必見・結婚式の演出の全て!2018年版最新人気演出42選


結婚式の演出についてネットで調べたり雑誌を見ても、様々なものがあるけど実際はどのようなものがあるかわからないと思っていませんか。

この記事では、そんな方に結婚式の演出について定番の演出と最新の人気演出に分けてご紹介します。

これを読めば結婚式の演出についてイメージをすることが出来、どれを選ぶか決めることができるでしょう。

演出の種類や定番演出について詳しく知りたい方は定番の結婚式の演出をまず知ろう!から、

最新演出を早速見たい方はジャンル別!2018年版最新の人気演出42選から、

珍しい演出の式場を知りたい方はHanayumeスタッフに聞いたお勧めの演出ができる結婚式場14選から読むことをオススメします。

結婚式のトレンドを知るには、ブライダルフェア参加が一番!

トレンドの演出やアイテムについて知りたいなら、ブライダルフェアで実際に見るのが一番!

さらにハナユメでは12/3(月)までキャンペーンを実施中!ブライダルフェアに参加など条件クリアで、全員に最大4万円分の電子マネーギフトがもらえます。

キャンペーンにエントリーして、お得にブライダルフェアに参加してみよう♪

今すぐブライダルフェアを探す >>

目次

定番の結婚式の演出をまず知ろう!

結婚式 コンフェティ 新郎新婦 セレモニー 演出

結婚式の演出には本当に様々なものがあります。ここでは整理するためにもまず、定番の演出にはどのようなジャンルがあるかご紹介していきます。

映像や余興だけじゃない!結婚式の演出のジャンルは全部で7つ

結婚式の演出は何も映像や余興のことだけではありません。結婚式の演出は日取りが決まって招待状を出すところから始まっていると言えます。

それでは、結婚式の演出にはどのようなものがあるのでしょうか。ここでは大まかなジャンルと代表的な演出をご紹介していきます。

1. ゲスト参加型演出

会場全体が盛り上がることで祝福ムードが一気に増すので、最近では1つ以上入れるカップルが多いようです。

例①ゲストに結婚の証人になってもらう「ウエディングツリー」

例②披露宴で各テーブルを新郎新婦が挨拶してまわる「テーブルラウンド」

2.映像系演出

最近ではプロフィールムービーは今や定番中の定番の演出となっており、ゼクシィ結婚トレンド調査2016によると、実に93.2%もの人が行ったと答えています。

ちなみに、最近では会場内に2つ以上モニターやスクリーンを設置してゲストが見やすい手配をしたり、プロジェクションマッピングの演出ができる式場も増えてきています。

例①新郎新婦の生い立ちを紹介する映像「プロフィールムービー」

例②披露宴の始まりをわくわくする雰囲気にする「オープニングムービー」

3.装飾系演出

最近SNS、特にinstagramへの投稿が流行っておりinstagram用のフレームやフォトボードを用意するカップルが増えています。

その他披露宴会場だけではなく、待合スペースや化粧室や控え室などにまで細かい装飾をするのが一般的となってきています。

例①写真撮影を楽しむためのアイテム「SNSパネル」

例②披露宴の始まる前のゲストの控え室「ウェルカムスペース」

Def Dm Doraさん(@def_dm)がシェアした投稿

4. 余興系演出

こちらはゲストが二人のために行うことが多い演出となります。

一昔前はカラオケやスピーチが主でしたが、最近ではサプライズで映像を流したり、フラッシュモブをやったりすることが増えてきているようです。
その他出身校の校歌を歌ったり、新郎新婦に向けてのあいうえお作文や取扱説明書披露などもあります。

例①同僚や友人などが新郎新婦を紹介する「新郎新婦取扱説明書」

null
スリードアより引用

例②同僚や友人などが行う「サプライズムービー」

mikuさん(@kuu_taro)がシェアした投稿

5.料理系演出

式場選びのポイントに料理を挙げる新郎新婦が確実に増えてきていることもあり、料理にこだわるのは当たり前と言ってもいいかもしれません。

その中でも、決まっているコース料理から料理を選ぶのではなくこのような演出でゲストの料理への期待をより一層高める演出もできる式場もあるようです。

例①新郎新婦の出身地やエピソードを盛り込んだ「オリジナル料理」

結婚式 オリジナルメニュー 青山フェアリーハウス

例②オープンキッチンや中継で行う「シェフのライブパフォーマンス」

結婚式 料理 シェフ ライブパフォーマンス アヴェニールクラストウキョウ
出典:Avenircras TOKYO(アヴェニールクラスTOKYO)

6.ギフト系演出

引出物にこだわったり、持ち帰らなくていいような「宅配引出物」を利用する人もかなり増えてきました。
また、誕生日や出産が近いゲストに向けてのサプライズプレゼントやアニバーサリープレートを用意したり、新郎新婦が相手のためにサプライズプレゼントを用意するケースもあります。

例①ゲストへ「誕生日のアニバーサリープレート」

例②後日ゲストの自宅へ引出物をお届けするタイプの宅配引出物

宅配ギフト ハナユメ ギフトソムリエ

7.ペーパーアイテム・ウェルカムグッズなどの演出

ペーパーアイテムとは招待状を始め、席次表やメニュー表などのことを指します。その中でも招待状は94.6%の人が準備したと答えています。ゼクシィ 結婚トレンド調査2016調べ

家族だけの結婚式などの場合は用意しなくてもよいのですが、基本的には結婚式のマストアイテムと言えます。

ゲストが最初に手にするものだからこそ、ふたりの結婚式のテーマに沿ったこだわりデザインを選ぶ人が増えているようです。

そしてウェルカムグッズとは、ウェルカムボードやウェルカムベアなどゲストの受付周り(ウェルカムスペース)の装飾品のことを指します。
ゲストが式場に来て一番最初に目にするものですので、こちらもこだわって選んだり最近では手作りをされる人が多いです。

例①結婚式のお知らせと出欠の確認をする「招待状」

r_sさん(@bellr_design)がシェアした投稿

例②二人の代わりにゲストをお出迎えする「ウェルカムボード」


それでは、どのような結婚式の演出のジャンルがあるかわかったところで、一般的な結婚式の流れに沿って定番な結婚式の演出を詳しくご紹介します。

当日の流れがわかる!タイムスケジュールでみる結婚式の定番演出

先ほどは結婚式の演出のジャンルをまずご紹介しました。ここでは実際の結婚式の一般的な流れと、どのような定番演出があるかを詳しくご紹介します。

まずは結婚式の一般的な当日の流れと定番演出をタイムスケジュールに沿って確認してみましょう。

10:30 親族集合
10:45 ゲスト集合
11:00 結婚式
11:20 チャペル外でフラワーシャワー
親族撮影・ゲストとの撮影タイム
(ウェルカムパーティ)
11:50 ゲスト披露宴会場入場
12:00 披露宴開宴・新郎新婦入場
12:05 新郎新婦紹介
12:10 主賓スピーチ
12:20 乾杯発声者挨拶・乾杯
12:25 ケーキ入刀
12:30 ファーストバイト
12:35 料理提供スタート
歓談
12:50 新婦中座
歓談
13:05 新郎中座
13:15 プロフィールムービー
13:20 新郎新婦再入場
テーブルラウンド
13:40 デザートブッフェ
歓談
祝電紹介
14:05 新婦の手紙・両親ギフト贈呈
14:15 両家代表挨拶
14:20 新郎挨拶
14:25 新郎新婦退場
14:30 エンディングムービー
お見送り
プチギフト

改めてスケジュールをみてみると、かなりそれぞれにかけられる時間がタイトで驚かれたのではないでしょうか。

ゲストは新郎新婦と過ごす時間を大切にしたいと思っています。その点を忘れずに演出の内容と時間配分を選んでいく必要があると言えるでしょう。

それでは今スケジュールでご紹介した演出も含め、シーン別に「定番」の結婚式の演出をご紹介します。

*この章でご紹介する実施率(%)は全て、ゼクシィ 結婚トレンド調査2016調べです。

結婚式での定番演出

ベールダウン

ベールダウンとは、挙式の前に新婦のベールをお母様がおろして送り出す演出のことです。
2010年には23.2%の実施率でしたが、2016年には結婚式の演出で第一位の68%の人が実施したという結果が出ました。

