ガーデンウエディングを行いたい花嫁必見!魅力&リスクまとめ

ガーデンウエディングを行いたい花嫁必見!魅力&リスクまとめ

結婚式の不安や悩みを気軽に聞ける!結婚式のプロに無料相談しよう

ガーデンウエディングに憧れがあるけど、天気や時期が心配で本当に叶えることができるのか不安に思っている人も多いことでしょう。

そこで今回は、ガーデンウエディングの魅力とリスクについて紹介します。

この記事を読めば不安解消と、ガーデンウエディングの魅力を知ることができるでしょう。

この記事をざっくり言うと・・・
・ガーデンウエディングはさまざま!挙式だけ庭というケースも
・ガーデンウエディングでは雨などのリスクが!式場決定時に確認必須
・ガーデンウエディングはゲストへの心配りが大切

結婚式のプロに無料相談!
選べる4つの相談サポート♪

50,000

Hanayume(ハナユメ)の無料相談サポートでは、店舗・オンライン・LINE・電話の4つのサポート方法で相談を受付中!
・コロナ禍で結婚式準備をどう進めたらいいかわからない…
・費用を抑えるにはどうしたらいいの?
そんなお悩みを、結婚式のプロに相談してみませんか?
オンラインでの相談は、当日予約もOKLINE電話なら予約の必要もないので、思い立ったらすぐに相談できます!

