家族・親族のみの結婚式に注目!費用から成功のポイントまで徹底解説

家族・親族のみの結婚式に注目!費用から成功のポイントまで徹底解説

式場迷子さんにオススメ!人気式場ランキングを今すぐcheck!

「家族だけの結婚式」は、30人以下で行う少人数結婚式のひとつ。

「今だからこそ、大切な家族とアットホームに時間を過ごしたい」「大切な人にしっかり感謝を伝えたい」などの想いから「家族だけの結婚式」「少人数結婚式」を希望する人も多いのでは。

withコロナ時代に注目される少人数の結婚式には、「大切なゲスト一人ひとりとしっかりコミュニケーションが取れる」「アットホームな雰囲気の結婚式ができる」など、多くのメリットがあります。

今回は、筆者が結婚式場紹介サービス「ハナユメ」の結婚式のプロ経験を基に、家族だけの結婚式の内容や演出、スタイルなどをご紹介します。

これを読めば「家族だけの結婚式」について全てわかり、理想通りの「家族だけの結婚式」を挙げられるでしょう!

この記事の内容をざっくり言うと…
・家族だけなど、ゲスト数30人未満で結婚式をした人は全体の38.9%
・挙式のみや食事会など、結婚式スタイルごとに費用相場を紹介
・家族だけの結婚式を成功させるコツは事前の相談がポイント!

結婚式のプロに無料相談!
選べる4つの相談サポート♪

50,000

Hanayume(ハナユメ)の無料相談サポートでは、店舗・オンライン・LINE・電話の4つのサポート方法で相談を受付中!
・コロナ禍で結婚式準備をどう進めたらいいかわからない…
・費用を抑えるにはどうしたらいいの?
そんなお悩みを、結婚式のプロに相談してみませんか?
オンラインでの相談は、当日予約もOKLINE電話なら予約の必要もないので、思い立ったらすぐに相談できます!

完全無料!相談はこちら

家族だけの結婚式に注目が集まっている!30人未満で結婚式をした割合は38.9%

ハナユメで取得したアンケートによると、結婚式に招待したゲスト数が30人未満だった人の割合は38.9%でした。

10人未満 10.9%
10~20人未満 14.2%
20~30人未満 13.8%
30~40人未満 8.4%
40~50人未満 10.0%
50~60人未満 10.9%
60~70人未満 8.0%
70~80人未満 6.3%
80~90人未満 3.4%
90~100人未満 4.2%
100~110人未満 3.8%
110~120人未満 2.9%
120人以上 3.4%

30人以下の少人数結婚式には、親しい友人などを招待した結婚式なども含まれますので、家族だけの結婚式に限定すると実際はもう少し低い割合でしょうか。

とは言え、近年はアットホームな結婚式や新型コロナ感染症予防のため三密を避けた結婚式に注目が集まっており、少人数の結婚式をする人は増えてきているようです。

家族・親族のみの結婚式にした理由には、次のようなものが見受けられました。

  • 目立つのが好きではないから(44.9%)
  • 費用をおさえられるから(39.5%)
  • アットホームな雰囲気の結婚式をしたかったから(39.5%)
  • 妊娠中の結婚式だったから(15.0%)
  • 呼びたい友達がいなかったから(12.6%)
  • 子どもが生まれた後の結婚式だったから(3.6%)

また、新型コロナウイルス感染症のパンデミック後は、感染リスクを考慮した結果、家族だけの結婚式を選択するという人も見受けられます。

少人数の結婚式特集を見る

家族だけの結婚式によくあるゲスト例

「家族だけの結婚式」は、親兄弟しか招待しない結婚式というわけではなく、「関係の近い親族」まで含めているケースも。よくあるゲスト例をみてみましょう。

新郎新婦+双方家族(6~12名前後)

新郎新婦+家族・親族(10~25名前後)

withコロナでは、ソーシャルディスタンスを保つために家族のみの結婚式に対応してくれる会場も増えています。しかし、全ての会場で少人数の結婚式ができるわけではありません。

「○名以上~」「~○名まで」など、挙式・披露宴会場に人数制限がある場合がありますので注意が必要です。(特に20名以下の場合、行える式場がかなり限られます。)

ただし、会場の人数制限にゲストが満たない場合でも、選ぶ日時(時期や日柄)によっては相談に乗ってくれることもありますので、諦めずに式場のスタッフに相談してみるとよいでしょう。