ウエディングベールの意味

ベールはもともと古代ギリシャ・ローマ時代からある清浄のシンボルとされる魔除けのアイテムのことで、邪悪なものから身を守る意味が込められています。

ベールダウンの意味

「これまでは私たち両親があなたを守ってきましたが、今日からはあなたが選んだ最愛の人とともに幸せな人生を歩んで欲しい」という親の思いを表現しています。

ですから、結婚式中に新婦を一生愛し守ることを誓った新郎だけが、両親に代わってそのベールを上げることができるのです。

ベールダウンのタイミングと手順2パターン

①結婚式へ向かう前にブライズルーム(新婦支度部屋)にお母様に来てもらい、感謝の気持ちを伝えながらベールをおろしていただく。
②結婚式の入場時にチャペルの入口でお母様にベールをおろしえいただいてから、その後お父様と腕を組み入場をする。

オリジナルリングピロー

リングピローとは、結婚式で指輪の交換のシーンまで指輪を置いておくもののことです。元々はピロー(枕)という名のとおり四角形のものがほとんどでしたが、最近では立体型など色々な装飾や形のものが増えています。

Ai Saitouさん(@ai.sai1122)がシェアした投稿

リングピローの言い伝え

結婚式で使ったリングピローを、ふたりの赤ちゃんが産まれた時に初めての枕として使うと赤ちゃんはずっと幸せでいられる、という言い伝えがあります。

結婚指輪を運ぶ「リングベアラー(リングボーイ・リングガール)」の演出

結婚式で指輪を運ぶ役を参列する子どもにやってもらう演出です。リングベアラーは新郎新婦の家族親族で10歳くらいまでの男児がするのが欧米の風習でしたが、今では男の子女の子問わず行うことが多くなってきました。

新郎の入場後、新婦が入場する前にリングベアラーが入場、その後新婦がお父様にエスコートされ入場、と言う流れが一般的です。

子どもたちのかわいらしい姿に緊張した雰囲気も和らぐ演出です。あまり小さいと役割を果たすのが難しいですから4~8歳くらいが良いと言えるでしょう。

結婚式の後に行う定番演出

フラワーシャワー

キリスト教式・人前式の挙式が終わった後に、挙式場の外又はバージンロードで行う、新郎新婦にゲストが花びらをまいて祝福する演出です。
花の香りで周りを清めて、悪魔や災いから新郎新婦を守るおまじないの意味がこめられています。

結婚式 フラワーシャワー ウエディング

 

ゲストへの花びらの渡し方

花びらは挙式場に入場する際に一人ひとりに渡したり、各列に花びらの入ったかごを置いておいたり、挙式場から出る際に一人ひとりに渡すこともあります。

生花か造花か

式場によって手配できる(又は使用していい)か異なりますが、それぞれの特徴を良く知り選ぶのが良いでしょう。

<生花の特徴>
生花はやはりリアル感があり色味が綺麗であり、高級感が出ると言う利点があります。
<造花の特徴>
造花は汚れが気にならず、コストが抑えられるので多めに投げてもらうことができます。また生花よりも軽いため落ちる速度がゆっくりですから写真映えがするでしょう。

ブーケトス・ブーケプルズ

花嫁が投げた(トスした)ブーケを受け取った女性は次の花嫁になれる、というロマンチックな言い伝えから行われる、未婚の女性ゲストに集まってもらいブーケを新婦が投げる演出のことです。
結婚式 ブーケトス 花嫁 新婦 未婚女性

また、会場の関係(天井の高さや広さ)でブーケを投げられない、又はもう少し大人の雰囲気の演出にしたい場合に行われるのが「ブーケプルズ」です。

いずれも未婚の女性を対象とすることがほとんどですが、人数が少ない場合など男性や子どもも参加できるようにする人もいます。

ブーケトス・ブーケプルズでのゲストへの配慮

また、ブーケプルズの場合は特に、リボンの数が決まっているため指名された人が前に出てくることが多いため、「皆の前で独身だとばらされているようで嫌な思いをした」という声もよく聞きますから、配慮が必要だと言えます。

披露宴が始まる前の定番演出

ウェルカムパーティ

ロサンジェルスバルコニー 結婚式 ウェルカムパーティー
披露宴の始まる前にゲストが待ち時間を楽しんでもらうために行われるもののことです。細かい決まりはありませんが、下記のように行う方が多いようです。

ウェルカムパーティを行うタイミング

挙式の終わった後、披露宴までの間に行うのが一般的です。(披露宴のみの場合は受付後、披露宴までの間)

ウェルカムパーティの開催時間

20分から30分、長くて1時間半くらいの時間をとることもあるようです。

ウェルカムパーティを行う場所

式場によりますが、受付をしたウェルカムスペースだったり、ガーデンやテラスで行う場合もあります。

披露宴スタート~中座までの定番演出

披露宴中のBGMを選ぶ

披露宴会場にゲストが入場する迎賓からお開きとなりゲストが退場するまで、それぞれのシーンにあった曲を選ぶ演出は、ほとんどの新郎新婦が行っています。曲の長さにもよりますが、平均で30~40曲程度だと言われています。

結婚式で人気のBGMランキングTOP10

どの曲を選ぶのかは本当に二人の好みでそれぞれではありますが、その年に流行っている曲を選ぶカップルも多いようです。ここで株式会社テイクアンドギヴ・ニーズのプランナーが選ぶ人気BGMランキングをご紹介しておきましょう。
結婚式 BGM ランキング

オープニングムービー

オープニングムービーとは、披露宴で新郎新婦が入場する直前に流す映像演出のことです。2016年には48.8%のカップルが実施したと答えています。
結婚式 オープニングムービー 演出

オープニングムービーの種類

・「今日はありがとうございます」というご挨拶的な役割を持たせるためのもの
・場を盛り上げるための、披露宴での注意案内のようなもの
・新郎新婦のプロフィール紹介をするもの

オープニングムービーやその他ムービーの発注先

・式場の提携業社
・新郎新婦で自作
・友人知人に依頼
・映像業社に依頼をする

ケーキカット・ファーストバイト

結婚式 ウエディングケーキ ケーキカット
「ケーキカット」は愛し合う若いふたりが将来を誓い合った時、1つのパンを分かち合って永遠の愛を誓ったというギリシャ神話の一説によるものからきている演出です。結婚して初めての二人の共同作業として日本でもかなり定着している演習と言えます。

その後ケーキを新郎新婦がお互いに食べさせあう演出を「ファーストバイト」と言います。欧米から伝わった演出で、新郎から新婦へは「一生食べるものに困らせない」、新婦から新郎へは「一生美味しいものを作ります」という意味が込められています。

2016年調べでは79.2%の人がファーストバイトをしたと答えており、ケーキカットだけを行った人も含めれば更に多くの人がケーキカットは行ったと言えるでしょう。

ケーキの種類

2016年は生ケーキを選ぶ人が61.4%だったとのこと。ケーキカットを行わなかった人も含めますから、かなりの確率で生ケーキを選んだ人が多いと言えるでしょう。

その他イミテーションケーキ、クロカンブッシュ(シュークリームで出来たケーキ)、シュガーケーキがあります。

生ケーキの中でも最近特に話題なのは、ネイキッドケーキ、カラードリップケーキなどです。
ネイキッドケーキ


カラードリップケーキ

入退場の際、親・親族・知人にエスコートしてもらう

結婚式 中座 新婦 友人
披露宴中にお色直しなどのため一旦会場を退場する「中座」のシーン。以前は新婦は新郎にエスコートをしてもらい、新郎は一人で中座をする人がほとんどでしたが、最近ではゲストにエスコートをお願いすることが多く、2016年では65.8%もの人がエスコートをゲストにお願いしているようです。

