結納金の目安はいくら?


結納の基本

結納のスタイル

結納は室町時代から始まったといわれる日本独特の儀式で、もっともポピュラーな婚約方法で、本来は男性側の感謝と誠意の気持ちを結び収め、両家で結婚の約束をするというもの。ただ最近は結納を交わすカップルは減少傾向にあります。
そのスタイルも、仲人が両家を往復して結納品を届ける「正式結納」、仲人も両家も一堂に会して結納を品を収め、その場で結納返しも行う「略式結納」があります。正式な結納は仲人の負担が多いため、最近ではほとんど見られなくなり、仲人を立てずに両家だけで行う「現代式結納」のケースが増えています。

結納を行う場所は?

結納を行う場所は?
以前は女性宅で行うのが一般的でしたが、最近では略式でホテルなどで用意されている結納パックなどを利用するカップルも増えています。ホテルや式場で行う場合は、会場を結納用に飾り付け、料理や飲み物を全て任せておけるので両家で準備する手間が省けます。
結納品、祝い膳、スナップ写真などすべてがセットになっていて、当日の進行もスタッフがお手伝いしてくれて、6〜8人で10万〜20万くらいのプランなどがあります。まずは、結納をするかしないか、仲人を立てるか立てないか、スタイルはどれにするかを両家でしっかり相談しましょう。

結納金について

金額の目安

結納金について

結納金とはかつて「花嫁支度にどうぞ」と着物などを贈っていたものが現金で贈るようになったもので、要するに花嫁支度金です。使い道はさまざまで結納返しや新婚生活の準備費用、新婚旅行や出産準備などに使われることが多いようです。
ただ、正式な使い道は明確ではなく、また結納は「家」と「家」を結ぶものとも言われています。使い道については両親とも話し合っておく方が良いでしょう。

エリアによる金額の違い

結納は地域ごとにしきたりが異なり、大きく「関東式」と「関西式」に分かれます。
最近では結納金は月収の3ヶ月分と言われることも多く、関東では100万円前後。結納返しは半額程度の現金を贈るのが一般的です。あらかじめ半額を差し引いた結納金を贈り、結納返しを省くケースもあります。
関西では結納金の相場は関東よりもやや高く、100万〜150万程度。結納返しは結納金の1割程度が相場のようです。

結納返し

結納返しの方法は、
1.男性からの結納金の半額を現金で返す
2.腕時計や品物を贈る
3.現金と品物の両方で半返しの金額に調整する という方法がとられています。
また結納金に合わせて、地域指定の熨斗や人形などを贈るのが結納品です。
結納品は関東では1〜5万円、関西では3〜20万円が多く、他には婚約記念品があり、男性から女性へは婚約指輪が多く結納品と合わせて、女性から男性へは実用的なもので腕時計などを結納返しと合わせて贈ります。それぞれ男性30〜40万、女性は10〜15万が一般的です。さらに両家共通で負担するものとしては会場費、仲人を立てた場合は車代や謝礼を用意しましょう。

最近の結納の傾向は

結納を行った人のほとんどの方が贈るのが結納金ですが、ただお互い納得の上であれば省略することも問題ありません。その場合は「両家の顔合わせ」を中心とした食事会にするケースもあります。 両家のしきたりや二人のイメージに合った結納を探しましょう。 婿養子の場合は、結納のやり取りがそっくり逆になり結納金を女性から男性に贈ります。 また二人の出身地が違う場合は結納金を贈る男性に合わせるのが多いようですが、格式にこだわる方に合わせる方が無難です。まずは両家納得して行うためには話し合って決めましょう。

掲載式場: ホテルフォレスタ 【愛知県 西三河(豊田・岡崎・安城・知立)(三河豊田駅) / ホテル】
神楽家 (かぐらや) 【愛知県 名古屋市内(久屋大通駅) / レストラン・料亭】
ザ・ソウドウ・ヒガシヤマキョウト 【京都府 京都市内(祇園四条駅) / 式場・ゲストハウス】

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*