結婚式 友人 新郎 ウエディング 

これで解決!結婚式に招待するゲストの平均人数と人数別の費用!

結婚式について気軽に聞ける!結婚が決まったらまずは無料相談

結婚式を挙げるとなると、まずは大まかな人数を決めると思いますが、一体どのくらいが平均の人数なのでしょうか。

また何人と聞いても、その人数の結婚式がどんな規模で特徴があるのかイメージができない方が多いでしょう。

そこで今回は結婚式の平均人数や、人数別で結婚式の雰囲気や平均費用についてお伝えします。

これを読めば、自分たちの結婚式で何人ゲストを招待するかや、ゲストの人数への不安が吹き飛ぶことでしょう。

この記事の内容をざっくり言うと・・・
・結婚式に招待するゲストの平均人数は67.3人
・ゲストの平均人数は地域によっても差がある
・招待するゲストを決める際のポイントは3つ

式場探しの相談は、満足度98.3%のハナユメが断然オススメ!

何から始めていいか分からないならハナユメウエディングデスクでプロのアドバイザーに相談しよう
ご希望に合った式場の提案
や、予約の代行などお二人を完全サポート!

また、1年前から式場探しを始める人が多く秋は人気シーズンです!そのため、この時期は結婚式場が混み合うので、早めの結婚式場探しがオススメです!

ハナユメでは10/31(木)まで、ブライダルフェアに参加など条件クリアで全員に最大4万円分の電子マネーギフト+指輪がおトクになるクーポンがもらえるキャンペーンを実施中!

まずは、お近くのウエディングデスクを予約してみよう♪

\相談無料!全国11店舗に展開/

今すぐ近くのデスクを探す

結婚式に招待するゲストの平均人数は67.3人!


結婚式を挙げると決めたらまずすることの一つに、招待ゲストを決めることが挙げられるでしょう。

結婚式のゲスト人数に決まりはなく、多ければいいわけでも、少なくて引け目を感じることもありません。

とはいえ、先輩カップル達の平均はどれぐらいなんだろうと気になる人は多いでしょう。

披露宴・披露パーティに招待するゲストの平均人数は67.3人とのことです。(以下、全てハナユメ調べ)

この平均人数を聞いて、「意外と少ない!」「そんなに呼ぶの?」など、感じ方は人によって様々でしょう。

そして、全体の割合としては以下のような結果がでています。

やはり平均に近い50~80人の割合が多くなっていますが、30人未満の割合も15%以上になっておりアットホームな結婚式を希望する人も多いようです。

人数 割合
30人未満 16.2%
30~40人未満 8.1%
40~50人未満 7.1%
50~60人未満 12.2%
60~70人未満 10.4%
70~80人未満 14.1%
80~90人 8.9%
90~100人 7.6%
100~110人 5.8%
110~120人 2.5%
120人以上 6.8%

\条件クリアで最大4万円プレゼント/

ブライダルフェアを探すならこちら

地域によって大きく差のあるゲストの平均人数

また、地域によってもゲストの平均人数に差があるようです。

地域別のゲストの招待人数 人数
関東エリア 64.3人
東海エリア 60.4人
関西エリア 59.8人
九州エリア 85.2人

ゲストの平均人数が最も多かったのは、九州エリアで85.2人となり、全体の平均人数と比較すると、17.9人も多いです。

反対に、ゲストの平均人数が最も少なかったのは、関西地方で59.8人です。

全体の平均人数と比較すると、7.5人少なく、最も多い地域との差を比較すると、25.4人と大きな開きがあります。

地域性ももちろんあることなので、自分たちが結婚式を挙げるエリアはどのくらいの平均人数なのか知っておくのもいいでしょう。

ここまで結婚式のゲストの平均人数についてみてきましたが、次の章では、ゲストの人数を決める基準や大人数になった場合の対応法について紹介します。

\なんでも相談!全国11店舗に展開/

無料相談デスクの詳細チェック

人数別での結婚式の特徴や雰囲気をご紹介!