誰にエスコートをお願いをするのか

バージンロードでお父様にエスコートをしてもらうので、披露宴ではお母様と、という新婦が多数いらっしゃいます。新郎も大人になってなかなか二人で手をつないで歩くことのなくなる、お母様やお父様などご家族を指名する人が多いようです。
その他ご兄弟姉妹、祖父母様など親戚の方、お友達を指名する方もいますし、お世話になったプランナーさんや抽選で選んだゲストなどを選ぶという珍しい意見もありました。

いつお願いをするのか

事前にお伝えしている人もいますが、サプライズでその場で発表しゲストを驚かせるという人が最近多いようです。
但しその方が遠慮深い方だったり恥ずかしがってしまうようであれば場の雰囲気や進行、そして関係性までも崩しかねませんから事前に伝える配慮が必要でしょう。

再入場~披露宴お開きまでの定番演出

プロフィールムービー

最近先ほどお話したように2種類以上のムービー演出をするカップルが増えてきました。長くない披露宴の時間だからこそ、新郎新婦が中座で席にいないこのタイミングに行う方が多いようです。

2016年は78.9%のカップルがプロフィール・生い立ち出会いの紹介ムービーを行ったとのことです。

テーブルラウンド

テーブルラウンドとは、その名の通り新郎新婦が各テーブルを周って行う演出のことです。お色直し後の再入場の後行うことがほとんどです。

テーブルフォト

その名の通り、各テーブルに新郎新婦がきてそのテーブルの皆さんと一緒に写真を撮る演出です。

先ほどからお伝えしている通り、ゲストは新郎新婦と触れ合う時間を求めています。特に会社の上司や親族などなかなか高砂に来づらい人たちにとっては特に、その他ゲストにとっても漏れなく撮れる新郎新婦との写真は嬉しいものです。
結婚式 フォトプロップス 新郎新婦
最近ではフォトプロップスをテーブルフォト時に配って撮影をする演出を行う人も増えています。

キャンドルサービス

昔からあるキャンドルで行うものもありますが、キャンドルも炎の色が変わったり花火がでたりなど、さまざまな種類があります。

プチギフトをこの時点で配る

プチギフトを渡すのは最近ではお見送りのとき(ゲスト退出時)という人が増えてきましたが、このタイミングにすることもできます。

季節感のあるバレンタインチョコやクリスマスプレゼントなど、このタイミングでお渡しするのも一つではないでしょうか。

デザートブッフェ

これもその名の通り、デザートをゲスト銘銘にブッフェ形式で取っていただく演出で、年々行う割合が増えてきている演出の一つです。

切り分けたウエディングケーキをブッフェ台で新郎新婦からゲストへ手渡す演出もできますし、何より席にずっとゲストが座らず動きが出るので新郎新婦と触れ合える場にもなるので人気のようです。

年配ゲストやお子さま連れ、家族親族などなかなか取りにいけない(いかない)人、そして甘いものをあまり食べない人が多いようであればメニュー選びなどの配慮が必要だと言えます。
結婚式 デザートブッフェ 披露宴

新婦の手紙

結婚式のクライマックスシーンと言えばやはり新婦の両親・家族へあてた手紙を読むシーンでしょう。

最近では新郎からも手紙が披露されたりすることもありますし、恥ずかしいので読まずに手紙を贈呈するだけといったこともあります。また、手紙を読むのが恥ずかしい人などはムービーで思いを伝えるという演出を選ぶ人も増えてきているようです。
結婚式 新婦の手紙 演出 クライマックス

両親ギフト(花束・ウエイトドール)

新婦の手紙の後は、それぞれの両親に向けて感謝の気持ちを伝えると共に記念品となるギフトを渡す人が多いです。

写真映えもすることから大きな花束はやはり定番ですが、ずっと枯れずに飾ってもらえると言うことでプリザーブドフラワーやアートフラワーなどのを選ぶ人も増えてきました。

そしてウエイトドール(生まれたときの体重と同じ重さの人形)は、生まれたときから今日まで育ててくれた感謝の意味を込めて選ぶ、ご両親が抱っこした瞬間に生まれたときの感動を思い出させてくれる定番アイテムの一つです。

お見送り時の定番演出

エンドロールムービー

映画の最後に流れるエンドロールのような、披露宴の最後に流す参列してくれたゲストに感謝の気持ちを込めたメッセージや当日の様子を流すムービー演出のことで、2種類があります。

事前に予め作っておくタイプ

思い出の写真やイラストなどを使って作るタイプ。こちらの方が安価ですが、出欠の変更により名前などの差し替えなどが必要なため注意が必要です。

当日撮影した写真や動画を使って披露宴中に編集したものを上映する、撮って出しタイプ

当日をダイジェストですぐ振り返ることができ、ゲストに驚かれることも多かった演出ですが、今ではかなり定番になってきた演出です。当日即編集を行わねばならず高価(20~40万円が相場)です。

大きく分けてこの2種類があり、映像演出を行った人の73.8%がエンドロールを行っています。

プチギフト

ゲストお見送り時(又は再入場時)に引出物とは別にゲストに配る、小さな贈り物のことです。

昔は引出物をお見送り時にゲストに手渡しをしていましたが、各席に置くのが一般的になったため、お見送りをするときに何もないとさびしいイメージが出てくるから始まったと言われています。

2016年では93.8%の人がプチギフトを用意したと答えており、プチギフトには下記のような種類が定番です。

お菓子や紅茶など食べ物

「食べてなくなるもの」なので失敗がないとも言われており、選ぶ方が多く86.3%もの人がお菓子や食べ物を選んでいるようです。

定番のヨーロッパでお祝い事の際に、用いられるドラジェやアイシングクッキー、ブランド紅茶や蜂蜜なども人気が高いですし、手作りをする人もいます。

1つ1つを集めるとタワー型になる写真のようなウェルカムグッズにもなるプチギフトや、じゃがりこやチロルチョコ、キットカットなど誰もが知っているお菓子を新郎新婦の写真やイラストでオリジナル商品を作れるものもあります。
結婚式 プチギフト

<ドラジェとは>
砂糖がかかったアーモンド菓子のことで、アーモンドが実を沢山つけることからお祝い事に用いられるようになりました。

「幸福・健康・富・子孫繁栄・長寿」の意味がある5粒のドラジェを送るのが正式だと言われています。

バス用品

ボトル型など見栄えの可愛いものが多い入浴剤や石鹸など、バス用品も人気があります。食べ物と同様、使ってなくなるものなのでゲストに喜ばれるので選ぶと言う人が多いようです。

その他

ハンドタオルや耳かき、スプーンなどの生活雑貨、文房具などを選ぶことも出来るようです。

定番のペーパーアイテム

結婚式に招待するときからおもてなしは始まっています。事前にお送りする招待状から、当日の席に置く名前の書いてある席札、会場内の座席表である席次表、ふたりの紹介が書いてあるプロフィール表や、当日の料理コースが書かれているメニュー表など、様々なアイテムや種類があります。

席札

結婚式 席札

招待状

結婚式 招待状

席次表

@beraweckaがシェアした投稿

プロフィールパンフレット

ウェルカムスペースでの定番演出

ゲストを最初にお迎えする場所であるウェルカムスペース、受付があったりソファや椅子があってゲストにくつろいでもらう場所となります。

受付となるテーブルに置くものや、イーゼルに飾るウェルカムボードだけではなく、最近ではフォトボードの設置や思い出の写真を飾るなど、様々な演出をする人が増えてきました。

その中でも、この二つはやはり定番の演出と言えるでしょう。

ウェルカムドール

新郎新婦に代わりゲストを最初におもてなしすることとなりますので、二人らしいぬいぐるみなどを選ぶ人が多いようです。定番のクマ以外にもミッキーなどディズニーのキャラクターやミッフィー、トトロ、など色々と選べる幅が多いです。

既製品もありますが、手作りが簡単に出来るキットなども売っておりますし、最近では人形洋服だけ手作り(又は手作りしてくれる人に発注)することもできるようになりました。

