ロケーション撮影 砂浜

フォトウエディング完全ガイド!平均費用や当日のダンドリを徹底解説

結婚式について気軽に聞ける!式場迷子さんにオススメ!

近年、結婚式の予算の関係や、結婚式はしたくないけれど写真には残しておきたいなどの理由から「フォトウエディング」が注目されています。

また、結婚式や披露宴をする人も、違うロケーションや衣裳で撮影したいと結婚式にプラスしてフォトウエディングをするカップルもいるようです。

そこで、今回はフォトウエディングとは何か、どんなメリットがあるのか、平均費用から当日のダンドリまで紹介します。

この記事を読めば、フォトウエディングの魅力を知ることができるでしょう。

この記事の内容をざっくり言うと…
・フォトウエディングは全体の13.5%のカップルが実施している
・大きく分けて「スタジオ撮影」と「ロケーション撮影」がある
・平均費用はスタジオ撮影10~15万円、ロケーション撮影15~20万円

前撮り・フォトウエディングならハナユメフォトがおすすめ♪

前撮り 京都 紅葉

ハナユメフォトは関東・東海・京都・沖縄の4エリアで展開中!

充実のパッケージプランで、撮影に必要なものは全て揃っているので追加費用がかからないのも安心♪

全国11箇所にあるハナユメウエディングデスクでプロに無料相談できます!

もっと詳しく見る>>>

フォトウエディングって何?13.5%のカップルが実施している!

ロケーション撮影 パリ

フォトウェディングとは、披露宴や挙式を行わないカップルが、その代わりにドレスや和装などの衣裳を着て写真を撮影することであり、結婚式のスタイルの1つです。

「たくさんの人を呼ぶ披露宴を行うのはちょっと…」「妊娠しているから披露宴を行うのは大変」「再婚だから披露宴を行う予定はない」などさまざまな理由選ぶカップルも増えています。

では実際にどれぐらいのカップルがフォトウエディングを行っているのでしょうか。

ハナユメが行ったのアンケート結果によると、全体の10.6%の人がフォトウエディングを行ったという結果が出ています。

フォトウエディングを行なった人の割合

「結婚式を挙げた」「フォトウェディングを行った」人のみに絞り、結婚式を実施していない人を除くとフォトウェディング実施率は13.5%(27/200)となります。

結婚式派に比べるとまだまだ少数派ではありますが、約1割強の人がフォトウェディングを実施しているということがわかります。

この章では、フォトウェディングがどのようなものなのか、そして先輩カップルの実施率について紹介してきました。

続いては、フォトウェディングをしようかと考えているカップルに向けてもう少し詳しくフォトウェディングについて説明します。

フォトウエディングは「スタジオ撮影」と「ロケーション撮影」の2種類

ロケーション撮影 海辺

一言でフォトウェディングといってもその形はさまざまですが、種類としてわけると「スタジオ撮影」と「ロケーション撮影」の2種類があります。それぞれどのような特徴があるのかみていきましょう。

スタジオ撮影とは?メリット・デメリット

サロン スタジオ

スタジオ撮影とは、その名前の通り、フォトスタジオなど室内のスタジオで撮影することを指します。

家族写真や成人式の振袖姿などをスタジオで撮影したことのある人もいるかと思いますが、そういった撮影と近いイメージです。

ですが最近では家族写真のようなカチっとした撮影スタイルもあれば、自由にアレンジされたお洒落なスタジオまで様々です。

メリット

ここではスタジオ撮影のメリットを4点紹介します。

1.天候に左右されない
室内なので当然ですが、屋外での撮影のように雨天中止になることはありません。
天候の影響を全く受けないので、忙しくて時間がなかなか確保できないカップルでも安心して撮影することができます。

2.費用が安い
このあと詳しくご紹介しますが、スタジオ撮影だとロケーション撮影よりも費用を抑えることができます。
ロケーショ撮影の場合、雨天で延期になった場合の延期料金や撮影場所の使用料などが発生するケースがほとんどですが、スタジオ撮影の場合そのような費用がかからないのも理由のひとつです。

3.撮影時間が短い
スタジオにはあらかじめセットが用意されているほか、メイクやカメラスタッフが撮影に専念しやすい環境が整っています。
移動時間なども発生しないため撮影自体がスムーズに進み、撮影時間もそこまで長くなることはないでしょう。