結婚式に招待するゲストの平均の人数をご紹介しましたが、その人数の結婚式がどんな特徴でどんな雰囲気か中々イメージが付かない人も多いでしょう。

ここでは、下記の3パターンについて紹介します。

・家族のみのアットホームな10人の結婚式
・職場関係の人は招待せずに家族や友人がメインの40人の結婚式
・お世話になっている職場の人や友人を招待した70人の結婚式

\条件クリアで最大4万円プレゼント/

ブライダルフェアを探すならこちら

家族のみアットホームな10人の結婚式

10人規模の結婚式だと、家族や親族のみの結婚式になりとてもアットホームな結婚式になるでしょう。

少人数なのでゆっくり食事ができるので、ゲスト一人ひとりに細やかな対応ができるところが魅力といえます。

さらに、少人数な分準備が楽におこなえたり、費用もかなり抑えることができます。

アットホームな結婚式をしたい方や、人前が苦手という方にはおすすめです。

家族のみの結婚式について知りたい人は下記をご覧ください。

職場関係の人は招待せずに家族や友人がメインの40人の結婚式

家族や親族、仲の良い友人数名を招待するとこれくらいの人数になるでしょう。

10人規模の結婚式同様、アットホームな雰囲気もありつつ友人からのスピーチや演出なども取り入れられることが出来ます。

ゲストとの時間も大切なしながら、おもてなしもしっかりとできるでしょう。

お世話になっている職場の人や友人を全員招待!70人の結婚式

先ほどからお伝えしておりますが、平均の人数に1番近いので一般的な規模と言えるでしょう。

ニーズが多いので対応している会場も多く、二人の希望に沿った結婚式にできるでしょう。

次の章では、ゲスト人数毎の平均的な費用についてもご紹介しておきましょう。

\条件クリアで最大4万円プレゼント/

ブライダルフェアを探すならこちら

人数別!結婚式にかかる平均費用とは

結婚式 お金 費用 料金 ウエディング
結婚式の費用は、全てふたりで負担しなくてはいけないわけではなく、ご祝儀や親からの援助金もありますが、やはり最終的にいくらくらいかかるのかというデータは、知っておいても損ではありません。

人数の増減により金額が大幅に変わりますし、エリアごとに金額の差がありますので、ここでは先輩カップルの結婚式の最終的な費用相場をゲスト人数・エリア別に算出してみました。

エリア ゲスト 平均費用(最終額)
首都圏 30人 191.4万円
40人 216.2万円
50人 267.6万円
60人 308.0万円
70人 351.2万円
80人 417.3万円
東海エリア 30人 182.6万円
40人 209.2万円
50人 247.3万円
60人 285.7万円
70人 331.4万円
80人 374.8万円
関西エリア 30人 178.2万円
40人 203.1万円
50人 240.2万円
60人 279.0万円
70人 327.6万円
80人 362.3万円
九州エリア 30人 151.6万円
40人 182.9万円
50人 223.4万円
60人 267.7万円
70人 305.8万円
80人 346.0万円

※ハナユメ調べ(各条件で10会場の最終請求書の総額平均から算出)

いただけるご祝儀の額などを考えても、自己負担する金額が最終的に出てくる人がほとんどです。また、料理など人数により金額が大きく変動する項目のランクアップをすると、人数が多ければ多いほど最終的な自己負担額が増えと言えます。

上記最終金額の平均を頭に入れ、ゲストの人数を決める際の参考にすると良いでしょう。

それでは最後に、ゲストの顔ぶれをスムーズに決めていく方法をご紹介しておきましょう。

\条件クリアで最大4万円プレゼント/

ブライダルフェアを探すならこちら

迷ってる方必見!招待するゲストをスムーズに決める方法3選!