ウェルカムボード

その名の通り、おもてなしの意味を込めたウェルカムメッセージや新郎新婦の名前・挙式日などが書いてあるものが一般的です。

最近では前撮りなどの写真をつかったタイプのものをつくる人が多いようで、35.6%の人が選んでいるとのこと、これは2010年に比べて2倍近くにもなっていることから定番になっていることがわかります。

ここまで、結婚式の定番と言えるアイテムをご紹介してきました。次に、人気の出てきた最新の演出をご紹介していきましょう。

ジャンル別!2018年版最新の人気演出42選

結婚式 新婦 友人 演出
ここまでで、定番の結婚式の演出とその流れについてはイメージが掴めてきたのではないでしょうか。

それでは、最近人気の演出や最新の演出について、ジャンル別にご紹介していきましょう。

結婚式での最新人気演出

1.オリジナル人前式・式次第・宣誓書

宗教色がなく決まりごとのない人前式を選ぶカップルが増えており、2016年には26.5%のカップルが人前式を行ったそうです。

式場の決めてくれた進行どおりに行うこともありますが、自分たちの言葉で宣誓をするなどアレンジを加えて自分たちらしさを出す人も増え、人気が出てきています。
結婚式 結婚宣誓書 人前式

2.ダーズンローズセレモニー

ダーズンローズとはヨーロッパから始まったの古い風習です。

ある男性がプロポーズの際に、彼女の家まで歩いている間に咲いていた花を集めて彼女に渡しました。彼女は承諾の意味を込めてそのうちの1本を彼の胸元に刺したことが始まりだ、と言われています。

愛を表現する「バラ」で行う演出として最近では人気が出ている演出です。

結婚式のほか、披露宴中に新郎が新婦へするサプライズ再プロポーズ演出としても人気が高いようです。
結婚式 ダーズンローズセレモニー プロポーズ

ダーズンローズセレモニーの流れ

チャペルに入場する時に12本のバラを新郎がそれぞれゲストから受け取り、新婦が入場したらそのバラをブーケとして手渡し改めて「結婚して欲しい」と言う気持ちを伝えます。
新婦は「はい」という承諾の返事の代わりに12本のうち1本のバラを新郎にブートニアとして旨に挿します。

12本のバラそれぞれに意味がありますが、ゲストから新郎にバラが渡される際にその説明をするとより感動度が増すでしょう。

また、新婦が新郎に渡す1本のバラはこれからの二人の未来を象徴する言葉を選ぶ、という演出を入れてみるのもいいのではないでしょうか。

12本のバラの意味

感謝・誠実・幸福・信頼・希望・愛情
・情熱・真実・尊敬・栄光・努力・永遠

3.リングリレー

リングリレーとは、指輪の交換のシーンで新郎新婦それぞれ用意した長いリボンに通した結婚指輪を、参列したゲストが順番に渡していき、最終的に新郎新婦のもとに届けると言う、ゲスト参加型の演出です。

老若男女全員が参加できるのが特徴で、ゲスト全員の手を通っていきますからゲストとの一体感が生まれ、より「おめでとう」の気持ちが伝わる演出となるでしょう。

4.子どもに参加してもらう演出

挙式列席者の中に子ども連れのゲストがいる場合は、参加してもらえる演出を考えるのも良いのではないでしょうか。役割があることで子どもたちも比較的ぐずることなく、挙式が和やかな雰囲気で行えるでしょう。

いずれの演出も、4~8歳くらいの子どもが無理なく参加できて、寸前で嫌がったり泣いたりするトラブルも起きにくいようです。

キリスト教式ではもちろん、人前式での演出にもおすすめの演出ばかりです。

リングベアラー(リングボーイ・リングガール)

結婚式で指輪を運ぶ役を参列する子どもにやってもらう演出です。

リングベアラーは新郎新婦の家族親族で10歳くらいまでの男児がするのが欧米の風習でしたが、今では男の子女の子問わず行うことが多くなってきました。

新郎の入場後、新婦が入場する前にリングベアラーが入場、その後新婦がお父様にエスコートされ入場、と言う流れが一般的です。

フラワーガール・フラワーボーイ

新婦が入場する際に新婦の前を歩き、バージンロードにかごに入った花びらをまきながら歩くのが一般的な役目です。

花びらで「お清め」をする意味があり、花びらでなく花を一輪ずつ手渡していくというやり方もあるようです。
結婚式 フラワーガール フラワーボーイ

ページボーイ・ページガール

キリスト教式の挙式で聖書を祭壇まで運ぶ男の子のことです。

新婦を先導しながら入場しますので、フラワーガールと同じ新郎の入場後のタイミングに新婦と一緒に入場をします。

最近イギリスのジョージ王子が行ったことで一気に注目を浴びた演出ですが、日本ではまだあまり行われていない最新の演出といえるでしょう。

@saekotodがシェアした投稿

ベールガール・ベールボーイ(トレーンベアラー)

新婦の入場の際にベールのすそを持って、一緒にバージンロードを歩く子どもたちのことをベールガール・ベールボーイと言い、トレーンベアラーとも言います。

もともとベールの長さは家柄をあらわすとも割れており、ベールが長いほど格の高い家柄だと言われていました。その家に仕えていた子どもたちが新婦の長いベールのすそを持つアシスタントをしたのが始まりだといわれています。

フラッグガール・フラッグボーイ

Here comes the bride!(いよいよ花嫁の入場です!) などかいたフラッグを持った子どもが新郎の後に入場する演出で、最近欧米で流行っている本当に最新の演出がこちらです。

他の演出にも言えますが、参列ゲストは可愛い子どもたちに目が自然と行きますから、祭壇前で待っている新郎もひとりで緊張せずに過ごせますので、やはり和やかな雰囲気になると言えるでしょう。
結婚式 フラッグガール 女の子

4.ブライズメイド&アッシャー

結婚式 ブライズメイド アッシャー
海外ウエディングをした人や芸能人などから広まった、欧米の結婚式では一般的な新郎新婦の友人代表たちに協力してもらう演出のことです。

ブライズメイドとは

新婦の付き添い人(立会人)として、結婚式で花嫁の側に立つ女性たちのことです。

お揃いのドレスやヘアスタイルで、友達・姉妹・親族で未婚の女性がすることが多く、新婦に花を添えて引き立て、結婚式を盛り上げるための大切な役目です。

2名~5名程度選ばれ、人数が多いほど格式高いと言われており、バージンロードで新婦の前を歩きます。
その中でも一番親しい人がリーダー(メイドオブオナー)となり、ドレスのすそを直したり、ブーケやグローブを預かるなどアテンドの役割もするのが本来の役割のようです。

日本では、新婦の友人がお揃いの格好をするという演出というようにブライズメイドが定着しています。
結婚式 ブライズメイド 新婦友人 花嫁付添人

ブライズメイドの由来

元々は中世ヨーロッパで新婦を幸せを妬む悪魔から守るために同じような衣装を着て付き添い、悪魔の眼を惑わした風習が由来だといわれています。

アッシャー(グルームズマン)とは

新郎をサポートする男性のことをアッシャーと呼びますが、正式にはグルームズマンと言い、新郎の世話役として未婚の男性(新郎友人・兄弟・親族)が務めるとされています。日本ではブライズメイドよりは一般的ではなく珍しい演出のようです。

ブライズメイドと同じく2名~5名選ばれますが、人数は合わせることが多く、リーダーはベストマンと呼ばれます。
ベストマンの本来の役割は、新郎入場前にバージンロードを敷いたり、ブライズメイドやゲストをエスコートするなど進行のサポートもしており、結婚式の準備や二次会をサポートすることもしているようです。

