これで完璧!入籍準備における手続きや確認しておきたいことの全て

入籍 準備

入籍準備にまつわることってたくさんあって混乱していませんか?

今回はハナユメウェディングアドバイザーが、入籍までの一連の流れや入籍までにやっておくべきことなどを、わかりやくご紹介致します。

入籍までの一連の流れや、確認しておくべきことを理解でき、スムーズに入籍をすることができるでしょう。

この記事の内容をざっくり言うと…
・プロポーズから婚姻届提出までの流れを頭に入れて準備をする
・入籍に必要な書類は「婚姻届・戸籍謄(抄)本・身分証明書」
・入籍後、運転免許証は身分証明に使用出来るので1番に手続きを行なう

ブライダルフェアを探すなら断然ハナユメがおすすめ!

入籍が決まり、結婚式場探しをするなら、比較しやすい検索サイトを使うのがオススメです!

さらにハナユメでは10/1までキャンペーンを実施中!ブライダルフェアに参加など条件クリアで、全員に最大4万円分の電子マネーギフトがもらえます。

キャンペーンにエントリーして、お得にブライダルフェアに参加してみよう♪

キャンペーンをチェック >>>>

目次

プロポーズから入籍までの一連の流れ

婚姻届 提出 入籍

プロポーズから入籍まで…言葉にするとたった一言ですが、行なわなければいけないことや準備することがたくさんあります。

そんな忙しい日々の中でも、しっかりとやるべき事を把握していればスムーズに事を進められます。

直前になってあわてなくていいように、まずは、プロポーズから入籍までの流れを確認しておきましょう。

1.プロポーズ

“恋人同士のお付き合い”から”結婚”へと変わる大きなターニングポイントが”プロポーズ”です。

プロポーズのシュチュエーションや言葉は人それぞれですが「結婚してほしい」「家族になりたい」という気持ちを言葉にするというケースが多いでしょう。

されて返事をした瞬間から、恋人同士ではなく婚約者になるという言い方もできます。

ちなみに結婚する際に夫から妻へプロポーズがあったという人は83.1%といった結果も出ており、結婚する8割の人がプロポーズを行っていることがわかります。

2.親への挨拶

プロポーズの後は、お互いの親への挨拶となるのが一般的な流れです。お付き合いしている段階から親を紹介していたとしても、結婚となると新たに挨拶をする人が多くなります。

どちらの実家に先に挨拶に行くかは、若い世代のカップルにとってはあまり重要でないかもしれません。

ですが、親世代の中には「嫁をもらう」「嫁に出す」という感覚を持っている人もいます。

そこに配慮するのであれば、先に新婦側の実家に挨拶に行くほうがよいでしょう。

3.婚約指輪・入籍の記念品購入

婚約や入籍の際に記念品を購入する人は多くいます。

一般的なのは指輪で、プロポーズの段階で準備をしているというよりは、結納までに間に合うように準備するカップルが多いようです。指輪以外にもネックレスや時計を選ぶ人もいます。

4.結納・両家顔合わせ

プロポーズと挨拶が終わり両家の承諾が得られると、次は、両家の顔合わせと結納です。

最近では、結納を行なう人はかなり少なくなってきています。2016年の調査によると結納と顔合わせの両方を行ったのは13.3%、結納のみを行った人は4.4%となっています。

その他76.9%の人たちが顔合わせのみを行っているというデータからみても、結納はしないカップルが大半といえます。

5.結婚式場検討・決定

両家の顔合わせの後は、結婚式場探し・式場決定を行います。

先に両家の顔合わせの場で結婚式の場所や日時などの希望を聞いて、摺り合わせを行ってから式場を探すのがスムーズと言えるでしょう。

6.結婚指輪の購入

式場や日程が決まった後は、結婚指輪を選んで購入します。

結婚指輪は出来上がるまでに日にちがかかりますし、一生に一度のものですからデザイン選びにも時間がかかることでしょう。

また、購入してすぐ手元にくるわけではなくサイズ調整などもあるため、注文してから出来上がるまで大体1ヶ月程度かかります。

ですので、式場と日程が決まったらすぐに探し始めるという方達が多いようです。

7.新居探し・引越し

結婚式や入籍が終わってから新居に移るという方達もいますが、先に新居で生活を始めるという方達もいます。

結婚式や入籍前に一緒に住んでいれば、打ち合わせなどが楽に出来るので便利でもあります。

8.入籍(婚姻届提出)