さらにスタジオ内には撮影関係者しかいないことから、人目を気にすることなく落ち着いて撮影できます。

4.照明が整っている
当たり前ではありますが、スタジオには照明設備が用意されています。光を当てて撮影することができるため、写真のできも良く綺麗に写すことが可能でしょう。

デメリット

一方のデメリットは、以下の3点です。

1.バリエーションが少ない
結婚式場内のスタジオにしても、フォトスタジオにしても撮影セットのバリエーションは決して多くはありません。
そのため、オリジナリティのある写真を撮影するのはどうしても難しくなってしまいます。

良くも悪くもよく見かけるような写真となってしまうため、オリジナリティあふれる写真を撮りたいという人はロケーション撮影が向いているかもしれません。

2.自然体の写真が残しづらい
スタジオ撮影の場合は七五三や成人式のような、決まったポーズでの撮影も多くなるため自然体での写真が残しづらいというデメリットもあります。

ふいに撮った自然な表情などが欲しい場合、スタジオ撮影だとイメージと違ったなんて方もいるかもしれません。

3.データのみの購入ができないケースも
通いなれているからといって、馴染みのある昔ながらの写真館などで撮影を行った場合、写真・アルバムのみでしか残せずデータで貰うことができないことも。

写真をどのように残したいのかイメージできているのであれば、事前に確認をしておくといいでしょう。

ロケーション撮影とは?メリット・デメリット

ロケーション撮影 自然

ロケーション撮影とは文字通り屋外で撮影することを指します。

屋外での撮影となるため、桜や紅葉など季節感の感じられる時期や思い切って海などで撮影を行うのもおすすめです。

メリット

ロケーション撮影のメリットとしては、以下の3点が挙げられます。

1.撮影バリエーションが豊富
屋外ということもあって、撮影場所は公園や海、観光名所、さらには海外など自由に選ぶことができます。他のカップルとは違った写真を撮ることができるので、シチュエーションにこだわりたいという人にもおすすめです。

2.思い出の場所での撮影も可能
先ほどと少し被る部分もありますが、自由に場所が選べるということで、2人の思い出の場所での撮影も可能です。

初めて出会った場所、同級生であれば学校、プロポーズをした場所など、見ただけで当時の思い出がよみがえるような写真を撮ることができます。

3.自然光を浴びながらの撮影
屋外なので、当然ですが晴れていれば太陽の光を浴び、青空のもとで撮影することができます。スタジオ撮影にはない気持ち良さも感じられるはずです。

また桜や紅葉などのシーズンで季節感のある写真を残すこともできます。ですが、どちらもロケーション撮影においては最も人気のシーズンとなるため早めに予約をするといいでしょう。

デメリット

一方のデメリットには以下の3点が挙げられます。

1.天候に左右される
当然ですが、撮影日が必ず晴天とは限りませんし、撮影中に天候が変わる可能性もゼロではありません。

撮影日をあらかじめ決めていたとしても天候によっては変更を余儀なくされることや、曇りなど天候の悪い中撮影をする羽目になることも考えておく必要があります。

2.費用がかかる
自分の好きな場所を選べる一方で、撮影場所が遠くなるほど移動費のほか出張費や施設利用費などの費用がかかります。

遠くの撮影地にした場合、一緒に家族写真も撮影するとなるとさらに費用がかかるので注意が必要です。

3.人の目が気になる
場所によっては、一般の人がいる中での撮影もあります。婚礼衣装を身につけている2人が撮影している状況なので周囲の注目は嫌でも集まってしまう状況です。

また、人が多いと撮影時に人が写り込まないように注意する必要もあります。そういった中で撮影することになるとあらかじめ覚悟しておきましょう。

ここでは、フォトウェディングの撮影方法の種類として「スタジオ撮影」と「ロケーション撮影」のメリット・デメリットについて紹介してきました。続いてはフォトウェディングのプランやロケーションについて紹介します。

どんなプランがあって、どんなロケーションで撮影できるの?