5.バージンロードセレモニー

先ほどお話したように、ブライズメイドとアッシャーは挙式で立会人としてだけではなく、進行にも携わるのが本来の姿です。

その中で行われる、アッシャーがバージンロード(ウェディングアイル)で二人が歩く布を広げる演出を、バージンロードセレモニーと言い、最近行う人が増えてきました。

periさん(@peri0514)がシェアした投稿

バージンロードセレモニーを行う場合のキリスト教式の流れ

アッシャー(ベストマン)がバージンロードに敷く布(アイルランナー)を広げます

神父(司式者)・新郎・アッシャーの順で入場し挙式が開始されます

ブライズメイドがひとりずつ入場し、フラワーガールやリングボーイなどが入場、その後新婦がお父様と共に入場します

オリジナルアイルランナー

教会の下には悪魔が潜んでいると言われており、結婚式では白い布を敷き、床下の悪魔から守ったのがアイルランナーの始まりです。

バージンロードは新婦が生まれてから今日までの道のりをあらわしていると言われており、その思い出の写真などを入れてオリジナルのアイルランナーを作る演出が最近でてきています。

二人でアレンジして二人の思いで写真を使って作ったりする人もいますし、挙式当日に使うだけでなく挙式後切り取ってマットなどとして長く使えるようなものもでてきています。

6.ペットや動物の参加

ペットが家族の一員としてかなり認識されるようになり、家族同然のペットにも挙式や披露宴に参加して欲しいという新郎新婦も少なくありません。

披露宴会場は料理を出す場所ですからなかなか一緒に参加と言うのは難しい式場が多いですが、対応できる式場もあるようです。

リングドッグ

結婚式 リングドッグ
リングドッグとは、先ほどご紹介したリングベアラーの子どものように、結婚式の途中で愛犬にふたりの指輪を運ぶ役をしてもらうという演出で、ペットが参加できる演出として一番人気といっていいでしょう。

最近は愛犬以外にもアルパカなど、様々なペットにリング○○として参加させているケースもあるようです。

ペットとの写真を飾る

人気が出てきたとはいえ、ペットとの結婚式が叶う式場は少ないので、前撮りをペットと行いその写真をウェルカムボードにしたり飾ったり、プロフィールムービーに利用することもできます。

7.リング交換以外のセレモニー

水合わせの儀

古来から日本に伝わる儀式で、新郎新婦の互いの実家の水を汲んできてひとつに注ぎ合わせた水を飲む儀式を行います。

別々の水で育った新郎新婦が一つとなり、二人で新たな家庭を築いて行けるように、との願いが込められているということです。

正式には水は両家の母親が朝汲んできたものを合わせるように行うと言われており、人前式、神前式にて行われることが多いようです。

最近では披露宴の際に、アレンジした光る液体を合わせる演出やシャンパンタワーの演出をする人もいるようですし、ジュースやお酒を合わせて作る果実酒作りの演出も最近人気なようです。

植樹セレモニー(土合わせの儀)

水合わせの儀から発展した演出で、それぞれの実家から土をもってきて、鉢の中に苗木と一緒に合わせていく演出も最近行われているようです。

受付時にゲストに土を鉢に入れていただき、挙式中に新郎新婦が水遣りをして仕上げると言うようなゲストにも参加していただけるようにもアレンジ出来る演出です。

サンドセレモニー

こちらも水合わせの儀から発展した演出で、色のついた砂を使って行う演出となりますから見た目にもとても綺麗で美しく、土合わせの儀と同じように挙式後の記念にもなると注目され始めています。

新郎新婦がそれぞれ選んだ好きな色の砂を一つの入れ物に注ぎ込む演出のことで、砂の色が作り出す模様で世界に一つしかないオリジナルな芸術品となります。

砂は一度混ぜると分けることができないことから、縁起の良い演出とも言われています。

r.s.WDさん(@r.s.wd)がシェアした投稿

8.ゴスペルウエディング

結婚式中の聖歌隊の歌をゴスペルシンガーがアカペラで行う演出のことで、結婚式のムードが一気に高まり盛り上がりやすく、明るい雰囲気で挙式をしたい人が選んでいるようです。

オルガン以外の生演奏

ゴスペル以外にもハープや弦楽四重奏など幻想的な雰囲気にするような演出もあり、特に音楽にゆかりのある新郎新婦が選んでいるようです。
結婚式 音楽 生演奏 弦楽四重奏

9.入場前の感謝のムービー

挙式前の新婦とお父様二人だけの時間にお父様に宛てて見ていただく、今までの感謝を込めたムービーのことです。

チャペルによっては中にモニターがあり、ゲスト全員で同じムービーを見て結婚式へのムードを高める演出もできるようです。

10.ダブルリングセレモニー(エンゲージカバーセレモニー)

最近聞くようになった演出の一つで、新郎新婦指輪交換の後に新郎から改めて新婦に婚約指輪を送るというセレモニーのことです。

結婚指輪の後に行うことから、二人の永遠の愛と絆にフタをするというロマンティックな意味があるセレモニーだとのことです。挙式だけではなく披露宴で行うこともできる演出ではないでしょうか。

なかなか結婚後は登場機会の少ない婚約指輪を披露する場にもなる、とセレモニーをする人が出てきたようです。
ダブルリングセレモニー 結婚指輪 婚約指輪

11.ベビーリングセレモニー

結婚式 ベビーリング 赤ちゃん ベビーリングセレモニー
ハーバーパークアヴェニューブレストンより引用

結婚式の指輪の交換シーンの後にすることもできる演出で、おふたりからお子さまに、又は新郎から新婦へ(お腹の赤ちゃんへ)ネックレスとしてかけてあげるという、これから3人で幸せな家庭を築いていこうという思いの詰まった演出です。

ベビーリングとは、「赤ちゃんが元気で健康に幸せに育って欲しい」という願いを込めて贈る指輪のことです。
元々はヨーロッパで赤ちゃん誕生のときに食べ物に一生困らないように、という願いを込めた銀のスプーンが始まりで、現在では形を変えて指輪としてプレゼントをする人が多いようです。

お子さまが産まれてからの結婚式、又はお腹のなかの赤ちゃんと迎える結婚式だからこそ出来る演出です。

12.フラワーシャワーに代わる演出

挙式後に行うフラワーシャワーの進化系ともいえる最近人気の演出をご紹介します。

バブルシャワー

ほとんどの場合屋外で行う、祝福ムードを盛り上げる開放感のあるガーデンや海をバックに行う人から人気が高まっています。

フラワーシャワーよりも安価で出来る場合が多いのと、ゆっくり空を飛ぶため写真映えがするため人気が出てきたようです。
結婚式 バブルシャワー シャボン玉

リボンワンズ

ワンズとは「杖」のこと、カラフルなストローなど棒状のものにリボンや装飾がついたものをリボンワンズと呼んでおり、自身で簡単に作ることが出来ることから最近人気が高まっている演出です。

フラワーシャワーなどに比べて投げて終わりではなく長い間振ったりその後も写真撮影の際につかえたりと華やかになるので選ぶ人が多くなっているようです。

フェザーシャワー

フェザーとは羽のこと、天使をイメージしたアイテムで羽だけで行う場合とフラワーシャワーに混ぜて行う場合があるようです。

軽いため花びらに比べて滞空時間がかなりながく、写真映えがすることから写真にこだわる新郎新婦から人気の出てきた演出です。

折鶴シャワー

最近ではチャペルなどで「和装人前式」を行うカップルも出てきました。その際和の雰囲気を高めるために行われることが多いのがこの折鶴シャワーです。

あまり大きすぎるとすぐに落下してしまいますので、小さめの(普通の折り紙の4分の1の大きさがオススメ)折り紙で鶴を作りましょう。
一人当たり7~10個くらいがちょうど良いようですから、ゲスト人数が多い場合早めに準備することをおすすめします。

その他にも、以下ようなものがあります。

リボンシャワー

@chieko.taguがシェアした投稿

スターシャワー

結婚式 スターシャワー

13.バルーンを使った演出

バルーンリリース

空いっぱいにゲスト全員で一度に風船を飛ばす、挙式が終わった後ガーデンやテラスで行う「新郎新婦の幸せが風船のように天まで届きますように」という願いが込められた演出です。