完全無料!相談はこちら

ガーデンウエディングができる場所は式場により異なる

ガーデンウェディングとは、専用式場やレストラン、貸切邸宅などの庭や屋上などで行う結婚式のスタイルです。

太陽の光のもとで緑に囲まれた屋外で行う、開放感が特徴的なウエディングスタイルです。

カジュアルな雰囲気で、行われるゲストとの距離も近く、アットホームな雰囲気で行うことができます。

ガーデンウエディングを叶える方法はいくつかあり、式場によって異なります。

すべてガーデンで行う結婚式

挙式から披露宴まで全てガーデンで行うスタイルです。

挙式スペースやパーティ会場を二人の好みの雰囲気に作る事ができるので、オリジナルの結婚式を行う事ができます。

ただ、天候に左右される点がデメリットとなります。

挙式のみガーデンで行う結婚式

次に挙式のみをガーデンで行うもの。挙式スペースが屋外にあり、挙式後に披露宴会場へと移動します。

挙式のスタイルは人前式かキリスト教式がほとんどです。

ガーデンを披露宴中に演出でつかう結婚式

式場に庭がある場合は、披露宴中に演出で使うことができます。

屋外でのウェルカムパーティーやデザートビュッフェ、フラワーシャワーやブーケトスなどは、ゲストとして経験したことのある方も多いのではないでしょうか。

この他にも、写真撮影スポット、お色直しの際の入場口として庭を使うという演出もあります。

屋内でガーデンが見える結婚式

式場・パーティー会場がガラスなどの開放的なつくりになっている場合は、屋内にいながらガーデンウエディングさながらの挙式を行うことができます。

天候に左右されることなくガーデンウエディングの雰囲気を感じることができ、通常の披露宴の演出なども行えるスタイルです。

海外で叶えるガーデンウエディング

海外ドラマや映画などの結婚式のシーンでよく目にすることも多いガーデンウエディング。

海外ならではの絶好のロケーションで行うことができます。

海のそばにあるチャペルでの結婚式など、素晴らしい雰囲気の中での結婚式は生涯思い出に残るでしょう。 

式場によってガーデンウエディングの方法が異なることが分かりました。

次章ではガーデンウエディングにぴったりな演出はどんなものがあるかを見ていきましょう。

ガーデンウエディングだからこそ!タイミング別演出例

ガーデンウエディングの魅力といえば、やはり屋外の空間ならではの自由なコーディネートや、ジェニックな演出など。

ここではガーデンウエディングならではの演出を、それぞれのタイミング別に見ていきましょう。

挙式セレモニー中の演出

まずは、挙式中の演出です。屋外挙式で昔から行われてきた伝統的なものや、屋外だからこそできる演出が人気です。

祭壇をガーデンアーチで作成

ガーデンアーチとは、二人が誓いを立てる祭壇を飾るアーチのこと。

お花をたくさん使ったものからウッドテイストのもの、レースを取り入れたものなどデザインも様々で、式のテーマに沿ってデコレーションしてみると良いでしょう。

ダーズンローズ

ダーズンローズとはその名の通り12本(1ダース)のバラのこと。

12本のバラを新郎から新婦に贈りプロポーズをし、その中から新婦が1本のバラを選んで新郎の胸にさす、というヨーロッパで古くから行われている誓いのセレモニーです。

最近では日本でも公開プロポーズを取り入れた演出のひとつとして人気になってきています。

水合わせの儀~果樹酒作り~

古来から伝わる儀式で、元々は新郎新婦それぞれの実家で組んできた水をひとつの盃に混ぜて飲む儀式のこと。

お互い育ってきた環境を水にみたて、それを混ぜ合わせることで、お互いが馴染んでいくように、という意味を持ちます。

混ぜ合わせた水を飲むのではなくふたりで植物にかけるなど、さらに繁栄を連想させるようなスタイルが人気です。

バブルシャワー

退場する新郎新婦に向けて祝福の意味を込めて新郎新婦にシャボン玉を飛ばす儀式です。

ゲストが吹きかける場合と機械を使う場合があります。見た目の美しさと掃除の手間のなさが人気の秘訣のようです。

フラワーシャワー

同じく退場時の演出として有名なのがフラワーシャワー。列席者が花びらをふたりに振りかける様子は祝福の代名詞ですね。

生花、造花と選べますが、どちらも片付けが大変なため清掃料金がかかる場合もあるようです。

バルーンリリース

こちらもゲストからの祝福の演出スタイル。

挙式の最後にゲストに風船を持ってもらい、いっせいに空に向かって放ってもらいます。青空にたくさんの風船が飛んでいく様子はとても印象的!

パーティー中の演出例

次に、披露宴での演出例を見ていきます。

基本的には、通常の披露宴での演出を屋外のロケーションを生かしたものにアレンジすることで、ガーデンウエディングらしさを演出することができると言えます。

ガーデンでウェルカムパーティー

挙式から披露宴までの間にゲストを開放感たっぷりのガーデンでおもてなしすることで、雰囲気も一気に朗らかになりますね。

通常挙式の場合でも、披露宴会場にガーデンが備わっている場合は演出のひとつとして選べる場合も。

ガーデンでデザートビュッフェ

通常挙式でも定番になりつつあるデザートビュッフェですが、屋外で行えばよりジェニックに。

青空の下で色とりどりのデザートを楽しめます。

ガーデンでケーキ入刀

おなじみのケーキ入刀もガーデンですることでより印象的になりますが、最近人気のケーキを使った演出と言えば、カラードリップ。

ケーキにナイフを入れる代わりに、ふたりでシロップやソースをケーキの上から垂らします。

ガーデンを背景に真っ白いケーキがカラフルなソースで色づいていく様子はとても映えます。

テーブルウェアをテーマで統一する

せっかくガーデンで行うのであれば、それを活かした装飾をしたいものです。

おすすめなのはナチュラルテイストなテーブルウェアや小物。グリーンが映える白やウッドなどを基調に飾り付けていくのも良いでしょう。

ここまでは演出に関して紹介してきました。
次の章ではガーデンウエディングを行なう上で特に気になる雨の場合の対策について見ていきます。

ガーデンウエディングのリスクは雨!対策方法まとめ

ガーデンウエディング最大の心配事といえば雨。雨天の場合の進行については会場へ事前に確認しておくことが大切になります。

式場決定の際に雨の時にどのような対応になるかチェック

対策としてまず肝心なことは、式場選びの時に雨天時の対応を必ず確認しておくことです。

屋内に移動できるか、屋外を想定して決めた全体の進行やコーディネートなどはどう対応してもらえるか、ゲストの移動などは問題ないかなどをきちんと確認し、雨天時でもゲストが安心できる会場を選びましょう。