カップル 相談

フォトウェディングを行おうと思った場合、各社からさまざまな撮影プランが展開されていて迷ってしまうこともあるでしょう。そこで、ここではフォトウェディングのプランやロケーションについて紹介したいと思います。

プランは様々!洋装も和装も希望の衣裳で撮影が可能

フォトウェディングのプランは先ほど紹介したように、スタジオ、ロケーションと撮影の種類が選べるほか、衣装に関しても洋装、和装と希望のものが選べます。

また、着数に関しても自分たちで選ぶことができるので、いろんな衣装を着て撮影したいという人の希望も満たすことができます。

さらにプランによって料金も変わってくるので、ふたりの予算に合わせる形でのプランの選択も可能です。

しかしプラン内容には注意!絶対に内容を確認しよう

プランといっても本当に多岐に渡るので、契約前にしっかりと内容を確認するようにしましょう。

例えば、プランに写真の撮影枚数が記載されているものもありますし、この枚数もスタジオによって異なります。

もし、撮影枚数以上の写真を撮りたいとなると追加料金が発生する可能性がありますし、撮影枚数に限らず貰える写真の枚数やデータなのか写真なのかなども異なります。

必ずプラン内容のチェックを行うようにしましょう。

人気のロケーションは海!人気ランキングベスト7!

ロケーション撮影では、さまざまな場所で撮影が可能とお伝えしましたが、どこが人気なのでしょうか。ハナユメが行ったアンケート結果を元にランキング形式で紹介します。

場所 割合
1位 72.9%
2位 お花畑 46.9%
3位 二人の思い出の場所 37.6%
4位 観光地(京都など情緒ある場所) 33.7%
5位 公園 14.4%
6位 街中 2.8%
7位 自宅 2.2%

上記の表でも分かるように、1位は、「海」という結果がでており圧倒的な人気です。
スタジオ撮影では味わえない、開放的なビーチと砂浜で撮影することに憧れるという人も多いのではないでしょうか。

2位の「お花畑」は、ロケーション撮影の最大の魅力と言ってもいい季節感のある写真を残すことができます。
その時々の季節の花や風景を残すことができますし、二人らしくナチュラルな写真を残しておきたい方におすすめです。

3位の「二人の思い出の場所」は、初デートの場所や二人だけの思い出の場所になるのできっと撮影も思いで深いものになり、二人らしい写真が撮れるでしょう。

4位の、「観光地」は、情緒ある場所が多いので和装でロケーション撮影したい方におすすめのスポットです。

ランキング形式で紹介しましたが、ロケーション撮影は自由に場所を選べるので二人が1番撮影したいと思った場所を選んでみるとよいでしょう。

それでは次に、実際に沖縄や京都でロケーション撮影ができるサイトを紹介します。

旅行気分で行ける「京都」や「沖縄」フォトウエディングも人気急上昇中!

ロケーション撮影 和装

さまざまな場所で撮影できるフォトウェディング。中でも沖縄と京都は、旅行気分で行けるとカップルに人気の場所です。

ここでは、ハナユメが展開している「ハナユメフォト」について紹介します。

ハナユメフォト 沖縄

ハナユメフォトの沖縄では、ビーチで白い砂浜と広い海、綺麗な青空のもとで2人だけの写真を残すことができます。

また、プランによっては海辺のサンセットの撮影、さらには琉球村というシーサーや赤瓦など沖縄ならではの文化が残る場所での撮影も可能です。

全国11店舗の相談デスクで事前に打ち合わせができるほか、選べるドレスが多くパッケージプランで追加料金は発生しないなど費用面でも安心できます。

撮影スポットは「安富祖ビーチ」「沖縄県民の森」「ビオスの丘」「琉球村」とそれぞれ異なる特徴を持つスポットを選べるので観光気分も味わいながら楽しく撮影できるはずです。