ドロップ&フライ

プールなどに「ドロップ&フライ」をつけた風船を投げ込む演出、水で溶けるとバルーンが空へ飛んでく珍しい最新の演出です。プールがある式場は限られますが、もしあるのであればオススメの演出です。
ドロップ&フライ バルーン 結婚式
Balloon Worldより引用

このように、定番の演出のほかにもオリジナリティを出したかったり思い出を沢山作りたいと言う最近の新郎新婦ならではのアイディアで生まれた演出が、挙式だけでもこれだけあります。

次に、披露宴で最近人気の最新演出をジャンルごとに紹介します。

全国のプランナーが選んだ人気演出TOP5

それでは、今流行っている最新の人気演出にはどのようなものがあるか、詳しくご紹介していきましょう。

ちなみに、人気のゲストハウスを全国で運営している株式会社テイクアンドギヴニーズのプランナーが選んだ最新人気演出ランキングはこちらです。

1位 果実酒づくり
2位 コンフェティ
3位 恋ダンス
4位 カラードリップ
5位 フォトプロップス

14.果実酒づくり【プランナーが選ぶ演出第一位】

ゲストに参加していただく演出で、大きなビンなどにフルーツを入れてもらい、そこに新郎新婦が最終的にお酒を注いで果実酒を作り上げるゲストと一体感が生まれる演出で、最近かなり話題になっています。

鮮やかですし、ゲストがビンにメッセージを書けたりデコレーションができるので、写真映えがする今だからこその演出と言えるでしょう。

15.コンフェティ【プランナーが選ぶ演出第二位】

コンフェティとは紙ふぶきのことです。結婚式ではクラッカーの中に色んな色の紙ふぶきを仕込んでおいてフラワーシャワーの代わりに使う演出で、海外から入ってきた最新演出の一つです。
結婚式 コンフェティ フラワーシャワー 演出

16.恋ダンス【プランナーが選ぶ演出第三位】

ゲストや新郎新婦、ご家族とみんなで踊って笑える今年ならではの演出です。毎年流行っているドラマや映画、アニメなどの曲に合わせて踊ったり歌ったり演出は人気です。

17.カラードリップ【プランナーが選ぶ演出第四位】

ケーキ入刀の代わりの夫婦の初めての共同作業として人気が高まっている演出です。シンプルなウエディングケーキにとろっとしたカラフルなソースをかけてウエディングケーキを仕上げる演出です。

18.フォトプロップス【プランナーが選ぶ演出第五位】

写真撮影のときにもつ小物のことで、メッセージやイラストなどが印刷されたものが多いです。ストローや棒などと印刷された紙などがあればできるので、簡単にできるアイテムで写真映えするので人気です。

ゲスト参加型最新人気演出

19.カラードレス色あてクイズ

新婦、中座中に行うお色直しドレスの色をゲストに宛てていただくもので、ゲストに参加いただけるので盛り上がる演出です。

カラードレス色あてクイズのやり方

TOMOさん(@sa_yukitomo_ho)がシェアした投稿


写真のような箱を受付などに置いておいて、新婦が中座した後司会者にアナウンスをしてもらい、ゲスト各々にどの色だと思うか投票してもらいます。そして当たった人にプレゼントなどを用意する、というのが一般的な流れです。

個人対抗であったり、テーブル対抗など色々とやり方は工夫できそうです。

20.テーブルインタビュー

結婚式 ウエディング 披露宴 インタビュー 列席者 ゲスト
ゲストに新郎新婦へのお祝いの気持ちをインタビューする演出です。その場で話してもらう場合と前に出てきて話してもらう場合があります。

サプライズで指名をすることもできますが、その場合緊張したりお酒によっているゲストがちょっぴり心配になるという声も聞きます。そして何よりそのゲストの気持ちを考えると困ると思いますから事前に指名することを伝えておくと良いでしょう。

21.似顔絵パフォーマンス

結婚式 似顔絵 演出 披露宴 列席者
歓談中にパフォーマーにきてもらい、ゲスト全員に似顔絵を描いてもらう演出です。式場のオプションで手配できる場合と、自身でパフォーマーを探す場合があるようです。
ブルーレマン名古屋のスタッフブログより引用

映像系最新人気演出

22.プロジェクションマッピング

最近はプロジェクションマッピングが出来る式場が本当に増えてきました。

オリジナルの写真を使ったプロフィールムービーを作ったり、このような演出ができる式場もあるようです。
結婚式 プロフィール プロジェクションマッピング オリジナル

更に結婚式のチャペルでの演出として行なっている式場もありますが、相応の設備が必要なため自分たち手配の持込ができる業者と言うのはなかなかまだ少ないようです。

結婚式 プロジェクションマッピング キリスト教式 教会式 演出

23.ドローン空撮

まだ日本では参入している会社が少なく、ほとんど行うことができないようですがドローンでの撮影を取り入れるという演出も出てきました。

前撮りの際にドローンカメラでの撮影をしてそれをムービーに利用するのが今は多いようですが、式場にガーデンなどがあるようであればドローンで集合写真や俯瞰図をムービー撮影するという演出も将来流行するかもしれません。

装飾系最新人気演出

24.テーマにあったトータルコーディネート

かなり定番化している演出の一つです。

結婚式披露宴に一つのテーマを決め、そのテーマにあわせた装花や小物などで披露宴会場だけでなく受付など全体をトータルコーディネートするカップルが増えています。

テーマは二人の好きなものだったり、季節やキャラクターや色などを選ぶ人が多いようです。

テーマコーディネート例①ティファニーカラー

アニヴェルセルヒルズ横浜 結婚式場 ティファニーブルー テーマコーディネート

テーマコーディネート例②クリスマス

結婚式 テーマコーディネート サンルートプラザ東京

25.写真撮影用アイテム

先ほどご紹介したフォトプロップスをはじめ、instagramでの投稿用などの写真撮影に関わるアイテムは今の結婚式には欠かせないといっても過言ではないでしょう。

フォトブース

yuriさん(@yr_wedding)がシェアした投稿

インスタ、フェイスブックフレーム

Hair Salon Storyさん(@story_satsuki)がシェアした投稿

26.新郎新婦がソファ席

ゲストよりも一段高い位置でかしこまって座っているのは性に合わないから結婚式をしない、というカップルもいるくらい新郎新婦の座るメインテーブルはかしこまった雰囲気が出やすい場所となります。

最近はメインテーブルを廃止し、ソファだけにするというカップルが増えてきました。
結婚式 クルヴェット名古屋 新郎新婦 高砂 ソファ席

メリット

・ドレスが足元まで隠れないので写真映えがする
・アットホームでゲストが歓談の際に二人の席に来やすくなる
・装飾の幅が広がり、海外の結婚式のようなおしゃれな雰囲気が出せる

デメリット

・遠くの席から二人の姿が見えづらい
・料理を並べるスペースがない場合が多く、なかなか料理が食べられない

27.ジャイアントフラワー

ジャイアントペーパーフラワーとも言われ、その名の通り紙でできた大きな花ですが、今かなり注目されているアイテムの一つです。
結婚式 ジャイアントフラワー
披露宴会場の装飾として使ったり、テーブルラウンドの際に持って撮影をしたりと色々な使い方ができ、写真映えがするため人気が高いようです。また、比較的に簡単に手作りすることが出来ますから、演出にかかる費用を抑えることができます。

28.キッズスペース

結婚式でゲストへのおもてなしを重視するカップルが増えており、子ども連れのゲストへの配慮も様々なアイディアがあるようです。
披露宴は平均2時間半となるため、子どもが飽きてぐずってしまうというケースも少なくありません。
そういった場合に、披露宴会場内で見守れるキッズスペースがあると、子ども連れゲストに大変喜ばれることでしょう。
結婚式 キッズスペース 披露宴 ラグナヴェール青山
LAGUNAVEIL AOYAMA (ラグナヴェール青山)
披露宴会場内に作るだけでなく、挙式の厳粛な雰囲気で泣き出したときに外に出て完全に参列できなくならないように、チャペルの後ろにマジックミラーのある隠し部屋のある式場もあるようです。