こうしたさまざまな準備を経て入籍するのが一般的な流れと言えます。入籍は結婚式よりも早めにする人が80.3%といった結果も出ています。

そして、婚姻届を提出した後にもさまざまな手続きが必要です。スムーズに進めるために必要な準備などを次の章でくわしく紹介していきます。

名義変更などの手続きをスムーズに進めるための3つのこと

免許証 パスポート

婚姻に伴って、女性は特に名字や住所など変更手続きが必要なものがたくさん出てきます。

当然、一度にすべての変更をすることは不可能ですから、優先順位の高いものから順にひとつずつ手続きをする必要があります。

手続きをスムーズに進めるために先に知っておきたい3つのポイントをお伝えします。

1.変更手続きが必要なものを把握しておく

入籍を済ませ、名字や住所が変わると免許証やパスポートなど、変更手続きが必要なものがたくさんあります。

住民票やパスポートなどの役所関係の手続きはもちろんですが、運転免許証、銀行口座、携帯の契約、自動車の名義、医療保険など住所と名前が変わると基本的にはすべて変更しなくてはいけません。

当然、一度にすべての変更をすることは不可能ですから、優先順位の高いものから順にひとつずつ手続きをする必要があります。

またそれらを把握しておくだけでも、準備は断然スムーズに進むためまずは何の変更が必要なのか把握しておきましょう。

具体的には何があるのかは次章で詳しくご紹介します。

2.新姓で印鑑を作っておく

名義変更の際に必ず必要なのが”新しい姓の印鑑”です。

印鑑は出来上がるまでに時間がかかる場合もありますので、結婚が決まったら早めに準備しておきましょう。

印鑑が出来るまでの期間は店によって異なりますが、14日程度かかることもあります。

3.免許書・パスポートは最優先で手続きをしておく

免許証やパスポートは重要な身分証ですので、早めに手続きしておきましょう。

免許証の更新には、本籍記載の住民票、パスポートの名義変更には戸籍謄本が必要です。

銀行口座や携帯電話など多くの名義変更には、身分証として免許証やパスポートが必要となります。

他の手続きをスムーズに行なうためにも、最優先で行なうことをおすすめします。

この章では、手続きをスムーズに進めるために準備しておくと良いものを紹介しました。

ここで紹介した、印鑑などの準備ができたらいよいよ婚姻届提出やそれに伴う手続きに入ります。

どんな変更手続きが必要なのかを次の章でまとめて紹介します。

結婚するにあたって必要な手続の17項目!

新婚生活 二人 カップル

結婚するにあたっての手続きといえば婚姻届ですが、婚姻届提出以外の様々な手続きの方が数が多くなります。

リストアップすると「こんなにあるの?」と思ってしまうかもしれませんが、ひとつひとつ計画的にこなしていけるようにしておきましょう。

婚姻や年金など役所関連の手続き

婚姻届 入籍

ここでは婚姻届や年金など役所関連の手続きについてまとめてあります。手続きが多くてびっくりしてしまうかもしれませんが、ひとつひとつ確認をしていきましょう。

1.婚姻届

婚姻届は、市役所や区役所で貰うことができます。ゼクシィなどの雑誌についている婚姻届ももちろん使用可能です。

万が一、書き間違えてしまっても二重線と訂正印で問題ありません。

ですが、せっかくの婚姻届なので書き間違えがないものを提出したいと考えている人は、予備を貰っておくことをおすすめします。

提出の際には、婚姻届のほかに写真付きの身分証が必要です。また、本籍地以外の役所に提出する場合は戸籍謄本(抄)が必要です。

2.年金関係の手続き

婚姻して氏名が変わったときには年金関係の手続きも必要です。また、配偶者の扶養に入ったときも変更手続きをしなくてはいけません。年金手帳を持参して市役所に行きましょう。

