グアムの結婚式の魅力と平均費用!オススメ時期や人気チャペル3選

英語が話せなくても安心!グアムの結婚式・魅力と人気チャペルTOP3

グアムで結婚式をしたいけど、実際にチャペルを見て決めることも出来ないし、列席したこともないから情報があまりなく不安だと思っていませんか?

今回はグアムの結婚式について、詳しくご紹介します。これを読めば、グアムで結婚式をするかどうか、するとすればいつどこでしたらいいか判断できるようになるでしょう。

この記事をざっくり言うと・・・
・グアムの結婚式にかかる平均費用は189.3万円
・グアム結婚式のベストシーズンは11月で、雨季は6月~10月
・費用・安心感から海外挙式専門のプロデュース会社での手配がオススメ

式場探しの相談は、満足度98.3%のハナユメが断然オススメ!

結婚式場は数多くあるし、予算のたて方もわからず何から始めていいかわからないなら、ハナユメウエディングデスクでプロのアドバイザーに相談をしながら式場選びをすることをお勧めします!

さらにハナユメでは10/1までキャンペーンを実施中!ブライダルフェアに参加など条件クリアで、全員に最大35,000円分の電子マネーギフトがもらえます。また、相談デスクを利用すると追加で3,000円分!さらに式場ご決定で2,000円分の電子マネーギフトをプレゼント!

キャンペーンにエントリーして、お得にブライダルフェアに参加してみよう♪

近くのデスクを探す

目次

「安い近い短くていい」だけじゃない!グアムの魅力5つ

wedding-ceremony4

まずは「安・近・短」だけではないグアムのリゾート地としての魅力、そしてなぜグアムが海外結婚式でハワイに次ぎ人気があるのかについて探っていきましょう。

グアム結婚式のメリット

グアムで結婚式をされた方にお話を聞くと、

『距離が近いので祖父母にも参列してもらえて一生の思い出になった』
『グアムという開放的なリゾートで結婚式を行うことで、アットホームな結婚式になり両家の仲も深まった』
『国内の結婚式であれば行うべき膨大な準備が不要なのでストレスなく結婚式までの期間を過ごせた』

というような声を多く耳にします。

それでは実際具体的にどのようなところに魅力を感じてグアムでの結婚式を決めているのでしょうか。

1.国内よりも費用が安い!人数金額の平均は12.1名189.3万円

まず一つ目はグアム結婚式の費用です。国内の結婚式と比較すると、かかる費用の総額が安い点が魅力として挙げられます。

海外での挙式の場合、挙式・会食にかかる費用+ふたりの旅行費用が結婚式にかかる費用の総額の基本となります。

ゼクシィ 海外ウエディング調査2017によりますと、各項目の相場は下記の通りとなりました。

挙式費用平均 116.7万円
(挙式代・衣装代・撮影費用など)
会食費用平均 30.0万円
旅行費用平均 42.6万円
(新郎新婦分航空券代・宿泊代)

費用の総額平均は189.3万円であることがわかります。

ちなみに、グアム挙式の場合90.3%もの人が列席者がいたと答え、平均12.1名の列席者がいたことから、グアムの結婚式の相場は「12.1名189.3万円」だと言えるでしょう。

2.ハワイよりも近い!年配ゲストも安心

次の魅力はその近さだと言えるでしょう。日本主要都市からグアムへの飛行時間は下記の通りです。

区間 時間
成田~グアム 約3時間45分
名古屋~グアム 約3時間30分
関空~グアム 約3時間35分
福岡~グアム 約4時間
千歳~グアム 約4時間35分

ハワイが片道約7時間~9時間なので約半分の時間で行くことができます。長時間のフライトは年配ゲストには負担が大きいので大きな魅力と言えるでしょう。

ちなみに日本とグアムの時差は+1時間でハワイが-19時間ですから、グアムの場合は現地に到着してからも時差ボケに苦しむことなく過ごすことができます。ハワイは時差の関係で、2日間を移動日に充てなければなりません。

また、グアムは世界の名だたるリゾートの中でも、空港から中心地までの距離が短いことで有名です。空港から中心部までの距離は車で約15分ほどです。

日本から国内旅行感覚で行ける海外、とも言われるくらい、その距離の近さはメリットだと言えるでしょう。

3.準備日数が短くても大丈夫!