サプライズ系最新人気演出

29.リベンジプロポーズ

最近、結婚式当日に新婦へ改めて再びプロポーズをする新郎が増えているようです。新婦は勿論、参列ゲストも一緒に喜んでくれるサプライズ演出として話題になっています。

プロポーズらしいプロポーズが出来ていなくて後悔している人、新婦から「プロポーズがなかった」などとお叱りを受けてしまった人だけでなく、新婦に何かサプライズを仕掛けて感動させたいと言うときはこの演出がオススメです。


このタイミングで先ほどご紹介した「ダーズンローズ」の演出を行う人もいらっしゃいます。
新婦ゆかりの学校や場所で12本の花を集めながら式場に到着する、というようなサプライズムービーを作って、ムービー終わりで新郎がその花束を新婦に渡してリベンジプロポーズ、というような演出もオススメです。
(最近だとお笑い芸人の椿鬼奴さんへのプロポーズのサプライズムービーでもこのような演出を行っていました)

周りには見られたくない、と言う人は結婚式の始まる前の二人だけの時間でこっそり行うのも良いのではないでしょうか。

30.マジックパフォーマンス

披露宴の余興として新郎新婦からゲストに贈る、サプライズ演出です。ゲストを巻き込んで参加していただくことも出来るので、盛り上げたいシーンにオススメの演出です。

31.フラッシュモブ

最近人気の演出と言えば、フラッシュモブは欠かすことが出来ないでしょう。

フラッシュモブとは、前触れもなく突然ダンスなどパフォーマンスを始める演出のこと。結婚式の演出では、ウェイターやカメラマンなど会場のスタッフに扮した人たちが踊りだしたり、参列ゲストが歌いだしたり、サプライズされる人を除いた全員で行う場合もあるようです。

メリット

ゲスト全員に一体感がうまれ、場が盛り上がりやすい。

デメリット

事前にかなりの準備とクオリティがないとサプライズはできても、感動までさせることができないので大変なようです。

料理系最新人気演出

31.ケーキ以外で○○カット

定番演出の二人で結婚して初めての共同作業である、「ケーキカット」をケーキではない他のもので行うカップルも増えてきました。

ドーナツタワーカット

ハンバーガーカット

ayane♛さん(@aynewd)がシェアした投稿

バウムクーヘンカット

ケーキカット バウムクーヘン 結婚式 演出 披露宴

鯛の塩釜開き

@chibimariko_netがシェアした投稿

32.鏡開き

日本古来から伝わるハレの日(おめでたい日)に行われる演出の一つで、和装を着るカップルが多く選んでいる、酒樽の蓋を木槌で割る演出のことです。
結婚式では、樽を二人がこれから築いていく家庭にみたてて「新たな家庭を開く」という意味で行われており、和婚がブームですから行う人が増えてきているようです。
結婚式 鏡開き 披露宴 和婚
鏡開きの後はゲストに枡酒を振舞いますが、これにも「喜びが増す」「幸せが増す」などの意味があるようです。二人がゲスト一人ひとりに枡酒を渡しながらテーブルラウンドをしたりゲストにお渡しするという演出も出来るでしょう。

お酒が飲めないゲストもいますから、飲めない人へはお酒の代わりにお菓子やジュースなどを入れる配慮をすると喜ばれるでしょう。

33.ケーキデコレーション

ウエディングケーキに関わる演出は様々ありますが、沢山のゲストに参加してもらえるケーキデコレーションは大人から子どもまで楽しめる演出として人気があります。

スポンジとクリームだけのウエディングケーキに、披露宴スタート前や中座の時間を使ってゲストにその名の通りデコレーションをして完成させる、という演出です。

Kanaさん(@k_wedding0225)がシェアした投稿

34.ラッキードラジェ

結婚式 ドラジェ プチギフト 披露宴
ウエディングケーキやデザートのケーキの中に、ドラジェなどをいくつか入れておいて当たったゲストにプレゼントを渡したりする演出で、海外では定番の演出です。
当たった人は幸せになれるというジンクスがあり、比較的簡単にできる演出ですので派手なことはしたくないけれど何かしたい、と言うカップルにオススメです。

また、ドラジェを中に入れるのではなくお皿や席札などに当たりのシールを貼るというアレンジも出来るでしょう。

34.デザートブッフェ以外の様々な○○ブッフェ

デザートブッフェはかなり定番演出となりましたが、派生系のアレンジブッフェが流行っています。特にお酒が好きなメンバーが多い場合などや、他の人と違うことがしてみたいという場合に選ばれているようです。

お茶漬けブッフェ

お茶漬けブッフェ 結婚式 演出 料理
出典:THE MAGNUS TOKYO ザ マグナス トウキョウ

お寿司ブッフェ

結婚式 披露宴 お寿司ブッフェ 演出 料理
出典:ALMALIEN TOKYO(アルマリアンTOKYO)

番外編①:フラワーブッフェ

食べ物ではないのですが、最近披露宴の卓上装花を来てくださったゲストに作り上げてもらう、「フラワーブッフェ」が話題となっています。
披露宴までの時間にゲストが参加できる、華美でない演出ですから、ゲストの一体感をつくりたいカップルにオススメです。

番外編②:お写真ブッフェ

小さい頃から今までのゲストとのお写真をたくさん用意し、裏にその一緒に映っているゲストへむけたメッセージを書き、写真のように会場に貼り出します。

来てくれたゲストに自分が映っている写真を見つけたら持って帰っていいよ、とアナウンスしてもらいますが、裏へゲストへのメッセージを書いておくとより感動度が増すでしょう。

ギフト系最新人気演出

35.ゲストが装花を持ち帰れるようにする

結婚式 披露宴 花 装花 プレゼント ゲスト 列席者
せっかくこだわって選んだ装花を、披露宴のあともゲストに幸せのおすそ分けとしてお渡しすして楽しんでいただく演出のことです。

事前の準備が必要ですから、必ず打合せのときに花の担当者に必ず「持ち帰れるように作って欲しい」旨相談をしておかねばなりません。
遠方から来ていて荷物が多かったり子ども連れのゲストですと、貰っても困ってしまう場合もありますから、あくまで「よろしければどうぞ」くらいのつもりでいると良いでしょう。

36.引出物宅配サービス

結婚式当日ゲストへは引出物をご自宅にお送りする旨のカードをお渡しし、後日引出物をお送りする新しいサービスです。手ぶらで帰ってもらえるので、おもてなしを重視している方に人気の演出だそうです。

用意するグッズでの最新人気演出

37.変り種ウェルカムボード

ウェルカムボードといえば「額にはいった絵画のような平面のもの」が一般的でしたが、最近は二人の好みやテーマに合わせたこのような変り種アイテムが沢山あります。

38.珍しい席札

ウェルカムボードと同じで、ペーパーアイテムも様々なアレンジがされています。
このような紙ではなくゲストがギフトとして持ち帰ることが出来るタイプのアイテムを選び、「引出物の3品目」とカウントする方も多いようです。

aya*さん(@wedding.0111)がシェアした投稿

39.プレ招待状(save the date)

欧米では定番な、結婚式の招待状の前に送る日程をお知らせするカードのことです。
一般的に招待状は結婚式の2ヶ月前くらいまでお送りしませんから、今までは直接会ったり手紙や電話、メールなどでその日程を事前に伝えておくことが一般的でした。

おしゃれなカップルが増えてきて海外の定番アイテムが日本にも伝わったこと、そして結婚式までの期間が昔は半年くらいだったのに1年くらいに延びていることから流行り出したといえるでしょう。
結婚式 プレ招待状
blessより引用

40.ウエディングツリー

人前式や披露宴で行われるゲスト参加型の海外から伝わってきたアイテムのことです。
定番なのは写真のようにゲストに指でスタンプを押してもらってサインを頂くという形のもので、その名の通り、ゲスト全員の指のスタンプが葉っぱとなり木が完成し、サインが結婚の承認の証となるわけです。
結婚式 ウエディングツリー 人前式
木の形だけでなく様々な形がありますし、スタンプの色で季節感を出すことも出来るようです。