3.公的医療保険関連の手続き

婚姻の際には、国民健康保険などの手続きも必要です。転居前の住所があった役所での手続きとなります。

婚姻後、配偶者の扶養となる場合は社会保険の場合は会社が手続きを行います。

必要書類は、印鑑と保険証です。

4.印鑑登録届・廃止届

印鑑登録をしている場合は、名字が変わると印鑑登録は転出届けを手続きした時点で自動的に失効します。

ほとんどの市町村で廃止手続きは不要になりますが、廃止手続きをとらなければいけない場合は登録している印鑑と身分証を持って、登録した役所へ行きましょう。

また、印鑑登録の新規申請はこれから住む市町村の役所で申請手続きを行います。

必要書類は、新しい姓の印鑑・本人確認書類(免許書・パスポートなど)となります。

引越しに伴う手続き

引越し 

ここまでは、結婚して名字が変わる事で必要な手続きを紹介してきました。

結婚して新居に引越した場合にも、さまざまな手続きが必要です。ひとつひとつ確認しておきましょう。

5.転出届

引越しで居住する市区町村が変わった場合には、婚姻前の住所がある市区町村に転出届を出す必要があります。引越しの2週間前から手続きできるところが多いです。

これまで住んでいた市役所に印鑑・国民健康保険被保険者証(加入者のみ)・身分証を持っていけば手続きをすることができます。

6.転出証明書

住民票の移動をする際に、転出証明書が必要になります。

転出証明書は転出届を出した時にもらうことができますので忘れないようにしましょう。

7.転入届

引越先の市区町村では、転出届を提出する必要があります。転入届は、引越し後14日以内に手続きを行わなければなりません。転出届を出した後には、住民票の交付申請や印鑑登録申請も可能になります。

持ち物としては、印鑑・転出証明書・年金手帳国民年金第1号被保険者のみ)・身分証明書・住民基本台帳カード(持っている人のみ)が必要となります。

8.公共料金(電気・ガス・水道)

公共料金の手続きは、早めに済ませておくと後で慌てずにすみます。ガスと電気は1週間前までに、水道は3~4日前までに連絡をしておきましょう。

それぞれ手続きの変更を行う場所は異なります。

ガス:所轄のガス会社
電気:所轄の営業所
水道:所轄の水道局

手続きの方法については会社ごとで異なるため、事前に確認をした後に手続きを行いましょう。

9.インターネット回線

申し込みをしてから、実際に使用できるようになるまでに時間がかかることもあります。インターネット回線の移転や新規申し込みも出来るだけ早くしておきましょう。

インターネットの回線によって申し込みから使用できるようになるまでの期間は異なります。

工事等が必要な場合は14日以上かかるケースもありますので早めの申し込みがおすすめです。

10.電話回線

固定電話の電話回線は、「116」に電話をして工事の日程などの打ち合わせを行いましょう。

使用停止や名義変更も電話で可能になります。これも、早めに行うことでゆとりを持って日程調整できます。

各種住所・名義変更

手続き カード

転出や転入届以外にも、住所や名義が変わった場合には変更手続きをしなくてはならないものがたくさんあります。

11.運転免許証

婚姻で名字や本籍地が変わった場合には、運転免許証の変更手続きが必要です。運転免許証は、あらゆる場面で本人確認書類として使うことになるため、最優先で切り替え手続きを済ませましょう。

新住所を所轄する警察署もしくは運転免許試験場に、免許証と住民票、新しい住所が記載されている公共料金の請求書等と写真を持参しましょう。

12.パスポート

婚姻届を提出してから海外挙式&ハネムーンを考えているのなら、早めに名義&住所変更を済ませましょう。

パスポートをすでに持っている場合は、住民票を置いている都道府県にある旅券発行窓口で、記載事項の訂正をしてもらいましょう。もちろん、新規のパスポートを発行し直す(切替申請)こともできます。