海外の結婚式はゲスト人数が少ないことが多いですし、選べるオプションが国内挙式に比べて多くないため、結婚式で決めるべき内容が国内の結婚式よりも少なく準備期間が短くても安心です。

司会者、フローリスト、音響など専門の担当者との打ち合わせもあり、国内の結婚式の場合は最低でも3回~5回の打ち合わせに行く必要があるのに対して、海外の結婚式はドレスフィッティングをあわせても必要な打ち合わせが1回~3回程度で可能で、準備日数が短くても安心です。

打合せサロンやドレスショップから遠いお住まいの方や忙しい方などは、挙式前日に現地で衣装あわせをすることもできます。

打合せはメールや電話でのやりとりだけでも可能です。

実際、ゼクシィ海外ウエディング調査2017によりますと、海外挙式済みの先輩カップルは平均7.1ヶ月前に挙式を決定したそうですが、11.6%の人が挙式決定から挙式まで、3ヶ月以内だったと答えています。(短い方はなんと、1ヶ月以内で叶えています。)

4.日本語が通じることがほとんど!

海外旅行は言葉が通じなくて不安だから、海外挙式が心配だと言う声もよく聞きます。実際グアムでは日本語が通じてコミュニケーションにさほど困らないことが多く安心です。

グアムの公用語は英語とチャモロ語ですがタモン中心部の主要ホテルやレストランには日本語を話せるスタッフが多く、レストランには日本語メニューが用意されていることも多いです。

実際筆者がグアムにいった際にも、こちらが英語で話しかけてもスタッフから日本語で話しかけられるという場面が何度もありました。

ただ郊外になると日本語が通じないので、グアムで通用度100%の英語が話せるとより安心です。しかしグアムは英語が話せなくても安心して結婚式を迎えられる体制が整っていると言って良いでしょう。

5.家族旅行も兼ねられるので思い出が沢山出来る

グアムは幅広い年齢層の方が楽しめる観光地がたくさんあります。

ホテル目の前に広がる遠浅の海でのマリンアクティビティ、ホテルや特設会場で夕食を食べながら伝統的なポリネシアンダンスが楽しめるディナーショー。

グアムでの買い物は消費税がかからないですから、ショッピングモールや巨大スーパーでのお買い物三昧もおすすめです。

行きやすいからこそ子供が生まれてから再び家族で思い出の場所に訪れることも可能です。

参列者にとっても、短い日数で海外旅行を満喫することができ、一生の思い出を作ることができるでしょう。

グアム結婚式のデメリット

ここまで見ると、海外での結婚式には完璧な場所にも思えるグアム。もちろんデメリットが全く無いとはいえません。

ここからはそのデメリットについて深く掘り下げていきましょう。

1.ご祝儀があまり見込めないので、自己負担金額が多くなることも

グアムだけではなく、海外での結婚式は、ゲストからのご祝儀をお断りする代わりに旅費をご自身で負担いただくケースが多いです。

そのため海外での結婚式は『費用総額=自己負担』だと言えます。

結婚式の費用総額からご祝儀金額を差し引いた平均自己負担が、国内結婚式の場合平均127.4万円であるのに対し、先ほどご紹介した挙式・会食費用の総額が146.7万円が平均となりますから、データからも国内挙式より自己負担金額が多いと言えるでしょう。

2.事前にチャペルや会場を見て決めることができない

こちらもグアムだけではなく海外の結婚式に言えることですが、式場を決める段階で式場や会食会場を見学するケースはまれだと言えます。

実際は、決定の段階で現地に行けば国内の式場のようにチャペルの見学も会食会場の見学も現地でアレンジをして頂けます。

ただ、物理的に時間もお金もかかりますから事前の下見をする方はほとんどいないと言っていいでしょう。

国内の結婚式であればほぼ100%、実際に会場に下見に行き、ロビーやチャペルなど会場設備の確認、料理の試食、スタッフの対応についても確認をし、納得をした上で最終決定をするという流れになります。