結婚式 新郎新婦 ゲスト
ゲストを決める際に「誰を呼ぼう?」「どういった基準でゲストを選べば良いのかな?」など、誰を招待するかということに頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。

これから紹介する3つのポイントを抑えることができれば、誰を招待すれば良いかに迷うことはなくなるでしょう。

1.ふたりがどんな結婚式にしたいか決めておく

結婚式をする際には、まずどんな結婚式にしたいかを新郎新婦ふたりで決めておきましょう。

「楽しい結婚式にしたい!」「感動的な結婚式にしたい!」などふたりが大切にしている思いや理想の結婚式のイメージがあるはずです。そのイメージをもとに、親族や友人、仕事関係者などメインとなる客層をピックアップすると良いでしょう。

また、ふたりの思い描く理想の結婚式にするためには、招待するゲストの力が必要な場合があります。感動的な結婚式にしたい場合は、特に思いの強い友人やお世話になった恩師にスピーチを頼むこともあるでしょう。

どんな結婚式にしたいか、そして結婚式で何をしたいのかを明確にし、そのイメージに合ったゲストを招待することが、理想の結婚式への第一歩です。

\条件クリアで最大4万円プレゼント/

ブライダルフェアを探すならこちら

2.それぞれの両親と結婚式について相談する

友人 家族

結婚式に誰を呼ぶかについては、お互いの両親にもしっかり相談しておきましょう。

特に親族に関しては、過去にお世話になっていながらも疎遠になってしまっている人や今後の付き合いや人間関係も踏まえて、呼ぶべき人の漏れがないかをチェックしてもらいましょう。

そして、両親は結婚式を挙げた先輩でもあります。ゲスト選びの大変さや気を付けたほうが良いことについても分かっているので、経験者だからこそ分かる貴重なアドバイスをしてくれるはずです。

呼んだほうが良い人、逆に呼ばないほうが良い人の特徴についても把握しているでしょうから、ゲスト目線の意見としてもしっかり聞いて、ゲスト選びの参考にしましょう。

ちなみに、新郎新婦の両家のゲストのバランスについても気になる方は下記記事をチェックしてください。

3.式場の収容人数を必ずチェックしておく

先ほどもお伝えしましたが、ゲスト選びには、式場の収容人数を前もってチェックしておくことは非常に重要です。

「式場の雰囲気が素敵だから」「立地が良いから」という理由だけで決めてしまうと、いざゲストに招待状を出す段階になって、式場が狭すぎたということになりかねません。

式場を見学する段階で、明確なゲスト人数をイメージできている人は少ないようです。

後からバタバタあわてて再度式場を探したりしなくて良いように、式場を決めるまでに具体的にその段階でのメンバーを確認し、人数にあった式場を選ぶ必要があると言えるでしょう。

\条件クリアで最大4万円プレゼント/

ブライダルフェアを探すならこちら

どの範囲のゲストを呼ぶか迷ったら、ハナユメに相談がオススメ!

パソコン
家族だけの結婚式にしようか、大人数の結婚式にしようか迷っている人も多いでしょう。

もしふたりでは結論が出なければ、第三者であるプロの意見やそれぞれのメリットデメリットを把握して結論を出すと良いでしょう。

特にハナユメの相談デスクは利用者満足度も高く、オススメです。

\なんでも相談!全国11店舗に展開/

無料相談デスクの詳細チェック

ちなみに、プロのアドバイザーに結婚式無料相談ができるハナユメウエディングデスクの所在地はこちらです。

デスク一覧関東

まとめ

いかがでしたか。今回は結婚式に呼ぶゲストの平均人数について紹介しました。

要点をまとめると・・・
・結婚式に招待するゲストの平均人数は67.3人
・ゲストの平均人数は地域によっても差がある
・招待するゲストを決める際のポイントは3つ

この記事を参考に、ふたりにとって大事なゲストを招いた素敵な結婚式を叶えられるといいでしょう!

フェア参加で最大4万分の電子マネーギフトが全員もらえる!

ハナユメ|ブライダルフェア 人気の式場で試着&試食

2019年10月31日(木)まで!

Hanayume(ハナユメ)では、人気式場のブライダルフェアを簡単に探すことができます。実際にブライダルフェアに参加して、結婚式へのイメージを膨らませてみてはいかがでしょうか?

ブライダルフェアに参加など条件クリアで全員に最大40,000円分の電子マネーギフトがもらえるキャンペーンを実施中です!

Manual結婚準備マニュアル