必要書類は戸籍謄本(抄)、住民票、印鑑、パスポート用の写真、身分証が必要です。

13.クレジットカード

クレジットカードは生活にかなり密着しているため、氏名や住所を変更したら早急に変更手続きを進めましょう。

銀行口座と同時に名義変更をしないと、利用金額の引き落としができないという困った事態になりかねません。

氏名や住所に変更がある場合は、クレジットカード会社に連絡をして所定の手続きをしましょう。

クレジットカード会社によって必要書類も違いますので、まずは電話で確認してみてください。

14.自動車登録

自動車を持っている場合は、婚姻で名字が変わった際に変更手続きが必要です。車のディーラーに依頼する事もできますが、自分でも変更手続きをすることができます。

車検証、戸籍謄本、委任状、手数料納付書、納税申請書、申請書を用意して所轄の陸運局で手続きをしましょう。

自分で手続きをする方が業者への依頼費用が掛かりませんので安く済ませることが出来ます。

15.生命保険

生命保険も、結婚を機に氏名・住所変更や印鑑の変更などの変更届を出さなければいけません。

生命保険は、必要に迫られることが少ないため忘れがちですが、いざという時慌てないように、まとめて対応してください。

保険会社によって必要書類が変わりますが、身分証や保険証、住民票などが必要になるケースが多くなります。

16.貯金通帳

銀行口座の名義変更手続きは、口座を開設した支店で行います。

通帳、キャッシュカード、新旧の届出印、住民票か戸籍謄本などが必要です。あらかじめ窓口に問い合わせてから出向くと良いでしょう。

17.会社での名字

会社で使っている社員証なども名字が変われば変更することもできます。

中には旧姓のまま仕事をするという方もいらっしゃいますし、会社によって対応が異なります。しっかり確認しておきましょう。

この章では結婚にともなう様々な変更手続きを紹介してきました。 紹介した通り、多くの手続きが必要になりますが優先順位をたてて、順番に進めていきましょう。

最後に新婚生活を仲良く過ごすためにふたりで決めておくべきことをお伝えします。

新婚生活を仲良く過ごすために決めておくべき7つのこと

ブライダルフェア試着会当日の服装

当然の事ですが、結婚生活は仲良く過ごしたいものです。ですが、育った環境が異なる二人が生活を共にするのですから、価値観の違いや考え方の違いなどはあって当たり前です。

些細なことがきっかけで喧嘩になってしまう事もあります。

そんなことにならないように、仲良く新婚生活を送る為に先に話し合っておくべき7つのポイントをここで整理しておきましょう。

1.結婚後にトラブルの多いお金の管理のこと

結婚後に多いトラブルがお金にまつわるトラブルです。
結婚生活を快適なものにするためにも、ちゃんとふたりの間で話し合っておく必要があります。

共働きなら完全に財布を分けるか、共通の銀行口座に生活費を貯めていくのかといった大枠から毎月の小遣いはどうするのかといった細かい点まで、お互いに納得するまで話し合いましょう。

ひとつの銀行口座に代理人カードを作成して、夫婦共有の銀行口座を作って生活費に相当する金額を振り込むという方法もあります。お互いに納得できて管理しやすい方法を決めましょう。

またお金の使い道についても、優先順位をどうするか、どのぐらい貯金として置いておくかという点をしっかり議論しておきたいものです。

2.家事の分担のこと

一緒に生活するにあてって、家事の分担も話し合っておく必要があります。

特に共働きが多い今の時代、お互いが仕事をしているので女性だけに家事の負担がかかり、揉めてしまうといった夫婦も多いでしょう。

例えば、料理は作って最後の後片付けをお願いするなど、お互いにストレスが溜まらない程度に協力をしてもらいましょう。

お互い仕事をしていて共働きであれば、夫の協力も必要不可欠になってきます。

3.結婚後の仕事のこと

家事の分担と同様に、結婚後も仕事を続けるのか…もしくは専業主婦になるのかもしっかり話し合いが必要です。

昔のように結婚したら女性には家に入ってほしいと思う男性も少数派になってきています。

また、経済的な事情で共働きを選ばざるを得ない場合や、女性でも結婚しても働き続けたいという人もいることでしょう。

結婚後に仕事を辞めて生活が成り立つのかどうか、ふたりで話し合った上で決めていくとよいでしょう。

4.両親の同居や老後のこと

結婚は家と家との結びつきでもあるため、両親との同居や老後のこともちろん考えなくてはなりません。

まず、両親の老後の面倒は誰がみるのかお互いの意見も話し合っておきましょう。特に長男である場合や老後の面倒をみたいと相手に意志がある場合、少なからず両親の近くに住む可能性は高いです。