海外ウエディングの場合には、実際の結婚式の映像やお写真、パンフレットなどを見て会場を決める流れになります。

ちなみに、海外ウエディング専門プロデュース専門会社のウエディングプランナーや大手旅行会社の特定店舗のスタッフであれば、実際に会場を見に行っている方が多いので、細かい希望や設備面への不安がある場合には事前に質問事項をリストアップして質問してからの決定がおすすめです。

3.ゲストの旅費の負担や旅行手配の調整が大変なことも

グアムは日本に近い海外であるとはいえ、日帰りができるような場所ではありません。

短くとも2泊3日は、ゲストに仕事や都合を調整して日程を確保して貰う必要があります。

また、ゲストの旅費においては自己負担でお願いすることが多いため、家族全員で参列する場合には前もって大きな出費を想定していただいておく必要があります。

絶対に参加していただきたい親族や友人がいる場合には早めに日程の打診をしておくといいでしょう。

また、旅慣れていない参列ゲストがいる場合はツアー申し込みのアレンジをしたり、現地アクティビティや食事の手配などもする必要が出てくる可能性もあります。

自身の結婚式の準備だけではなく、ゲストに多く気を配らなくてはならない為負担に感じる方もいるかもしれません。

実際グアムで挙式をした先輩カップルのうち93.5%もの人が列席者全員分又は一部の列席者分の旅行手配をしたと答えています。

ここまでグアム挙式のメリットデメリットについてご紹介してきました。次は、オススメの結婚式の時期をご紹介します。

11月が人気No.1!グアム結婚式のベストシーズン

結婚式 グアム 街並み ウエディング ビーチ ホテル

グアムでの結婚式は、いつが人気なのでしょうか?

1年のうちで結婚式を行う人が多いのは11月で、昨年は21.6%もの人が挙式を行ったそうです。現地の気候を考えると1年のうちで乾季にあたり、降水量や湿度も低く過ごしやすい11月~5月は、海の透明度も高い時期です。

せっかくの結婚式であれば雨ではなく晴れる確率が高い時期に挙げたいところではないでしょうか。

海外挙式の場合は旅費が大きく費用総額を左右し、その旅費は時期により大きく変動します。

年末年始を避けた11月から12月中旬や1月後半~2月春休み明けの4月上旬以降は安くなり、特に11月はグアム挙式にの人気の時期となっています。

ただ人気の時期はその分混みあい、予約が取れないこともあるので早めに空き状況の確認と旅費の比較検討をしていくことがおすすめです。

グアムの雨季は6月~10月!特に7月8月は注意

乾季があるということは雨季もあります。

11月から5月の雨が少ない乾季と6月から10月の雨季に分けられ、特に7月と8月は雨量が多く、更に7月から10月までは台風シーズンのため注意が必要です。

気温の変化は少なく最高気温は約32℃、最低気温は約21℃の亜熱帯性気候で年中夏服で過ごせる常夏の島です。
*地球の歩き方より平均気温数値引用 

1年を通して結婚式の料金は基本同じ!旅行費用がカギ

結婚式の金額は季節によって大きな変動はありません。そのため旅行費用をいかにお得にできるかが費用を抑える重要なポイントとなってきます。

グアムの時期によるツアー代金最安値変動の相場は下記の通りです。(トラベルコ調べ 2017/07/07(金)時点)

グアム 旅行代金 比較
※青:東京発、緑:大阪発、オレンジ:名古屋発、紫:福岡発

夏休みやゴールデンウィーク、年末年始など人気の時期は旅行費用が高額になります。

更に滞在中に土日をはさむ場合は費用が高く、滞在が平日のみであれば安くなりますから、ゲストが皆平日にお休みを取れるようであれば挙式の日時を平日に設定することもカギとなるでしょう。