次の章では、家族・親族だけの主な結婚式スタイルと費用相場についてご紹介します。

家族だけの結婚式スタイルは主に4つ!スタイル別の費用相場

家族だけの少人数結婚式にはどういったスタイルがあり、どれくらいの費用がかかるのでしょうか。4つのスタイルごとにご紹介しましょう。

1.「挙式のみ」スタイル
2.「挙式+会食」スタイル
3.「会食のみ」スタイル
4.「写真婚」スタイル

1. 結婚式のセレモニーだけを行う「挙式のみ」スタイル

【費用の相場】
・10万円~30万円(式場によっては数万円で可能)
【こんな人にオススメ】
・ゲスト人数が少なく、挙式日時の融通が利く人
・とにかく費用を抑えたい人

最もシンプルなこのスタイルは、新郎新婦が愛を誓い、指輪を交換するセレモニーのみを行います。挙式スタイルは問わないため、教会式はもちろん人前式、神前式なども行えます。

通常の結婚式よりも費用をかなり抑えることができ、打ち合わせ回数も少ないのが特徴。

しかし、挙式のみの結婚式を受け付けていない式場もあるため、希望の結婚式場がある場合は注意が必要です。

2. 結婚式の後にゆっくりと余韻を楽しんで会食をする「挙式+会食」スタイル

【費用の相場】
・6名で60~80万円、20名で100~120万円
【こんな人にオススメ】
・挙式は家族で行いつつ、友人とは披露パーティで盛り上がりたい人
・親族にもしっかりお披露目したい人
・実家が遠方で、なかなか両家で集まることができない人

家族だけの結婚式で最も多いのが、挙式を行った後、家族・親族とともに食事を楽しむスタイル。ハナユメの調査によると、家族だけの結婚式をする人の87%がこのスタイルを選んでいます。

「挙式+会食」スタイルでは、挙式と会食を同じ式場で行う場合と、別の会場で行う場合があります。

挙式も会食も同じ式場なら、同じプランナーと打ち合わせが可能。すべてを把握してくれているため、準備も比較的簡単に行えるでしょう。

教会や神社での挙式を希望する場合は、挙式と会食を別々に手配しなければならないケースも。契約や打ち合わせを2か所で行うため、少し準備が大変になるようです。「教会や神社で結婚式をしたい!でも打ち合わせの手間を減らしたい」という人は、披露宴会場のある教会や神社などを選ぶといいですね。

会食中の衣装は新郎新婦によります。挙式の衣装のままもあれば、お色直しを挟んだり、ワンピースとスーツなカジュアルスタイルだったり。予算やどんな会食にしたいかに合わせて衣装は選びましょう。

3. セレモニーは行わず家族親族へのお披露目の時間を楽しむ「会食のみ」スタイル

【費用の相場】
・6名で50~70万円、20名で80~100万円
【こんな人にオススメ】
・入籍から時間がたっているので敢えて挙式をせず会食のみを行いたい
・二人でリゾート挙式をしただけで、親族にお披露目できていない人

「両家の親睦を深めたい」「家族・親族に結婚相手をお披露目したい」という人の中には、会食のみを選択する人も。海外リゾートウエディングなど、二人だけで挙式をした後に家族・親族を集めて会食だけをする人も見受けられます。

このスタイルは、会場にこだわらなければ選択肢が多くなるのが特徴。

ウエディングドレスやタキシードを着て結婚式場で行う人もいれば、レストランでカジュアルに行う人もいます。

4. 負担や費用はかけず、写真だけは残しておきたい「写真婚」スタイル

【費用の相場】
・数万円~10万円
【こんな人にオススメ】
・あくまで形だけ残せればいいなと思っている人
・とにかく費用を抑えたい人

一般的に、「ウエディング」といわれるこのスタイル。スタジオ撮影とロケーション撮影があり、ロケーション撮影なら庭園や観光地、想い出の場所や街中など好きな場所で撮影することもできます。

他のスタイルに比べて費用を抑えられるのが特徴で、「費用をできるだけ抑えたい」「形式ばったセレモニーが好きではない」「挙式はしないが、ドレスは着てみたい」「家族から形を残してほしいといわれた」などの理由で選択する人が多いようです。

