結納

結納の意味って何?顔合わせとの違いやメリットデメリットまとめ

ご両親への挨拶と一緒に式場探しも進めよう!

結婚が決まり、結納を行うか、両家顔合わせの食事会を行うか迷っている人も多いでしょう。

しかし、結納という言葉はなんとなく聞いたことがあるけれど、実際どんな意味があって、どんな事をするのか分からないという人多いのではないでしょうか。

そこで今回は、結納の意味や歴史、平均費用や結納を行なうメリットやデメリットについて紹介します。

この記事を読めば、結納の意味がわかり、結納を実施するかしないかを判断できるでしょう。 

この記事の内容をざっくり言うと…
・結納とは、正式に婚約を調える伝統的な儀式のこと
・結納の1番のメリットは「両家の絆が深まる」ということ
・先輩カップルの結納の実施率は20.0%

結婚式のプロに無料で相談できる♪

ウエディングデスク

Hanayume(ハナユメ)の無料相談デスクでは、結婚式場の紹介や結婚式の準備をお手伝いしています!

・結婚式準備の進め方がわからない…
・費用を安く抑えるにはどうしたらいいの?
そんなお悩みを、カフェのようなおしゃれな空間で、結婚式のプロに相談してみませんか?

オンラインでの相談も可能!(当日予約もOK♪

完全無料で気軽に相談できるので、是非チェックしてみてください♪

詳細はこちらから>>>

結納とは「正式に婚約を調える伝統的な儀式」のこと

結納とは男性と女性の婚約を両家の間で確認し、成立させるための日本の伝統的な儀式です。プロポーズは言ってみれば口約束なので、それを正式に確かなものにするということです。

古くは男性側の家族から女性側の家族へ酒肴(お酒やさかなのこと)などの結納品を納め、女性側が料理でもてなすという形で行われてきました。

結納は、婚約の確認だけではなく、婚約によって今後新たに親族となる両家の家族が、その結びつきをつくり、親交を深めるためにも重要な儀式だといえます。

結納の起源と歴史について

この結納の儀式はいつ頃から始まったのでしょうか?

結納の起源は仁徳天皇の時代に皇太子が結婚する際に妃となる花嫁側に贈り物を送ったことだとされています。結納自体は約1400年前には行われていたということになります。

当初は男性側から女性側へ着物や帯、酒肴などの現物を結納品として納めることが一般的でしたが、時代が進むにつれ現物は形式的なものとなり、結納金という形で現金を納めるようになってきています。

結納には「正式結納」と「略式結納」の2種類ある

正式結納は、両家の間を取り持つ「仲人(なこうど)」が付きます。

その仲人が両家の間を行き来し、「結納品」や「受書(うけしょ)」のやりとりをします。「正式結納」は仲人が仲立ちをするので、両家同士は直接会うことがないのが大きな特徴です。

近年では、仲人への負担の大きさを考慮し、正式結納をする人は減ってきていますが、「正式」という名がつく通り、最も格式が高い結納の形といえます。

それに比べ略式結納は、料亭やレストランなどに両家が集まり、その場で結納品を納めるという形式で進められます。

正式結納同様、仲人を立てて行われる場合と仲人を立てずに両親もしくは本人同士で進行する場合があります。

結納としての儀式的で厳かな要素は残しつつも、仲人無しで進行したり、両家が顔を合わせて進められたりする点が正式結納とは大きく異なります。

結納と両家の顔合わせとの違いとは?

ここまで説明してきたように、結納は二人の間で交わした結婚の約束が公に認められる日本の伝統的な儀式です。

一方、結納の代わりに行われることが増えてきた「顔合わせ」は両家の親睦を深める目的で、食事を楽しみながら行われることが多く、結納に比べてカジュアルなものです。

結納には決まりや流れがあるのに対して、顔合わせの場合特に決まりなどないのが特徴です。

ここでは結納の概要と歴史、顔合わせとの違いについて説明してきました。

「意味はわかったけど、自分たちはどうしよう」と悩んでいるカップルも多いかと思うので、続いては先輩カップルの状況について確認してみましょう。

これから入籍する人必見!
ハナユメ会員限定【ハナユメオリジナル2020年婚姻届】無料ダウンロード実施中!

お二人の2020年がLoveに溢れた日々で結ばれますように…そんなハナユメの想いを込めたオリジナルの婚姻届です!

