- + 【並び替え】 【マイページ】 open-book 【クリップ】 calendar camera × × edit grid ? home info language search mail menu message popup tag 【カート】 document typing user office image images 【電話】 【場所】 clock makeUp memo member lock unlock userVoice gift giftCard glitter cuisine bookmark star-empty star-half star-full marriagering staff engage smartPhone money flag chapel humans train yen 【エステ】 【ブライダルフェスタ】 【ウエディングデスク】 【ブライダルフェア】 【新郎】 【新生活】 hairSet laptop guest 【段取り】 paperitem party 【トピックス】 【ハナユメ割_S】 【ハナユメ割_normal】 【クーポン】 wallet 【卒花嫁】 【王冠】 【記事】 【初心者】 calculator car chat checkOff costume deals estimate woman1 woman2 woman3 woman4 woman5

マタニティウエディング特集<

マタニティウエディングなら、ハナユメにおまかせ!
賢くお得に、身体に負担をかけずに結婚式を挙げられる、理想の式場を見つけましょう。

全国のマタニティさんにおすすめの結婚式場を見る

妊娠中に結婚式を挙げても大丈夫?

結婚式はしたいけれど、準備で体に負担をかけたくない」「妊娠中に結婚式をして赤ちゃんに影響はない?」
「産後、落ち着いてから結婚式をした方が良いのでは?」など、
たくさんの不安を抱えて結婚式をするか迷っている妊婦さんは少なくないでしょう。

しかし、妊娠中にマタニティウエディングを選択した先輩カップルはたくさんいます。
結婚式場のサポートもあるので、妊娠中の結婚式でも心配はいりません。


マタニティウエディングなら、新しい命を迎える喜びを大切なゲストと分かち合う素敵な時間が過ごせますよ。

妊娠5ヶ月後半~7ヶ月前半が◎

妊娠中に結婚式をするなら、安定期といわれる妊娠5ヶ月後半~7ヶ月前半の時期がおすすめ。
人にもよりますが、つわりもおさまってくる頃。おなかもそれほど目立たず、ドレスをキレイに着こなすことも可能です。
MEMO

出産後は、3時間おきの授乳や慣れない赤ちゃんのお世話で何かと大変です。「子どもが○歳になってから……」など、タイミングを見計らっているうちに、いつの間にかうやむやになってしまう可能性も。
母体のことを第一に考えて用意されているマタニティウエディングプランなどを利用すれば、安心して結婚式を挙げることができます。

マタニティウエディングをするメリット

マタニティウエディングには、妊娠中だからこそのメリットがたくさんあります。

  • おなかにいる赤ちゃんと一緒に結婚式ができる
  • マタニティフォトにもなる
  • 育児がスタートする前に結婚式ができる
  • けじめがつけられ、夫婦になった実感がわく
  • 結婚→出産の順序が保てる
  • 両親への感謝を伝える場面をつくれる

ふたりが気にしなくても、結婚と出産の順序を気にする両親や年配ゲストもいます。
妊娠期間の良い思い出になるよう、マタニティウエディングを検討してみてくださいね。

マタニティウエディング成功のポイント

素敵なマタニティウエディングのためには、次のポイントを押さえておくと良いでしょう。

  • ポイントを絞ってスムーズに結婚式場探しをする
  • 結婚式の準備は医師や式場スタッフに相談しながら行う
  • マタニティプランを利用すれば準備も費用も◎

マタニティウエディングの準備はスピード感が大切です。結婚式場探しはポイントを絞ってスムーズに行い、準備に時間をまわせるようにしましょう。

妊娠中はおなかの赤ちゃんと新婦の体調が最優先。医師に相談しながら準備を進めてください。また、すべて自分でやろうとするのではなく、結婚式場のスタッフや新郎など、周囲の人に甘えて、自分と赤ちゃんへの負担をできる限り減らすようにしましょう。

妊娠中の結婚式をサポートしてくれるマタニティプランなどを用意している結婚式場を利用すれば、安心してお得に結婚式が挙げられますよ。

マタニティウエディングの準備スケジュール


妊娠中の体調を気遣いながら短い期間で結婚式の準備をするためには、何よりダンドリが大切です。
準備をどのように進めていくべきか、上のスケジュール例を参考にしてください。

「数ヶ月で結婚式を挙げるなんて!」と思う人もいるかもしれませんが大丈夫。3ヶ月あればしっかり準備ができますよ。
MEMO

家族のみの結婚式なら、1ヶ月で準備することも可能です。友人や上司・同僚などを招待した盛大な結婚式にするのか、家族・親族のみの少人数結婚式にするのかは、妊娠数週や体調を見ながら決めましょう。

結婚式と出産にかかる費用はいくら?

結婚式の費用は「ゲストの人数×約5~6万円」がかかるといわれています。つまり、60人規模の結婚式なら約300~360万円が目安。そして出産には、約40~50万円の費用がかかってきます。

ということは、結婚式と出産で約340~410万円がかかるということになります。

かなりの金額に驚いてしまうかもしれませんが、安心してください。
結婚式ではゲストからご祝儀がいただけます。1人当たりのご祝儀が3万円と考えると、ゲスト数60人なら180万円が入ってくることになります。
また、健康保険に加入している人なら、出産育児一時金として42万円が受け取れます。

つまり、結婚式と出産で実際に負担する金額は約118~188万円です。
MEMO

ハナユメを利用して結婚式場を決めればハナユメ割★が適用され、結婚式の費用が100万円以上お得になる可能性も!結婚式費用の後払い(ご祝儀払い)に対応している結婚式場も紹介してくれるので、費用が不安な人はぜひ利用してみてくださいね。

妊娠中でもドレスは着られる?

妊娠中でも、ドレスはもちろん和装だって着られます。

せっかくの結婚式ですから、「ドレスをキレイに着こなしたい!」と考えるのはあたりまえ。
エンパイアラインのようにおなかを締め付けないデザインのドレスや、ふんわりとおなか周りが目立ちにくいようデザインされたドレスもあるので安心してください。
5ヶ月後半あたりなら、おなかもあまり目立たないためAラインやプリンセスラインのドレスもキレイに着こなせますよ。
MEMO

妊娠数週によって大きく体型が変わることも多いため、式直前の最終試着や当日のサイズ直しなどに細かく対応してくれるドレスショップだとより安心。和装の場合は着付けを担当してくれるスタッフの技量によるところもあるため、妊娠中であることや式当日の妊娠数週などは細かく伝えるようにしましょう。

全国のマタニティさんにおすすめの結婚式場を見る

関東エリア

東海エリア

関西エリア

中国エリア

九州エリア

全国のマタニティさんにおすすめの結婚式場を見る

※料金はすべて税抜き表示となっております。

マタニティウエディングについての関連記事

※料金はすべて税抜き表示となっております。