

神前式は、日本の伝統を守った厳かな挙式スタイルです。会場を選択する前に次の3点を確認しておくと、「思っていたのと違う!」などのトラブルが避けられるでしょう。

1. 両家が信仰している宗教は何か
2. 挙式のみなのか披露宴も行なうのか
3. 列席できる許容人数や親族以外の列席が可能か

1. 両家が信仰している宗教は何か

神前式に限ったことではありませんが、挙式スタイルを選ぶ前には両家が信仰している宗教はあるのか確認し、親の意見を事前に聞いておきましょう。

信心深い家庭なら、挙式スタイルは信仰している宗教のものを選ぶと決まっている可能性もあります。

2. 挙式のみor披露宴も行なうのか

神前式を行なう場合は、挙式だけでなく披露宴も行なうのかを先に決め、披露宴会場を考慮したうえで式場を選ぶことをおすすめします。

披露宴会場がない神社で挙式をする場合、挙式後は披露宴会場へ移動しなければならない可能性もあります。年配の方や子ども連れのゲストにとって、挙式会場と披露宴会場が離れていることは負担になってしまいます。

披露宴会場のある神社を選ぶ、挙式会場と披露宴会場の距離が近い所を選ぶなどの配慮をするためにも、挙式のみなのか披露宴も行なうのかは早めに決めておきましょう。

3. 列席できる許容人数や親族以外の列席が可能か

前述のように、神前式はもともと家族・親族のみで行なう挙式であったため、挙式会場となる神社はそれほど広くありません。最大で何人をゲストとして呼べるのか必ず事前に確認しましょう。

親族が多く会場が狭い場合は、血縁者であっても招待できない可能性があります。また、挙式に友人を呼びたいと思っているならば、親族以外の列席が可能なのか会場側への確認が必要です。

神前式を希望している人の中には、自分たちに神前式が向いているのか気になっている人もいるのではないでしょうか。次の章では神前式が向く人の特徴を見ていきます。

神前式が向いている人の特徴3つ

和装新婦

次の3つのうち、どれかまたはすべてにあてはまるならば、挙式スタイルは神前式がおすすめです。

1. 日本の伝統的な結婚式がしたい
2. 和装で結婚式をしたい
3. 両家の結びつきを大事にしたい

詳しく解説していきます。

1. 日本の伝統的な結婚式がしたい

日本の伝統が感じられる結婚式がしたいなら、神前式を選ぶのがおすすめです。

大正天皇が皇太子時代に行なった挙式が始まりといわれる神前式は、100年ほどの歴史がある日本ならではの挙式スタイルです。神をまつる神聖な神社で愛を誓える機会はそうありません。

地元など足を運びやすい場所にある神社なら、子どものお宮参りや七五三などでも利用でき、家族の歴史を刻んでいくこともできるでしょう。

2. 和装で結婚式をしたい

白無垢や色打掛などの和装を着て挙式をしたい、なおかつ厳かな雰囲気の中で「和」を感じる挙式がしたい人に神前式は向いています。

神社やホテル・結婚式場の神殿などで行なう神前式は、会場にも「和」の雰囲気が漂います。斎主や巫女も和装ですし、雅楽の演奏や三々九度などの儀式も「和」を重んじているため、和装が映える素敵な挙式ができるでしょう。

ただし、「和装を着たいだけ」であれば、「和装人前式」という選択肢もあります。神前式と人前式を比較したい方は以下の記事もご覧ください。

3. 両家の結びつきを大事にしたい

ふたりの絆はもちろん、家と家の結びつきを深められる神前式は、両家の絆を深め末永く良い関係を築いていきたい人におすすめです。

ここまで、「和装で結婚式をしたい人におすすめ」と解説してきましたが、ウエディングドレスで神前式を行なうことも可能です。次の章では、神前式を行なう際の新婦の衣装について解説します。

気になる!神前式で選べる花嫁衣装

新郎新婦 和装

神前式を行なう際、新婦が着用する主な衣装には次のようなものがあります。ポイントと一緒にまとめてみましょう。

神前式で新婦が着用する主な衣装
白無垢 白無垢(しろむく)は、和装の中で最も格式高い婚礼衣装(正礼装)であり、挙式のみで身につけることができる特別なものです。
白い色には「嫁ぎ先の色に染まる」「純潔を表す」などの意味があり、神聖な儀式を行なう際に神職が着用する衣装の色であることから、婚礼で着用されるようになりました。
また、白無垢にあわせてかぶる綿帽子(わたぼうし)は新郎以外に顔を見せず、災難から身を守るためのものであるといわれています。
色打掛 最近では、挙式は白無垢、披露宴やお色直しで色打掛(いろうちかけ)を着用するケースが多いですが、色打掛も白無垢と同じ婚礼式服とされているため、挙式で着用することができます。
黒引き振袖 黒引き振袖(くろひきふりそで)も婚礼衣裳として着用可能です。もともとは江戸時代の武家の婚礼衣裳とされており、挙式で着用できるのは黒のみでしたが、最近では黒以外の色を選ぶ人も見受けられます。
中振袖 中振袖(なかふりそで)は、成人式で着用する振袖のことですが、これを挙式で着用する人もいます。ただし、白無垢や色打掛、黒引き振袖のような重厚感がないため、文金高島田に角隠しをつけて中振袖を着用するとバランスが悪いように感じる可能性があるので注意しましょう。

そのほか、十二単(じゅうにひとえ)で神前式を行なうケースや、ウエディングドレスの着用が可能な場合もあります。ただし、ドレスは神社によっては断られてしまう場合もあるので、必ず事前に確認するようにしましょう。

神前式は必ず白無垢を着用して文金高島田を結って綿帽子をかぶらなければならないというルールはありません。新郎・新婦の好みにあわせて衣装を選んでくださいね。

まとめ

いかがでしたか。今回は神前式についてご紹介しました。

要点をまとめると・・・・神前式とは神社や神殿などで行なう日本の伝統的な結婚式のこと・神前式は12の儀式で成り立っている!所要時間は40分ほど・和装で結婚式をしたい人や両家の結びつきを深めたい人におすすめ

この記事を参考に、神前式とはどんなものかを知り、神前式をするかどうかぜひ検討してみてくださいね。

ハナユメ相談サポート 相談デスク 結婚式

結婚がきまったら何をすればいいの? ハナユメ流「段取り」でサポートします!

ダンドリガイド

式場探しや準備の手順や方法がわからなくてもハナユメなら大丈夫!

かしこく進められる段取りやお役立ち情報がまとまっているので結婚式までの準備がサクサク進みます。


また、ハナユメ会員限定で、リング、エステ、二次会、新居など、結婚・新生活の準備に使えるおトクな「特典チケット」をプレゼント!


まずは、会員登録をしてマイページをチェックしてみよう!

他にも会員限定コンテンツが増えていく予定なので、是非この機会にチェックしてみてくださいね!

マイページ

Manual結婚準備マニュアル