また同居を考えていることもあるかもしれません。結婚してしばらくは夫婦で生活を送るものの、何かあった時のためにと何年かしたら二世帯で同居したいなどと考えている場合もあります。

どちらにしろ今後ふたりが住む場所に関係してくることなので、お互いの意見を確認しておきましょう。

5.将来の子どものこと

将来、子どもが欲しいのか、欲しいとしたらいつ、何人くらいの予定かなど、家族計画もしっかり話し合っておきたいものです。

特に女性の場合は希望する子どもの人数が明確になっていることも多いかもしれませんが、相手は何人欲しいのか希望を聞いておきましょう。

子育てにも、もちろん膨大なお金が必要になります。経済的な面でも具体的に考えられるとなお良でしょう。

6.マイホームのこと

結婚するということは、今後の人生を共にするということです。

将来的に一軒家が欲しいのかそれともマンションがいいのかも、好みや考え方が別れるポイントです。
またマイホームを建てるのであれば、いつのタイミングなのか先のことまで考えた上で判断するようにしましょう。

7.将来どんな夫婦になりたいか話し合う

将来どんな夫婦になりたいかについても、お互いの価値観や意見を知っておきたいですよね。

生まれた家も環境も違うふたりが家族になるわけですから、価値観の違いは必ず出てきます。

お互いの価値観を知っておくことも、結婚生活を円滑にすすめる上で大切なことです。

結婚が決まって式場探しをするなら「ブラフェス」がおすすめ♪

入籍を無事に済ませ、次は結婚式場探し!と思っている人に、彼とデート感覚で楽しめるブライダルフェスタを紹介します。

ブライダルフェスタとは、多くの結婚式場が集結する無料のブライダルフェア総合イベントになります。

1日で複数の式場プランナーと直接話すことができるため、時間がないカップルや式場がなかなか見つけられないという方にもおすすめです。

気になる式場があれば、その場で直接見学予約を申込むこともできるので、手配もスムーズに進みます。

また、それ以外にもドレスショーやDIY体験、引出物や指輪に関することまで様々な情報が得ることが可能です。

無理に1日で回ろうとするよりも、こういったイベントに参加するのも効率良く探す1つの手段でしょう。

ブラフェス!開催情報
東海エリア:名古屋国際会議場
2018年 9月15日(土) 16日(日)

関西エリア:マイドームおおさか
2018年 9月29日(土) 30日(日)

事前予約で電子マネーギフトなどがもらえたりおトクな特典も盛沢山です。

ぜひ彼とデート感覚で参加してみてくださいね。

まとめ

いかがでしたか。今回は婚姻前にするべきことやその流れ、準備しておくもの、そして結婚生活を仲良く過ごすポイントについてご紹介しました。

要点をまとめると・・・
・プロポーズから婚姻届提出までの流れを頭に入れて準備をする
・入籍に必要な書類は「婚姻届・戸籍謄(抄)本・身分証明書」
・入籍後、運転免許証は身分証明に使用出来るので1番に手続きを行なう

この記事を参考に、スムーズな結婚準備が出来ると良いでしょう。

結婚式場相談カウンター\満足度No.1/ハナユメで理想の結婚式場がみつかる♪

10月1日まで!

2年連続満足度No.1のHanayume(ハナユメ)の無料相談デスクでは、お二人の予算や結婚式のイメージからピッタリな結婚式場をご紹介!予算が決まっていなかったり、イメージが固まってなくてももちろん大丈夫。

さらに、ブライダルフェアへの参加をされた方を対象に最大4万円分の電子マネーギフトが条件クリアで全員必ずもらえる!
デスク


詳細はこちら!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*