また、ペットと挙式できる式場が近くになかったため、ペットOKのスタジオや公園で撮影のみを行った人も。

婚礼衣装を着ていられるのは撮影の間だけなので、なかなか余韻を楽しむことはできないかもしれませんが、ステキな想い出が残せるでしょう。

\店舗・オンライン・LINE・電話で相談/

結婚式のプロに無料相談しよう

補足:沖縄・軽井沢・ハワイ・グアムなどリゾートでも家族だけの結婚式

ここまでご紹介した4つのスタイルは、国内・海外リゾートウエディングでも選択できます。旅行を兼ねて家族だけのリゾートウエディングを行うのも良いでしょう。

通常の結婚式より長い時間を共有できるため、家族の絆が深まるいい機会になるのではないでしょうか。

海外リゾートウエディングに人気のハワイ・グアムでは、日本語対応OKの結婚式場も多いです。複数の選択肢の中から、しっかり吟味して選ぶこともできますよ。国内リゾートなら、沖縄・軽井沢を選ぶ人が多いようです。

ここまで家族だけの結婚式スタイルと、相場についてみてきました。続いて人気の会場タイプについて紹介します。

少人数の結婚式に人気の会場タイプ

ハナユメのアンケートによると、家族・親族の結婚式に人気の会場タイプはホテルの披露宴会場という結果がでています。

会場 割合
ホテル 61.7%
専門式場・ゲストハウス 22.2%
料亭 9.8%
レストラン 3.7%
その他 2.5%

圧倒的にホテルでの結婚式が人気という結果がでており、少人数の結婚式だからこそお料理やおもてなしにこだわりたいと思うカップルが多いのかもしれませんね。

続いて少人数結婚式のメリット・デメリットについてみていきましょう。

少人数の結婚式特集を見る

家族・親族のみの結婚式のメリット・デメリット

家族・親族のみの結婚式には、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。以下にまとめました。

メリット

  • アットホームな雰囲気を作りやすい
  • ゲスト全員としっかり話をしたり写真を撮ったりすることができる
  • 費用をかなり抑えられる
  • 準備が少なくてよい
  • 新郎新婦もしっかり食事を楽しむことができる
  • 感染症対策にもなる

デメリット

  • 選べる式場が限られる
  • 結婚式のご祝儀は見込めない(自己負担が大きくなる可能性がある)
  • 家族だけか親族も呼ぶか、ゲストの線引きに迷いが出てくる
  • ゲストが家族だけの場合、親族への結婚挨拶に別途行く必要がある
  • 内容によっては盛り上がらない可能性がある

ゲスト数が少ない「家族だけの結婚式」では、準備面や費用面でのメリットは大きいでしょう。

少人数の結婚式特集を見る

家族だけの結婚式のイメージができてきたでしょうか。次の章では、家族だけの結婚式の成功ポイントをご紹介します。

盛り上がらなかったらどうしよう…家族だけの結婚式を成功させるポイント3つ

家族だけの結婚式を成功させるには、どのようなポイントに気をつければよいのでしょうか。主なポイントを3つご紹介します。

1)「家族だけで結婚式をしたい」と事前に両親に相談をする

今でこそ家族・親族だけの結婚式はスタンダードになりましたが、親世代の結婚式はゴンドラ入場、背の高さよりも大きなウエディングケーキでのケーキ入刀、数回にわたるお色直しが一般的でした。

「こんなはずじゃなかった」ということがないよう、どんな結婚式をしたいのか、結婚式のイメージを事前にしっかりすりあわせましょう。

2)広すぎる会食会場を選ばない

家族だけの結婚式で広すぎる会食会場を選んでしまうと、余計なスペースが多くなって寂しいイメージになる可能性があります。

「家族だけでアットホームでゆったりした結婚式をしたい」と思っていたものの、「隙間が多くて盛り上がりに欠ける結婚式だった」ということにならないよう会場の広さ選びは注意しましょう。

ただし、リストアップし忘れていた親族を後から追加することになった、打ち合わせを進める中で仲の良い友人を追加したくなったという人もいるため、少し余裕のある会場を選ぶといいかもしれません。

より効率的に会場探しをしたい場合は、結婚式のプロに相談

ウエディングデスク

自分たちで、少人数の結婚式が対応可能かどうか、会場は広すぎないかを調べるのが大変だな…と思う人も少なくないでしょう。

また、少人数の結婚式についての情報が少なく困ってしまう人が多いのも事実です。

そんなときは、プロの手を借りるのが一番!