開放感溢れる沖縄のビーチで一生の思い出になる写真を撮りたいという方にオススメです。

ハナユメフォト 京都

続いて紹介するハナユメの京都フォトは、古くからの伝統的な風景が立ち並ぶ京都でフォトウェディングを撮影することができます。

受賞歴のあるカメラマンの撮影や、業界トップクラスの衣裳数でどのプランでも65点以上から選ぶことが可能です。

京都ならではの情緒あふれる雰囲気の中、色打掛、白無垢といった和装での撮影を行うのでウェディングドレスとは一味違った写真を撮ることができるでしょう。

和装で京都を楽しみながら写真も撮れるということできっと2人の思い出にもなるはずです。

ここでは、人気の撮影スポットである沖縄と京都でフォトウェディング撮影を行う「ハナユメフォト 沖縄」、「ハナユメフォト 京都」について紹介してきました。

どちらのサービスでもデータのみ購入のプランが設けられているので、ローケション撮影ではありますが、費用を抑えることも可能です。

ハナユメフォト 関東・東海

関東では、今人気の東京駅をはじめ、夜景をバックにした浜辺、伝統が息づく庭園、異国情緒が漂う横浜の公園など様々な場所で撮影が可能です。

東海では、庄内緑地やセントラルパークなど、アクセス抜群の緑豊かな公園で、飾らない自然体のおふたりを写し出します。

様々なエリアがあるので、二人の思い出の地はもちろん、旅行気分で撮影することもできるでしょう。

続いては、フォトウェディングにかかる費用の相場について紹介します。

フォトウエディングの平均費用は衣裳やロケーションで大きく変わる!

クレジットカード

フォトウェディングの費用は撮影代+衣装代という基本料金のほか、追加プランを選んだ場合の費用、さらにはロケーション撮影の場合は移動費・会場使用料などが関わってきます。

思い出に残るような写真を残したいと誰もが思うのと同時に、できるだけ費用を抑えたいと思う人は多いのではないかと思います。

そこで、ここではフォトウェディングにかかる費用の平均費用をスタジオ撮影とロケーション撮影の2種類で紹介します。

スタジオ撮影のフォトウエディングの平均費用

スタジオ撮影の際に支払った費用の平均は10~15万円です。

スタジオ撮影の場合は、おおよそ10万円前後は必要になる、と考えておくといいでしょう。

ロケーション撮影のフォトウエディングの平均費用

一方のロケーション撮影の平均費用ですが、平均は15~20万円です。

やはり、スタジオ撮影に比べて平均費用は若干高くなるといえるでしょう。

ここでは、スタジオ撮影とロケーション撮影を行う場合にかかる費用の平均について紹介してきました。

続いては、実際にフォトウェディングを撮影することになった場合を想定して、撮影の予約から当日の流れまでを紹介したいと思います。

予約から当日までの流れ徹底解説!

カメラマン撮影

フォトウェディングの撮影をすることにした場合、まず何をすればいいのでしょうか。また、当日はどのような流れで撮影を行うのでしょうか。

ここでは、撮影の予約から、撮影に必要な物、当日の流れなど、計5つのステップに分けて細かく説明していきます。

1.フォトスタジオを探して予約する

まずは、どこのスタジオで撮影するか決める必要があります。

フォトウェディングを提供しているスタジオはいくつもあるので、探す際には、値段やプラン、スタジオ撮影か、ロケーション撮影か、ロケーション撮影の場合は撮影場所はどこがいいか、そして自分たちの好みの写真を撮っているかどうかといった点について、ざっくりとイメージを持っておくと探しやすくなります。

いくつかのスタジオをピックアップしたら比較検討し、最終的な判断を下してください。

2.打合せ(プラン・衣裳選び・契約)

スタジオが決まったら今度は、詳細を詰めていく打ち合わせを行うことになります。

このタイミングで撮影プランを選択し、撮影日を決め、実際に着用する衣装合わせを行うことになります。スタジオによっては撮影当日や後日衣裳合わせを行うケースもあります。

撮影内容の詳細が決まったら正式に契約です。スタジオによっては契約のタイミングでお金の支払いが必要になるケースもあるので、事前に確認しておくようにしましょう。

3.当日必要な物の準備

契約を結んだらあとは撮影日を待つのみですが、当日必要な物の準備を早めに行っておきましょう。

当日は衣装や小物、ヘアメイクなどは行ってもらえるので心配ありませんが、衣装の下に着用する肌着は準備が必要になる可能性があります。

男性はシャツを着用するのであれば、下には透けて目立たないような肌着を持っていく必要がありますし、女性の場合でも、ストラップが取り外せるブライダル用の下着やストッキングが必要になる可能性もあります。