ここでしか手に入らないオリジナル婚姻届で、より素敵な入籍日になりますように♪

令和婚姻届

結納を行なった先輩カップルは全体の20.0%!

ハナユメのアンケートで、結婚式・入籍前に結納を実施したかについて聞いてみると、それぞれの以下のような割合が出ています。

結納をした 12.8%
略式結納をした 7.2%
顔合わせをした 72.8%
結納も顔合わせもしなかった 7.2%

上記の表を見てもらうとわかるように、結納を行っているカップルは「結納をした」+「略式結納をした」を合わせて20.0%という結果になっています。

略式結納について詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

一方の顔合わせを行っているカップルは「顔合わせのみ」72.8%であり、ほとんどのカップルは顔合わせを中心に行っていることがわかります。

結納は先ほども説明したように、儀式であり、「堅苦しいことはしたくない」「費用をかけたくない」などの理由から、結納を行う人が少なくなっていると考えられます。

結納を必ずしなければいけない決まりはない!

結納を行う人が少ないことからもわかるかもしれませんが、結納は必ずしも行わなければいけないというものではありません。

中には顔合わせで親交を深めることのみ、もしくは両方を行うカップルもいるなど厳密な決まりはありません。自分達にあった形式を選ぶと良いでしょう。

結納をする・しないは誰が決めるの?

結納はしなくても構いませんが、するのか、しないのかを決める際はまず2人で考えて、どうしたいのか決め、そのうえで両家の両親にも相談するようにしましょう。

地域によっては結納を行うことが当たり前となっている場合もあります。もし片方の両親が結納を行いたいということであれば、その意見を尊重するようにしましょう。

その後の結婚の準備がスムーズに進みますし、良好な関係づくりにも繋がっていくことが期待できます。

ここまでは結納の実施率について紹介してきました。続いて実際に結納を行う際にかかる費用についてみていきます。

\LINEで希望条件をタップするだけ!/

ぴったり式場診断をやってみる

結納にかかる費用は平均10.2万円!さらに結納金とは?

実際に結納を行うことを決めた場合に、気になることと言えば費用ではないでしょうか。

ここでは、結納の儀式(結納式)にかかる費用に加え、費用とば別に必要となる結納金について紹介します。

食事を含めた結納式にかかる費用は平均10.2万円

ハナユメの調査によると結納式にかかる費用は平均10.2万円という結果が出ています。

結納式を行う場合、まず実際に式が行われる場所を探す必要があります。式では食事も出されるため、会場費プラス食事代が基本的な結納式にかかる費用ということになります。

結納を行うだけでも実は意外とお金がかかるのです。

費用にプラスして必要になる結納金

場所代、食事代を合わせた結納式の費用とは別に結納金というものが必要になります。この、結納金とは一体どういうものなのでしょうか?結納金の平均費用についても紹介します。

結納金とは

結納金とは、男性側が女性側の家族に対して娘さんをお嫁にもらうことに対する感謝の気持ちを込めて送るもので、女性が嫁ぐための準備金という意味合いもあります。

御帯料(おんおびりょう)や小袖料(こそでりょう)と呼ばれることもあります。

もともとは酒や肴、反物などの現物を納めていたものが、時代に応じて金銭へと変化してきました。

結納金の平均金額は92.3万円

では、実際のところ結納金はいくらくらいかかるのでしょうか?

ハナユメの調査によると結納金の全国平均は92.3万円という結果が示されています。

最も多いのは100万円~150万円未満でついで50万円~100万円未満となっていて、中には200万円以上を結納金として納めるケースもあるようです。

ちなみに、100万円という金額は「一包み」「一本」と言われるなどキリが良いため、結納金を100万円とする人が多いそうです。

ここでは、結納と費用の関係について紹介してきました。儀式ということもあって決して費用は安くはありません。

次は実際に結納を行ったカップルの声を参考に、結納のメリットとデメリットについて紹介したいと思います。

\LINEで希望条件をタップするだけ!/

ぴったり式場診断をやってみる

結納のメリット・デメリット!先輩カップルの実際の声

ここでは結納を行うメリットとデメリットを紹介したいと思います。メリットデメリットにあわせて先輩カップルの声も紹介していくので、結納を行うべきかどうか悩んでいるカップルのみなさんは参考にしてみてください。

