結婚祝いを貰ったら内祝いを贈るのがマナー!送る時期や品物の選び方

内祝い お返し

結婚報告をした相手から、お祝いとして現金や品物をもらい、そのお礼としてお返しすることを一般的に「内祝い」と呼びます。

そのお返しをいつ準備すればよいか、どんなものを選べばいいかわからず困っている人も多いでしょう。

今回は、内祝いとしておすすめの品物や渡す際のマナーなどについて詳しくご紹介します。

これを読めば、相手から常識のある人だと思われるような、恥ずかしくない内祝いの贈り方がわかるでしょう。

この記事の内容をざっくり言うと…
・結婚祝いを貰ったらできるだけ早く内祝いを贈るのがマナー
・内祝いの品で人気が高いのはカタログギフトやスイーツ
・内祝いを贈らなくてもいいケースも実はある

ブライダルフェア参加は事前予約が絶対おすすめ!

ブライダルフェアに参加するなら、満席で中に入れなかった、ということのないよう事前の予約がおすすめ。そしてせっかくなら、試食フェアに参加できたら、言うことナシでしょう!

いつどの式場でフェアを行っているか探すなら、ハナユメなどの式場検索サイトを使って比較しながら探すのがオススメです!

さらにハナユメでは12/3(月)までキャンペーンを実施中!ブライダルフェアに参加など条件クリアで、全員に最大4万円分の電子マネーギフトがもらえます。

ブライダルフェア予約はハナユメがお得♪

今すぐブライダルフェアを探す >>

目次

実は「内祝い=お返し」ではない!結婚祝いの内祝いの本来の意味とは

プレゼント 子供

結婚祝いをもらったお返しを、内祝いと呼ぶと思っている人も多いでしょう。今では多くの場合、内祝いはお返しという意味で使われていますが、実は「内祝い=お返し」ではありません。

本来の内祝いという言葉の意味や、お返しという言葉との違いについて、説明していきましょう。

実は内祝い=お返しではない!内祝いとお返しの本来の意味とは

内祝いは元々、お祝いをいただいたことに対しての「お返し」とは違うもので、「お祝いごとの記念として、幸せや喜びをわかち合うための贈り物」という意味がありました。

結婚の記念として、近所の方や親族、普段からお世話になっている方たちに喜びのおすそ分けとして、贈り物をすることが本来の内祝いなのです。

しかし何かお祝いをいただいた後に「もらいっぱなしでは良くない」という理由から、お返しの意味で「内祝い」を贈るようになってきました。

そもそも、結婚祝いはいつもらうことが多いものなのか

結婚祝いは、結婚式の有無にかかわらず、さまざまなタイミングにてもらうものです。

・婚約を知らせてすぐにお祝いをもらう場合
・結婚式でご祝儀としていただく場合
・結婚式に列席しない方から、結婚前や結婚後にもらう場合
・結婚式は挙げないが、結婚前や結婚後にもらう場合

これらのタイミングが多いでしょう。
しかしいただくお祝いのすべてに、内祝いを贈る必要があるのでしょうか。次の章でご紹介していきましょう。

こんな時には必要ない!内祝いを贈らなくてもいいケース3選

新郎新婦 チャペル

現在では、結婚祝いをいただいたからといって、「お返し」の意味での内祝いを贈らなくてもよい場合もあります。

具体例を3つご紹介していきましょう。

1.結婚式で引出物を渡した場合

内祝いを贈らなくてもいいケースの1つめとして挙げられるのが、結婚式で引出物を渡す場合です。

なぜなら、結婚式に招待している場合は、引出物を渡すことや料理を出すことのおもてなしが結婚祝いへのお返しとなるからです。

住んでいる地域や付き合いの程度によって、結婚式で親戚などからいただいたご祝儀が予想より多いことがあるかもしれません。

その場合は、内祝いを別途贈るか、新婚旅行のお土産を奮発するなど、後日フォローが必要です。両親や義理の両親に相談するなどして対応をすると良いでしょう。

2.いただいた品物が少額のものだった場合

次のケースとして紹介するのが、いただいた品物が少額のものだった場合です。

通常、内祝いはいただいた品物の金額の半額程度で用意をします。

少額のものだった場合、更にその半額ですと選ぶものが限られるでしょう。少額のものを贈ることで逆に失礼だと受け取られるケースもないとは言えませんし、逆に気を遣わせることにもなるでしょう。