41.エスコートカード

日本では受付で席次表を貰い、自分で席の位置を確認してもらい席についてもらう、と言うのが一般的な流れです。
エスコートカードは海外で一般的なアイテムで、受付で渡しておくテーブル番号が書かれたペーパーアイテムのことで、席札や席次表はなくその番号のテーブルのどこかに座る、というのが一般的です。
日本では自由に座ったり席次表がないというのは浸透していませんから、席札も席次表も(決まった席が)あった上でおもてなしアイテムとして効果を発揮しているようです。
結婚式 エスコートカード

42.インスタントカメラをおいておく

最近またインスタントカメラの人気が再燃していることから、演出として結婚式でもとインスタントカメラを置いておくカップルが増えてきています。
スマホやデジカメと違い味のある写真が撮れる事、一度撮ったら消せないことから思い出深い写真が撮れると話題です。
但し、ただテーブルにおいて司会が自由に撮ってください、と声をかけてもなかなか使ってもらえないということがありますから、各テーブルで代表者を決めて預けてしまうというのが演出としては良いでしょう。

それでは最後に、式場探しのプロであるHanayumeのスタッフに聞いた、お勧めの演出が出来る式場をご紹介しましょう。

Hanayumeスタッフに聞いたお勧めの演出ができる結婚式場14選

結婚式 演出 新郎新婦 ブライズメイド
ここまで、結婚式や披露宴で定番の演出と人気の最新演出をご紹介してきました。少しずつ結婚式にどんな演出をしたいのか、イメージが出来てきたのではないでしょうか。

ここでは、結婚式のプロである結婚式場検索サイトHanayumeのスタッフに聞いた、お勧めの演出ができる式場をご紹介します。

珍しい結婚式の演出が出来る式場

1.セレス高田馬場「天空人前式」:東京

星に誓う、をテーマに創られたセレス高田馬場オリジナルの人前式。二人の思い出の時間の星空を再現することが出来る、ロマンティックな演出の結婚式が叶います。
セレス高田馬場 結婚式 人前式 プラネタリウム

2.ザ・グランドティアラ一宮「挙式前に生い立ちムービーの上映」:愛知

教会の祭壇の前にスクリーンを出して、生い立ちの上映ができる珍しい演出が出来る式場です。
結婚式 グランドティアラ一宮 キリスト教式

料理のこだわり演出ができる式場

3.Le Timbre「世界に一つだけのエピソードレシピ」:愛知

結婚式に決まったメニューはなく、二人のメッセージやエピソードを添えたフルオーダーメイドの料理でゲストをおもてなしできます。
結婚式 メニュー オリジナル ハンバーガー

4.AILE d’ANGE NAGOYA「エンターテイメントフレンチ」:愛知

キッチンから生中継をしてシェフが披露宴で提供するメニューの食材を紹介したり、ゲストの目の前でパフォーマンスを行うなどライブ感とお料理への期待が高まる演出が出来ます。
結婚式 サプライズ 料理パフォーマンス

5.ホテルマリノアリゾート福岡「収穫ウエディング」:福岡

初めての共同作業をケーキカットではなくふたりで野菜の種まきをする、という披露宴で使う野菜をふたりが自ら育てる演出が出来ます。
その様子を写真と動画に収めて披露宴で紹介するようです。
結婚式 コース料理 メニュー

6.Yoshikawa Village「お餅つき」:愛知

二人の初めての共同作業を本格的なお餅つきでする演出です。料亭と言うこともあり、雰囲気も抜群です。
結婚式 餅つき 披露宴 演出

7.アヴァンセ リアン大阪「当日選べる料理」:大阪

定番のフレンチ、年齢問わず楽しめる和フレンチと2コース用意しておき、ゲストが披露宴会場の席についてから、まるでレストランで注文するかのようにゲストがその日の気分でコースを選ぶことが出来るというものです。

披露宴が始まる前からサプライズでおもてなしができる、料理にこだわりたい人にお勧めの式場です。
結婚式 選べる料理 メニュー アヴァンセリアン大阪

8.アニヴェルセル福岡シェフズガーデン「シェフズライブ」:福岡

前菜とスープ以外は、披露宴中好きな料理シェフが調理しているところにとりにいけるという演出です。年配の方など取りに行きにくい人へはしっかり配慮もあるので安心です。
結婚式 披露宴 料理 とりわけ メニュー アニヴェルセル福岡シェフずガーデン

オリジナルな入場演出が出来る式場

9.Notre Dame MARINOA「馬車入場」:福岡

チャペルから披露宴会場までは通常リムジンで移動となりますが、日本では本当に珍しい馬車での演出を選ぶことも出来る、この演出がしたくてこちらを選ぶ人もいるという式場です。
結婚式 馬車 入場
Notre Dame MARINOAより引用

10.ウエディングアイランドマリゾン「クルーザー入場」:福岡

福岡の全てが見渡せるこの立地だからこそ出来る演出です。その他ウッドデッキで海の風を感じながら行う海外ウエディングのような挙式も叶います。
結婚式 クルーザー 入場

11.鶴見の森 迎賓館「ボート入場」:大阪府

緑・水・光に包まれた本物の森だからこそ叶えられる森ウエディングが叶う式場。水辺から木製ボートにゆられて登場するボート入場は他にはないこの式場ならではの演出で大変人気だそうです。
結婚式 ボート入場 演出 オリジナル 鶴見の森迎賓館

その他おもてなし演出が出来る式場

12.八芳園「Story of Journey」:東京

最上階のFURUSATOフロアでは、ふたりの故郷を、式場のスタッフが地元などで撮影してきてくれて当日流すことができる、というムービー演出がスタートしており、大変評判が高いそうです。
結婚式 日本庭園 八芳園

13.FUMON-EN 八事の杜興正寺「菓子まき」:愛知

東海地方で古くから伝わる風習、嫁入りのときの近所の方へのご挨拶として、元々は新婦実家から出発時に行われていた演出で、今でも東海地方のほとんどの式場で行うことが出来ます。
こちらの写真映えする庭園での菓子まきは人気だと言うことです。
結婚式 菓子まき 演出 東海地方

14.THE SODOH HIGASHIYAMA KYOTO「五重塔をバックに親族写真」:京都

このロケーションだからこその演出がこれです。特にどちらかの実家が遠方の場合、かなり喜ばれる演出となるでしょう。
結婚式 秋 紅葉 五重塔

まとめ

この記事を読んで、結婚式の演出にはどんなタイミングでどんなものがあるかおわかりいただけたのではないでしょうか。

結婚式の演出にはこれといった決まりがありませんから、ここに書いていない演出も多数ありますし、お二人のアイディア次第でアレンジが可能なものばかりです。お二人がやりたいと思った演出をするのが正解だといえるでしょう。

ただ、こんなアンケート結果も出ています。

結婚式で残念に思ったこと
引出物・ギフト 27.0%
料理・ドリンク・ケーキ 24.8%
式場施設・アクセス 16.1%
新郎新婦との時間・結婚式の時間 15.4%
演出 14.6%
スタッフ 10.2%
新郎新婦の衣装 4.7%
手作りアイテム 3.8%
装飾・花 3.6%

ゲストは新郎新婦との会話や写真撮影など触れ合いの時間を楽しみに参列しています。二人よがりでなく、そのことを念頭において結婚式の演出を選んでみてください。

少しでも結婚式の演出についてイメージが固まり、やってみたい演出が見つかるようお祈りいたしております。

12/3まで】ブライダルフェア参加・式場見学で最大4万円分の電子マネーギフトが全員にプレゼント!

2018年12月3日(月)まで!

Hanayume(ハナユメ)では、人気式場のブライダルフェアを簡単に探すことができます。実際にブライダルフェアに参加して、結婚式へのイメージを膨らませてみてはいかがでしょうか?

さらに!今なら、ブライダルフェアへの予約・見学で、最大4万円分の電子マネーギフトが条件クリアで全員必ずもらえるキャンペーンを実施中です!
キャンペーン


詳細はこちら!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*