そして、同日程でも飛行機の出発時間によって滞在時間が変わってきますから、深夜日本出発・早朝グアム出発の組み合わせだと最も安くなります。

それから、便数が多い都合上成田発着の方が他地方空港出発よりも費用が安いという事実もあります。

体力や日程に余裕があり費用を抑えたいという方は、国内で乗り継ぎをして成田-グアム便を利用すると言うのも費用を抑える一つの方法でしょう。

また、パッケージツアーやホテル・航空券の予約するタイミングによっても金額が変動します。

航空券のみ予約するには早めの予約が「早割」がつかえて安くなりますが、ツアーやホテルの予約の場合は、「直前割引」の方が断然金額が安くなりますので覚えておくと良いでしょう。

更に旅行費用で気になるのは、列席者の費用負担をどのくらいすればよいのかということではないでしょうか。

ちなみに、先輩カップルはグアム挙式の際、19.6%の方が列席者の全額旅行費用を負担したとこたえており、一部を負担した人は39.1%、全く負担しなかったと言う人は37.0%だったと答えています。

旅行費用は負担しないがその分ご祝儀をいただかないようにする、など考えはカップルごとにより異なりますが、招待された側としても旅行費用がネックになることは間違いないですので、早めに自分たちとしてはどうしたいのかを両親や親族と対応を検討しておくのが良いと言えるでしょう。

それでは、実際グアムで結婚式をするパターンはどのようなものがあるのかご紹介しましょう。

グアムで結婚式をするパターンはこの3つ

「グアム結婚式」とひとえに言っても、その種類は様々です。大きく3つのパターンに分けてご紹介します。

1.一番多いのはこれ!結婚式+会食でゲストをおもてなし

グアムで挙式した先輩カップルの94.1%が挙式後に会食をしたと答えています。

そのうち、チャペル併設の会食会場で行った人が45.8%、それ以外のホテルやレストランで行った人が50.1%だったそうです。

国内の挙式の場合もそうですが、結婚式とその前後の時間だけだと1時間ほどで終わってしまい、せっかくお越しいただいたゲストと歓談したり写真を撮る時間も少なくなってしまいます。

実際先輩カップルが会食を実施した理由も

・親や親族に感謝の気持ちを伝えるため 70.8%
・親や親族に楽しんでもらうため 64.6%
・友人などに楽しんでもらうため 22.9%

という結果がでています。

せっかく遠方まで来ていただいたゲストを存分におもてなしするために、挙式後の会食を実施している方が多いと言えるでしょう。

2.ゲストが少なければ結婚式のみのパターンも

ふたりだけで挙式の場合や、会食時間をとることでゲストの観光の時間が減ってしまうことを考慮し、会食を実施しないパターンも勿論あります。

もし当日時間的制約があり開催が難しい場合は、前日にディナーやランチに招待したり、日本でお礼の食事会を開いたりしても良いでしょう。

ふたりだけで挙式の場合は、その分衣装を着ての撮影できる時間が増えますから、ゆっくり撮影オプションを追加するのもいいですし、挙式後の余韻を存分に楽しんで豪華ディナーを楽しむのも良いのではないでしょうか。

実際、挙式とは別にフォトツアーを行ったカップルは74.5%もいたということです。

3.費用が気になるならば、撮影のみのパターンも可能

先ほどご紹介したとおり、グアムの挙式関連費用の平均は116.7万円です。正直そこまでは出せないけれども写真だけは撮影したいという人も多くいるようです。

海外ウエディング大手のワタベウエディングですと、10.6万円から可能なフォトウエディングのプランがあるようです。(2017年8月現在)

▽ワタベウエディングのグアムフォトウエディング
https://www.watabe.com/Detail/MIC/GUM/20170819/PCKG/PKGP/HMPP/MGPKG17P001/1

また、安い会社ですと更に安い費用で可能な場合もあります。ただ、費用が安い会社の場合、ドレスの保管状態やカメラマン・美容スタッフの質が低いなどと言う声も聞くことがありますので、現地でチェックが出来ない分利用者のクチコミをしっかり調べる必要があるといえるでしょう。

いずれの場合も、選べる衣装や含まれている写真データの枚数・仕上げなどに制限がありますので結果費用が高額になるケースもあります。注意をして比較をし、検討する必要があると言えます。