内祝いとして盛大に「準備するのではなく、どこかに行った際のお土産のお菓子を贈ったり、ホームパーティやランチの席を設けるのもいいでしょう。

3.会社の制度としての贈り物を貰った場合

会社の福利厚生の一環として、結婚祝いをもらうケースも最近ではあるようです。

この場合あくまで会社の制度としてですから、お返しをする相手も特定できませんので、内祝いは不要といってよいでしょう。

内祝いを贈らなくてもいいケースがわかったところで、贈る際のマナーについても知っておきましょう。

遅くとも1ヶ月以内に!内祝いは結婚祝いを貰ったらできるだけ早く贈るのがマナー

ギフト 時計

結婚祝いをもらったら、できるだけ早く内祝いを贈るのがマナーとされています。

結婚祝いをいただいたら、できるだけ早いうちに内祝いを贈ってお礼の気持ちを伝えるようにしましょう。

お祝いをいただいてから1ヶ月以内に、遅くとも結婚式または入籍から1か月以内に、直接持参するもしくは宅配などで届くようにするのが一般的です。

何かと忙しい時期ではありますが、相手が結婚のお祝いを贈ったことを忘れた頃に届くようなことは避けましょう。相手に対して失礼にあたりますので、十分に注意するようにしましょう。

結婚準備などで忙しい時期と重なってしまう場合もありますが、あらかじめ余裕を持った上で行動するようにしましょう。

次の章では、内祝いの金額目安をについて紹介します。

内祝いは「半返し」が基本、金額によってはそれ以下の場合もある

カップル ソファ

内祝いは「半返し=半額」で送るのが基本とされています。

しかし、これはあくまでも基本のケースです。いただいたお祝いや品物の金額によっては半返しではなく、それ以下の方が良いとされる場合もあります。

基本はいただいた物の半額、3分の1でもマナー違反ではない

一般的に内祝いはいただいた物の金額の半額で送るケースが多いです。ただし半額でなく、3分の1であっても実はマナー違反ではありません。

つまり、1万円(現金)を結婚祝いとしていただいた場合は3,000円~5,000円範囲内で内祝いを選べば良いということです。

また、品物をお祝いでいただいた場合はネットなどでおおよその金額を調べて、半額~3分の1の金額の品物をお返しするようにしてください。

高額の場合、半返しだとかえって失礼に値する

いただいた結婚祝いが高額だった場合、半返しが失礼に値する場合もあるので注意しましょう。

内祝いの基本は半額~3分の1であることをお伝えしましたが、お祝いが5万円や10万円などとなってくるとお返しの金額も高額になってしまいます。

そこで覚えておきたいのが、目上の方へのお返しに高額なものを贈るのは失礼にあたるという点です。

これは、頑張ってお返しをすることで「あなたからのお祝いはいりません」という意味に取られてしまう場合があるからです。

いただいたお祝いにお返しをするときは「目上に少なく、目下に少なく」が基本とされています。

とは言っても、少ないお返しを申し訳なく感じる場合は、物ではなく手紙や写真などを添えたり、その他のタイミングの贈り物をしたりと別の形で感謝の気持ちを伝えるのもよいでしょう。

半額だと選べるものがない場合、ケースバイケース

半額の予算では内祝いとして選べるものがないという場合は、ケースバイケースで対応するのがベストです。

大人数のグループからお祝いをもらうケースや、品物の金額が少額な場合、一人あたりの金額を半額~3分の1で計算すると数百円程度になってしまい、その予算で選ぶのが難しいこともあるでしょう。