和装の場合も同様に、和装下着や足袋が必要となるケースがあります。

直前になって焦らないようにするためにも、余裕を持って準備するようにしましょう。事前に準備ができなかった場合は、スタジオによってはレンタルで貸し出し可能なところもあるので、確認をしておきましょう。

また、当日はベストなコンディションで撮影するためにも前日はしっかりと睡眠をとるようにするなど体調管理にも注意が必要です。

4.ついに当日!撮影

いよいよ、撮影当日です。当日は撮影に加えて、準備や写真選びもあるためおおよそ1日がかりでの撮影となります。

当日はまずヘアメイクのセットを行い、衣装へと着替えます。

その後撮影場所へと移動しますが、ロケーション撮影の場合は、メイクを行う場所と撮影場所が離れていることもあり、車やタクシーで移動するケースも珍しくありません。

普段は車酔いなんてしない人でも、ドレスの締め付けや緊張感から酔ってしまう場合もあるので注意してください。

その後撮影を行います。撮影は衣装の着数によって異なりますが、3~5時間かかることもあります。想像以上に体力を消耗するので、無理のない程度で撮影に臨みましょう。

5.撮影した写真のセレクト

撮影を終えたあとに行う最後のステップが写真選びです。その日撮影したたくさんの写真の中から2人のお気に入りを選んでいく作業です。

選んだ写真がずっと残っていく、と考えると少し緊張してしまうかもしれませんが、写真を選ぶ時間も素敵な思い出となるので、楽しみながら選びましょう。

選んだ写真はプランによって異なりますが、一般的には後日データで送られてきます。中にはその場で印刷してくれるスタジオもあります。

ここでは、フォトウェディングの予約から当日の流れまでを細かく紹介してきました。続いては、今はやりのフォトウェディングアイテムやショットについて紹介します。

トレンドのフォトウエディングアイテム&おすすめショット!

当日までの流れが分かったところで、次はおすすめショットについて紹介します。
先輩カップルの写真を参考に、自分たちはどんなポーズで撮影したいのかイメージを膨らませてみると良いでしょう。

おすすめのショット3選

1.背中ハートポーズ

彼と、背中の後ろでハートを作るショット。後ろ姿も残せるのでおすすめのポーズです。

カップル 写真 ハート

2.フォトインフォト

写真の中に写真がある少し変わった撮り方が、花嫁の間で人気になっています!

ウェディング フォト

3.和装におすすめ!正座のポーズ

定番になりつつある正座ポーズ。ペーパーアイテムや年賀状などの素材にぴったりです。

トレンドアイテム3選

1.ハートバルーン

アイデア次第で色々な写真が撮れるハートのバルーン。金額もお値打ちなのでおすすめのアイテムです。

風船 フォト

2.フォトリース

DIYをして用意する人が多いので少し手間はかかってしまいますが、写真映するのでこだわりたいカップルにおすすめ!

フォト リース

3.両親の昔の写真

両親が結婚した当時の写真を撮影アイテムにする人も最近増えています。きっと両親も喜んでくれるでしょう。

おすすめのショットを紹介しました。
次に、フォトウェディングを予約する際におすすめのサイトを紹介します。

まとめ

いかがでしたか?今回はフォトウエディングについて紹介しました。

要点をまとめると・・・
・フォトウエディングは全体の13.5%のカップルが実施している
・大きく分けて「スタジオ撮影」と「ロケーション撮影」がある
・平均費用はスタジオ撮影10~15万円、ロケーション撮影15~20万円

この記事を参考に、フォトウエディングがどんなものか理解することができ、フォトウエディングをするかしないか判断できるようになるでしょう。

前撮りはハナユメフォトがオススメ!


もしかして前撮りやフォトウエディングについて検討中ではありませんか?


ハナユメでは、沖縄でロケーション撮影が出来る「ハナユメフォト(沖縄)」をご提案します!

綺麗な海でのビーチ撮影など撮影地も2ヶ所選べて衣裳・データすべてコミコミで約15万円(税抜)から叶えられます。


悪天候による撮影日変更は無料なので、ぜひ一度ご相談ください!(相談無料)
さらに、電子マネーギフト最大10,000円分が貰えるお年玉キャンペーン実施中!
フォト総合

Manual結婚準備マニュアル