結納を行なうメリット

まず、メリットについて紹介します。合わせて先輩カップルの声もご紹介します。

1.結婚へのけじめをつけることができる

先ほども紹介しましたが、結納とはもともと、男女の婚約を正式に認めるための日本の伝統的な儀式です。

この点を踏まえると、現代においても結納を行うことで「結婚するんだ」というけじめをつけることができ、気を引き締めることができます。

また付き合いが長いカップルであっても改めて新鮮な気持ちになれるはずです。

2.日本の伝統的な儀式を体験することができる

結納は日本において何世紀にもわたって行われてきた儀式です。結納を行うことで日本の伝統を肌で感じることができるのもメリットの1つです。

「堅苦しい」と思う人もいるかもしれませんが、儀式をちゃんと経験することで2人だけでなく両家にとっても良い思い出となります。

3.お互いの家族の絆が深まる

結婚する2人は時間をかけてお互いの理解を深めていますが、両親たちはお互いにどういった人で、どんな仕事をしているのか、詳しいことまで把握できていないことが多いでしょう。

また結納金のやりとりもするのであれば金銭面でも両家での感覚を確認することができます。

結納を行うことで相手の両親がどういった人なのかより理解することができ、両家の絆を深めることが可能となります。

先輩カップルの声

ハナユメで取得した実際に結納を行ったというカップルの意見も確認してみましょう。

料亭の結納プランを利用しました。スタッフの方が事前に手順を説明してくれたので緊張しつつもなんとかなりました。 お金はかかりますがけじめとしてやってよかったし、振り袖を最後にきられてよかった。

やはり結納という儀式は、けじめとして行う事だと思う。親戚同士、身近に感じることもできるし、話の中で必ず小さい頃の生い立ちも聞けるしその人の知らないことも知ることのできる場だと思います

結納はカップルだけでなく、両家の両親にとっても一つのターニングポイントとなっていることがうかがえます。普段行わない伝統的な儀式だからこそ、このようにぐっと気が引き締まるのかもしれません。

結納を行なうデメリット

では、次にデメリットについて紹介します。

1.準備に時間がかかる

結納を行うにあたっては様々な準備が必要となります。まず実際に行なう場所を探さなければいけません。場所に決まりはありませんが、ホテルやレストラン、料亭などで行うのが一般的です。

場所を選ぶ際は両家の両親がどこから来てくれるのか考慮する必要もあります。距離が近ければ問題ありませんが、遠方であれば中間地点で場所を探さなければいけません。

また、ただ顔を合わせるのではなく儀式であるため、式の流れの確認や場合によっては挨拶なども用意する必要があります。

このように何かと準備に時間がかかってしまうのはデメリットだと言えます。

2.費用がかかる

次に、費用がかかってしまう点もデメリットとなります。先ほども説明していますが、結納式にかかる平均費用は18.3万円、これに加えて結納金も必要となるためその金額はかなりのものになります。

結納のあとに結婚式を控えていると、できるだけ費用を抑えたいと考えるカップルも少なくないはずです。費用の面ではデメリットに感じてしまう場合もあります。

結婚というと結婚式の準備が大変なイメージがあるかもしれませんが、実際には結納も結婚式ほどではないものの、準備や出費がかさむなどカップルにとっては大変な側面もあることがうかがえます。

結納を行おうと考えているカップルは、このようなデメリットの存在を把握しておくと後になって困ることはないでしょう。

\LINEで希望条件をタップするだけ!/

ぴったり式場診断をやってみる

まとめ

いかがでしたか。今回は結納の意味についてご紹介しました。

要点をまとめると・・・
・結納とは、正式に婚約を調える伝統的な儀式のこと
・結納の1番のメリットは「両家の絆が深まる」ということ
・先輩カップルの結納の実施率は20.0%

この記事を参考に、結納の意味を理解することができ、結納を行なうかどうか判断できると良いでしょう。

アプリならお役立ち記事がサクサク読める!

結婚式のプロに相談しよう!

Hanayume(ハナユメ)の無料相談デスクでは、お二人の理想の結婚式場の紹介や、面倒な見学予約など、結婚式の準備をお手伝い!
何から始めていいかわからない人も、プロが一からサポートします!

【無料相談デスクの3つポイント】
①お二人にぴったりの式場をご案内
②希望に合わせたお得なハナユメ割を紹介
③見積りや予算のご相談もOK

カフェのようなおしゃれな空間で、リラックスしながら相談できます♪

式場見学など条件クリアで全員に最大26,000円分の電子マネーギフトがもらえるキャンペーンを実施中!

26,000円

Manual結婚準備マニュアル