だからと言って、半額以上の内祝いを贈ってしまうと、逆に相手が負担に感じてしまう可能性があります。

何度もお伝えしていますが、少額だった場合は先ほどのようにお礼の気持ちを伝えると良いでしょう。

もし大人数で集まった場合は、会社や飲み会などグループの皆が集まることができる場合は、大入りのお菓子などを用意するのもおすすめです。

内祝いを贈る際のマナーを知ったところで、どのようなものが贈られているかも気になるところでしょう。次では、カタログギフトをはじめ、内祝いの人気ランキングを紹介していきます。

何を贈るか迷ったらカタログギフトがベスト!内祝い人気ランキング

カップル PC

内祝いに何を贈るのか迷う人も多いでしょう。
実際、先輩カップルのアンケート結果では「カタログギフト」を内祝いに選んだと言う意見が多かったようです。

null
出典:リンベル「ギフトコンシェルジュ」

人気第1位「カタログギフト」

カタログ

人気第一位は、カタログギフトです。

結婚式の引出物でも多く選ばれ、最近では内祝いの定番ともいえます。相手の好みによって贈り分けをする必要のない品です。

しかし、「カタログギフト」は贈る側と貰う側でそれぞれのメリットデメリットがあります。

1番人気の「カタログギフト」ですが、下記のメリットデメリットをしっかりと理解して贈ると良いでしょう。

贈る側

メリット
・持参する場合でも、軽くてかさばらない
・相手による贈り分けの必要がなく、選びやすい

デメリット
・少額の場合、選べるカタログギフトがない(大体二千円台から)

貰う側

メリット
・自分の好きなものが選べる
・賞味期限や保存方法などを気にしなくて良い

デメリット
・多くの品数を期日までにチェックしなくてはいけない
・申し込みが面倒

人気第2位「商品券・ギフトカード」

第2位にランクインしているのが商品券やギフトカードです。

内祝いでもらったものが、贈られた側の好みと合わなかったという経験がある人も多いでしょう。

商品券やギフトカードであれば、贈られた側も好みものや本当に欲しいと思うものを好きなタイミングで買うことができ、実用的です。

しかし、商品券やギフトカードを贈る際には気をつけなくてはならない点もあります。

結婚祝いで商品券をもらった場合は、内祝いに商品券を贈ることは避けるようにしましょう。これは、同じものでお返しをすることは、失礼にあたるからです。

また、商品券は贈られた側に金額がはっきりとわかります。内祝いの予算がもらったお祝いの半返し以下の場合は、商品券のお返しは避けたほうが良いかもしれません。

人気第3位「スイーツ」

スイーツギフト

人気第3位はスイーツです。食品は、形に残らないことから「消えもの」とも呼ばれ、保管場所に困らないため気軽に贈れる点がポイントです。

高級ギフトやかわいいキャラクターデザインのもの、見た目がおしゃれなものなど。スイーツの選択肢はたくさんあります。

賞味期限が極端に短いものは避けて、結婚内祝いらしい華やかなものを選ぶようにしましょう。

また、夏に人気のアイスクリームセットなど冷凍庫にある程度の容量が必要な場合などは、相手に事前に確認するのがベストでしょう。

その他「雑貨・小物・消耗品・日用品」

その他だと「雑貨・小物・消耗品・日用品」なども定番です。

タオルや毛布などの雑貨・小物類、洗濯洗剤に食器洗剤、ボディーソープやハンドクリームなどの消耗品・日用品は、いくつ持っていても困らないですし、もし本当に不要であればバザーに出したり保管も出来るでしょう。

それでは最後に、内祝いを贈るときのマナーを5つ紹介します。

これさえ押さえれば大丈夫!内祝いを贈るときのマナー5つ

ギフト ノート

内祝いを贈る際には意外と知られていないマナーがあります。せっかくお祝いへのお礼の気持ちを伝えるのに、相手に失礼な行為をしては、感謝の気持ちも伝わりません。

下記5つの点を特に気をつけるようにしましょう。

1.結婚祝いを貰ったら、すぐに電話でお礼を伝える

お祝いを郵送などで受け取った場合は、まずはすぐに電話でお礼を伝えます。

なぜなら、到着の連絡がないことで、贈った側は「無事に届いたのだろうか」と不安になってしまうからです。

電話が通じない場合や、なんらかの都合で内祝いを贈ることが出来ない場合などは、一旦ハガキや手紙でお礼の気持ちを伝えるのもよいでしょう。

2.直接手渡しが基本!難しい場合は必ず手紙も送る

内祝いは直接手渡しをするのがベストです。

もしも結婚式に招待していなかった場合などは、当日の写真を見せたりエピソードを話したりするとお礼の気持ちがより伝わるでしょう。

もし、遠方などで手渡しが難しいという場合は、必ず品物だけではなくお礼の手紙を別途送るようにしてください。
もともと内祝いは「お礼の挨拶」が主の意味で、品物は挨拶に添える気持ちの意味だからです。