それでは、グアムで結婚式を行うにはどのくらいの日数休みをとる必要があるのでしょうか。

旅行日程3日間はお勧めできない!楽しむなら4日間以上の日程が必要

国内旅行と同じ、あるいは国内よりももっと身近にいけるグアム。短い日程でも旅行できるのがグアムの魅力なので旅行だけであれば2泊3日で行くことだって勿論可能です。

ですが結婚式も兼ねての旅行ということであれば、おすすめは3泊4日以上です。

実際、グアム挙式を挙げた先輩カップルの平均旅行日数は5.3日だったという結果もでています。

よくある滞在スケジュール例をご紹介しましょう。

グアム 結婚式 ウエディング スケジュール

グアムの観光地としての魅力は3つ

1.アクティビティ

定番のマリンアクティビティは勿論、スカイダイビング、セスナ体験などのチャレンジアクティビティ、手つかずのジャングルを冒険するなど陸・海・空の楽しみ方が可能です。

ちなみに、これらをまとめて体験できるグアム屈指の人気スポットは、『ココ・パーム・ガーデン・ビーチ』です。

グアムで一番美しいと言われるプライベートビーチでマリンアクティビティとジャングルの探索ツアーも楽しめます。周辺にはホテルや大型施設がないので、のんびりと南国の自然が楽しめる隠れ家スポットです。

2.ショッピング

グアムはお買い物天国と言われており、輸入関税・消費税もかからないため有名ブランドも日本より断然安く手に入ります。お気に入りのブランドがあれば複数あるショッピングスポットを回りながらお買い物を楽しめます。

また、海外ならではの大型スーパーへも主要旅行会社のトロリーバスでは停車してくれるので、食品やおもちゃ、子供服やお土産なども安く手に入れることが出来ます。

3.グルメ

特に本場のシーフードとステーキは味わっておきたいところでしょう。

美しい海を眺めながらのロマンチックな食事も、伝統的なポリネシアンダンスを見ながらの楽しいお食事も、グアムらしさを存分に味わっていただけます。

このような見所満載のグアムを思い残すことなく楽しむのであれば、結婚式の日以外にも2日は欲しいところです。
それでは実際グアム挙式をすると決めたら、どのように手配をすればよいのでしょうか。

グアムの結婚式を申し込む方法3選

これまでの内容を見てグアム結婚式挙げてみたい!と思われた方、そもそもグアムの結婚式はどうやって申し込めばいいの?と思われているのではないでしょうか。

申し込みの方法は下記3通りあります。

1.海外ウエディング専門プロデュース会社で申し込む

海外ウエディングの申込みは、海外ウエディング専門プロデュース会社で申し込む方法が一番おすすめです。

主な海外ウエディング専門プロデュース会社
ワタベウエディング https://www.watabe-wedding.co.jp/resort_wedding/guam/
アールイズウエディング https://www.arluis.com/fair/guamhaya/?wapr=599e2db0
クチュールナオコ http://www.couture-naoco.com/resort/guam/

おすすめする理由は2つあります。1つ目は実際にチャペルを所有又はプロデュースしている会社のウエディングプランナーと打合せを行うことが可能ということです。

特にグアムの挙式の場合、現地で実際式場をチェックすることも難しく、情報も国内の結婚式に比べて少ないため不安が多いことでしょう。

その点、結婚式は専門知識を持ったウエディングプランナーにお任せするのが安心だと言えます。

おすすめする理由の2つ目は費用です。直接申し込みだからこそ選べるプランやオプションがたくさんあり、特典や値引きも一番大きくなることが多いため費用面でも安心です。

ちなみに、旅行手配についても相談に乗ってくれ、特定のツアー会社であれば申し込みも同時に行えると言うメリットもあるようです。

2.旅行会社で結婚式も申し込む

旅行会社で結婚式も申し込む方法もあります。

主な海外ウエディング取り扱い旅行会社
JTB http://www.jtb.co.jp/wed/guam/ 
HIS http://www.his-wedding.com/micronesia/chapel 