全天候型のガーデンウエディング可能式場を選ぶ

最近では、屋根付きの全天候型ガーデンを併設している式場もあり、天候を気にせずにアウトドアの空間を楽しみながらガーデンウエディングを行うことができます。

雨の少ない季節を選ぶ

6月などの梅雨時期はもちろん、夏や秋はゲリラ豪雨や台風などにも注意が必要です。

それ以外で、ゲストに負担にならない時期を選びましょう。春はガーデンウエディングの醍醐味である花や緑の豊かな時期なのでおすすめです。

雨の場合の対策に関しては、事前に会場側と話しをしておくことが大切ということですね。

次の章ではガーデンウエディングにおすすめ衣装をご紹介していきます。

ガーデンウエディングでおすすめ衣装まとめ

ガーデンウエディングの場合、天候や気温、足元に配慮するのはもちろん、パーティーのスタイルに合わせた衣装選びをする必要があります。

ここでは、新婦・新郎・両親それぞれについておすすめの衣装を見ていきましょう。

新婦

ボリュームを抑えたAラインや、胸元からスッと落ちるエンパイアラインなど、足運びが楽なものがおすすめです。

また、チュールやオーガンジーなどのふわっとした素材は歩きやすさだけでなく、ナチュラルなイメージにも合うので人気です。

新郎

新婦の衣装に格を揃えるのが基本。カジュアルなガーデンパーティなら、タキシードやディレクターズスーツがおすすめ。

タイなど襟元で自分らしくオシャレを演出するのも良いでしょう。

両親

新郎新婦に格を合わせます。通常の挙式よりもカジュアルなガーデンウエディングでは正装よりも準礼装がおすすめですが、両家で相談して合わせるようにしましょう。

準礼装であれば父親はダークスーツに白やシルバーのネクタイ、女性ならドレス、カクテルドレス、フォーマルワンピースなどです。

ガーデンウエディングを挙げた先輩カップルの気を付けたポイント

それでは、先輩カップルたちがガーデンウエディングを行うにあたって、実際に気をつけた点を見ていきます。

本人たちが気を付けるポイント

ガーデンウエディングを成功させる為に二人が気を付けるべきポイントがあります。

細かい事ですが、屋外ではなにがおこるかわからないので、細心の注意をしましょう。

新婦の靴はヒールを避けて

ガーデンウエディングは基本芝生が多いです。そのためピンヒールを選んでしまうと、歩く時に大変ですので、注意が必要です。

新郎・新婦の髪型

外で過ごす時間が長くなりますので、風で髪型が乱れてしまっては、せっかくの楽しい結婚式台無しです。

写真に残るタイミングでもありますので、ヘアメイクさんにガーデンウエディングの事を伝え対策すると良いでしょう。

ゲストへの気配りをしたポイント

全て室内で完結する挙式でもゲストへの気配りは重要ですが、ガーデンウエディングならではの、ゲストに配慮するポイントというものがあるようです。

季節や天候のケア

季節や天候に大きく左右されるガーデンウエディングでは、暑さ・寒さ対策をはじめとして、屋外における対策が重要。

うちわやテント、ブランケット、ストーブ、傘、虫除けなど、シュチュエーションにあったグッズを用意するなどの配慮を。

中には、暑い時期の配慮としてお手洗いに汗拭きシートや制汗剤などを用意したという先輩カップルも。

必要なゲストには、ガーデンへの移動のケア

妊婦や高齢者などに対しては、ビュッフェスタイルでも椅子やテーブルを用意したり、ガーデンへの移動に配慮するなどゲスト全員が安全に過ごせる配慮が大切。

「高齢の方にはデザートビュッフェを席まで運んでもらった」、「移動に介助が必要なゲストには移動時スタッフについてもらった」など、会場スタッフに予め相談しておく先輩カップルが多数。

事前のお知らせ

ガーデンウエディングであることを事前に告知しておくことで、ゲスト本人もそのための用意ができます。

「招待状に一筆添えてあった」、「寒い時期だったので、屋外の演出があることと羽織やアウターは預けずに手持ちしておいてもらうように受付で伝えた」など、予め知らせることでもゲストをフォローできるようです。

ガーデンウエディングの雰囲気を装飾で演出したい!コーディネート例

ガーデンがない式場を選んだけれど、ガーデンウエディングの雰囲気を取り入れた装飾がしたい!そんな人のために、ガーデンウエディング風の装飾を紹介します。

ウェルカムスペース

ナチュラルテイストのウェルカムボードや小物でウェルカムスペースを飾り付け!キャンドルやお花、グリーンを取り入れて、ガーデンウエディング風に。

挙式会場

バージンロードを小ぶりのフラワー、グリーンやキャンドルで装飾するだけでも雰囲気がガーデンウエディング風になります!

披露宴会場

高砂周りにアットホームなイメージでグリーンを取り入れるのも効果的!

まとめ

いかがでしたか。今回はガーデンウエディングについてご紹介しました。

要点をまとめると・・・
・ガーデンウエディングはさまざま!挙式だけ庭というケースも
・ガーデンウエディングでは雨などのリスクが!式場決定時に確認必須
・ガーデンウエディングはゲストへの心配りが大切

この記事を参考にガーデンウエディングについて知ることができ、不安なく式場決定をすることができると良いでしょう。

結婚式の最新トレンド情報はこちら

【12/20まで】最大41,000円分の電子マネーギフトを全員にプレゼント!

ハナユメキャンペーン

2021年12月20日まで!
ブライダルフェア参加・相談デスクへのご来店など条件クリアで全員に最大41,000円分の電子マネーギフトがもらえるキャンペーンを実施中!
お見逃しなく!!

【キャンペーンはかんたん3ステップ!】
①キャンペーンにエントリー&相談・見学予約
②式場見学に参加
③アンケートに回答

式場探しはこちらから検索!

ハナユメフェスタ名古屋

Ranking結婚式のテーマの人気ランキング

Manual結婚準備マニュアル