※なお、ゆうパックを含む宅配便の中には「信書(手紙)」は同封することが出来ません。
但し、未封のものまたは送り状であれば添えることが出来るようです。詳しくは各社HPを確認してください。

正式なご挨拶状でもメッセージカードでも構いませんが、内祝いには必ず挨拶をつけるようにしましょう。

3.縁起の悪い言葉・数字・物などは避ける

お祝い事の際やそのお返しの際には、「縁起の悪い言葉・数字・物」などを避ける必要があります。

例えば、結婚祝いで夫婦仲が「割れる」や「切れる」などを連想させるものは避けるのですが、これは内祝いを選ぶ場合も同じです。

また「割り切れる」という意味から偶数を避ける傾向があるので、贈り物の数には注意する必要があります。

なお、2については「1ペア」の意味が、12個で1ダースとされるものは奇数と考えて良いという意見もあります。

その他に気にしておきたいのが、「忌み数字」です。国によって違いはありますが、日本では「4」は忌み数字だと言われています。

理由として4は死を連想させるからで、同じように苦を思わせる「9」も忌み数字とされています。

その一方で「8」は偶数になりますが、漢数字の「八」が「末広がり」とされることから、お祝いに使われる機会の多い数字です。

4.のしを付ける場合は「内のし(熨斗)」にする

のし 寿

のし紙をつける場合は「内のし」にするようにしましょう。包装する際に店員から「のしは外のしにしますか?内のしにしますか?」と聞かれたことがある人も多いのではないでしょうか。

のしとは、お祝いごとの贈り物に添えるもののことです。包装紙の内側にのしをつけることを「内のし」、外側につけることを「外のし」と呼び、内のしの方が控えめな印象があるようです。

内祝いはお返しの意味が強いとお伝えしていますが、もともとの意味から相手をお祝いするためのものではないため、内のしがよいと言われているのです。

また、宅配便で贈り物を送付する場合、配送中にのし紙が傷つかないようにするためという理由もあります。

5.品物の金額は半額~3分の1、品物は基本誰でも食べられる・使えるものを選ぶ

先ほどもお伝えしましたが、内祝いの品物は「いただいたお祝いの半額~3分の1の金額」で選ぶようにするのがベストだと言えるでしょう。

そして品物は、相手がもらって困らないものを選ぶと良いでしょう。誰でも食べられるものや、いくつあっても困らない日用品など相手の環境を考慮して選ぶのがおすすめです。

まとめ

いかがでしたか。今回は結婚祝いを貰った際に贈る「内祝い」についてご紹介しました。

要点をまとめると・・・
・結婚祝いを貰ったらできるだけ早く内祝いを贈るのがマナー
・内祝いの品で人気が高いのはカタログギフトやスイーツ
・内祝いを贈らなくてもいいケースも実はある

この記事を参考に、結婚祝いの内祝いの選び方や贈るタイミングが理解できると良いでしょう。

【デスク相談】ブライダルフェア参加・式場見学で最大4万円分の電子マネーギフトが全員もらえる!

11月5日まで!

Hanayume(ハナユメ)の無料相談デスクでは、お二人の予算や結婚式のイメージからピッタリな結婚式場をご紹介!予算が決まっていなかったり、イメージが固まってなくてももちろん大丈夫。

さらに、ブライダルフェアへの参加をされた方を対象に最大4万円分の電子マネーギフトが条件クリアで全員必ずもらえる!キャンペーンを実施中です!
デスク




詳細はこちら!

SNSでもご購読できます。