4年連続【結婚式場相談カウンター満足度No.1】のハナユメ相談サポートでは、結婚式のプロの結婚式のプロがおふたりを完全にサポートしてくれます。

無料相談デスクは、店舗は全国に12店舗。オンライン・LINE・電話からも相談できるため、気軽に利用してみてください。

\店舗・オンライン・LINE・電話で相談/

結婚式のプロに無料相談しよう

また、ハナユメ相談サポートの利用者のクチコミなどは下記をチェックしてみてください。

3)席次レイアウトを工夫する

家族だけの結婚式の場合、テーブルのレイアウトはこのようなイメージです。

family_ PRECEDENCE

family&relatices_ PRECEDENCE

1つ目の晩餐会風レイアウトであれば、全員が同じテーブルに座るので一体感が生まれやすいです。しかし、人数によっては席の遠い人と少し話しにくかったり、式場にあるテーブルによってはこのレイアウトができなかったりする場合も。事前に確認が必要です。

2つ目のレストラン風レイアウトなら、テーブルの間を空けることで少し広めの会場でも寂しいイメージがなくなります。テーブルの間を動きやすく、ゲストもゆったり座れて喜ばれるでしょう。

しかし、テーブルの数分の装花を用意しなくてはいけないため花代が高くなる場合も。予算を抑えたい場合は注意が必要です。

少人数結婚式の成功ポイントを踏まえ、家族・親族の結婚式当日のスケジュールやオススメの演出についてご紹介していきます。

家族だけの結婚式当日スケジュールとオススメの演出

家族だけの結婚式とはいえ、せっかく集まってもらうのですから、ただの食事会にはならない程度の演出ができると良いですね。

ここでは、よくある家族だけの結婚式の当日のスケジュールと定番の演出例をご紹介します。

結婚式当日のスケジュール

weddingday_schedule

家族だけの結婚式の場合、着付けやヘアメイクなど、準備にかかる時間は一般的な結婚式とそれほど変わりません。しかし、会食の時間は通常よりも短くなる傾向があります。

家族・親族のみの結婚式でおすすめの演出例6選

二人の希望や結婚式イメージにもよりますが、家族だけの結婚式では派手な演出はしなくても大丈夫。

家族・親族だけの結婚式だからこそできる、おすすめの演出例を6つご紹介します。

演出例1:新郎新婦とゲストが同じテーブルを囲む

家族10人程度の少人数結婚式なら、二人と両家家族が同じテーブルで食事を楽しんではいかがでしょうか。アットホームな雰囲気になり、会話も弾むはず。両家の絆も深まるでしょう。

ゲストがひとつのテーブルにおさまりきらない場合は、全てのテーブルに新郎新婦の座席を設け、新郎新婦が自由にテーブルをまわって話ができるようにしてみて。

演出例2:ケーキ入刀を行う、ファーストバイトやラストバイトも

結婚式の定番演出であり手軽に行えるケーキ入刀。ハナユメの調査によると、家族・親族のみで結婚式を行った58.1%のカップルがケーキ入刀をしたという結果がでています。

ケーキ入刀をするウエディングケーキというと、巨大なケーキをイメージするかもしれませんが、小さなケーキでもOK。最近では、一般的な結婚式でも小ぶりなケーキが人気です。

定番演出だからこそ、ケーキ入刀をすることで結婚式らしさが一気に増し、絵になる写真が撮れますよ。最近では、ケーキ入刀の後のファーストバイトだけでなく、ラストバイトやお手本バイト、サンクスバイトなど、両親を巻き込んだ演出をプラスする人も多いです。

演出例3:それぞれに合わせたプチギフト・引出物を選ぶ

最近では、相手にあわせて引出物を贈り分けする人も多いですが、家族だけの結婚式なら、さらに細かく相手の好みに合わせて引出物を選べます。一人ひとり違う引出物を選んでみても良いでしょう。

家族・親族がゲストだからこそ、それぞれの好みもわかるはずです。

演出例4:たくさん写真を撮る

通常の披露宴では、新郎新婦の友人や上司などに気をつかい、家族や親族と写真を撮る機会はなかなかありません。

しかし、家族だけならその必要はなく、ゲストと接する時間がたくさん!「ゲスト一人ひとりとツーショットを撮る」というのもおすすめです。

演出例5:ゲスト全員にスピーチしてもらう

大人数の結婚式では絶対にできない、家族だけの結婚式ならではの演出です。

家族同士では照れくさくて、おめでとうと声に出して言えないもの。全員からスピーチをもらうことで、普段は聞けないような楽しいエピソードがたくさん出てくるかもしれません。

自己紹介を兼ねつつ、一人ひとりにスピーチしてもらうのもおすすめ演出のひとつです。

演出例6:引出物は手渡しをする

一人ひとりに感謝の言葉を直接伝えながら引出物を手渡しできるのは、家族だけの結婚式ならでは。気持ちがより伝わり、喜ばれること間違いなしです。

さらに、手書きの手紙を添えれば感謝の気持ちも伝えられるでしょう。

家族だけの結婚式に引出物は必要?