旅行と合わせて手続きができ、一括での支払いができる点はメリットとなりますが、費用としては直接海外ウエディング専門プロデュース会社に申込むよりも高くなるようです。

また打合せや衣装合わせなどは、選ぶチャペルによっても異なりますが、そのチャペルのプロデュース会社のサロン・提携ドレスショップで行うことが多いようです。

ただ、基本的な窓口となるのは旅行会社となるため、打合せの担当者が細かい知識があまりなく不安に感じることもあるでしょう。

近くにプロデュース会社のサロンがなく相談先がない方や、旅行会社の会員・特別な割引を受けられる場合、またあまりこだわりがなく細かい確認が必要ではないという方は検討すると良いでしょう。

3.ネットの手配会社を利用する

最終手段はインターネットのみで手配を行っている会社を利用することです。

実店舗がない分費用が安いと言うメリットはありますが、いざというときのフォロー面などに心配だと言う声をよく聞きます。

事前質問や確認が対面では出来ないため、最終の決定に至るまでには細心の注意が必要です。

どうしても打合せに時間が取れない方、グアムに行き慣れた方費用を重視されたい方に選ばれているようです。

それでは最後に、魅力いっぱいのグアムで人気のチャペルをご紹介します。

グアム結婚式の人気チャペルランキングTOP3

グアム 恋人岬 結婚式 ウエディング

グアムには魅力的なチャペルがたくさんあります。中でも現在の人気ランキングをご紹介します。(ランキング順位はゼクシィより引用)

No.1 ブルーアステール

特徴

・目の前がビーチとなっており、挙式後列席者とのビーチ撮影が可能
・神聖な雰囲気の真っ白な建物です
・チャペル内は全方向ガラス張りで明るい光に満ちあふれ、祭壇の向こう側には青い海と広い空が広がっています

プロデュース会社

ワタベウエディング

アクセス

住所 Chamorrita Wy, Tumon, Guam 96913
空港より車で約15分 ワタベウェディンググアム店より車で約5分

併設会食会場

あり

その他詳細

式場詳細はこちら

No.2 ジュエル・バイ・ザ・シー アット ハイアット リージェンシー グアム

特徴

・”海辺の宝石箱”という名にふさわしいグアムでもっとも美しいチャペルだと言われている
・ビーチフロント、ビーチ目の前の立地でグアムの海を一望できる
・人気ホテル・ハイアットリージェンシー内の立地なので列席ゲストが多くても移動が楽

プロデュース会社

アールイズ・ウエディング

アクセス

住所 1155 Pale San Vitores Road, Tumon, Guam 96913
ハイアット リージェンシー グアム内

併設会食会場

あり

その他詳細

式場詳細はこちら

No.3 セント・プロバス・ホーリー・チャペル

特徴

・高台の上にあり、周りに何もないので海を見下ろせる厳かな雰囲気のチャペル
・挙式中の姿がバージンロードに美しく映り込み、フォトジェニックな写真を残すことができる、バージンロードが特徴
・目の前はビーチではないが、その分海を近くに感じることができるロケーション

プロデュース会社

ワタベウエディング

アクセス

住所 202 Hilton Road, Tumon Bay, Guam 96913 (ヒルトングアムリゾート&スパ内)
空港より車で約20分、ワタベウェディンググアム店より車で約10分

併設会食会場

あり

その他詳細

式場詳細はこちら

まとめ

いかがでしたか。今回はグアムの結婚式についてご紹介しました。

要点をまとめると・・・
・グアムの結婚式にかかる平均費用は189.3万円
・グアム結婚式のベストシーズンは11月で、雨季は6月~10月
・費用・安心感から海外挙式専門のプロデュース会社での手配がオススメ

この記事を参考に、グアムの結婚式への一歩が踏み出せるができると良いでしょう。

【デスク相談】ブライダルフェア参加・式場見学で最大4万円分の電子マネーギフトが全員もらえる!

10月1日まで!

Hanayume(ハナユメ)の無料相談デスクでは、お二人の予算や結婚式のイメージからピッタリな結婚式場をご紹介!予算が決まっていなかったり、イメージが固まってなくてももちろん大丈夫。

さらに、ブライダルフェアへの参加をされた方を対象に最大4万円分の電子マネーギフトが条件クリアで全員必ずもらえる!キャンペーンを実施中です!
デスク




詳細はこちら!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*