家族に引出物が必要か迷う人もいるはず。一般的には、親族のみに引出物を贈るケースが多いようです。新郎新婦が家族・親族を招いた結婚式、という形であれば家族・親族全員に用意することもあります。

ちなみに、「誰にいくらぐらいのどんな引出物を用意するか」は、親族との関係性もありますのでご両親の意見を聞いたほうが良さそうです。

家族だけの結婚式に司会は必要?

家族だけの結婚式では、司会者をつけるケースはあまり多くありません。

しかし、家族だけでは「ただの食事会」のような雰囲気になりがち。新郎新婦の入退場や、ケーキ入刀などの演出の際、その場を締めてメリハリをつけるために、司会者をつける人もいます。この場合、プロの司会者だけでなく、結婚式場スタッフ、新郎新婦の兄弟などに進行を依頼する場合もあります。

ポイントをおさえれば、アットホームな雰囲気で思い出深い結婚式ができる「家族だけの結婚式」。実際に挙げた人の感想を次でご紹介します。

実際に家族だけの結婚式をした人のリアルな感想

実際に家族だけの結婚式をした卒花の感想も気になるもの。筆者とご縁のあった卒花からの感想をご紹介します。

  • 一番感謝を伝えたかった両親とたくさん時間を過ごせて嬉しかった
  • 「いつもの食事会に毛が生えたくらい」と思っていたけれど、感動の嵐!化粧崩れを気にせず思いきり泣いてしまった(笑)。これも家族だけの結婚式の良いところ!?
  • 出会って10年。子どもが生まれて結婚式のタイミングを逃していたけれど、主人のルーツに足を運んで親族にお披露目できて良かった!
  • 予算がなくて悩んでいたけれど、あこがれの結婚式ができて良かった!家族だけだからこそ、料理もプログラムもアレンジできて、対応してくれたプランナーさんに感謝しています。

などの声がありました。

ちなみに結婚式に強いあこがれのあった筆者の知り合いは、午前中から昼過ぎにかけて家族だけの結婚式(挙式+会食)を行い、夕方から友人を集めて披露宴を行っていました。

また、お互いの実家が離れていたカップルは、お互いの地元でそれぞれの親族を集め、家族だけの結婚式を2回しています。

家族だけの結婚式といっても、いろんなスタイルがあります。自分たちにあった結婚式を選んでくださいね!

どんなスタイルがいいか迷っている人や、見積りの相談をしたい人は、まずは相談デスクで結婚式のプロに式場探しのサポートをしてもらうことをおすすめします。

【動画】プレ花嫁必見♡プロが教える式場探しの極意!

最後に、式場を探している人に向けて、式場探しに役立つおすすめ動画をご紹介します!
こちらの動画では、結婚式のプロであるハナユメアドバイザーが「式場探しの極意」を徹底解説しています。

式場を決めた後に「え!こんな式場あったの?」と後悔したくない、調べても情報が多くて決められない…という人は、ぜひこの動画を参考に式場探しをしてみてくださいね。

ハナユメアドバイザーとは?詳しくはこちら

ハナユメで結婚式場を探す方法

少人数の結婚式ができる会場をハナユメで探す方法は次の通りです。

ハナユメのサイトトップにある「結婚式場を探す」をタップします。

希望のエリアをチェックし、「検索する」をタップします。

一覧の上にある絞り込み項目の中から「人数」をタップ。

希望の人数を選択し、「絞り込む」をタップします。

絞り込む条件を満たした結婚式場が一覧表示されますので、気になる式場をピックアップしていきましょう。

式場のピックアップができたら、ブライダルフェアに参加を!

少人数の結婚式特集を見る

まとめ

家族・親族だけの結婚式にはいろいろなスタイルがあり、家族・親族だけを呼ぶことで感謝の気持ちがより伝えやすいというメリットがあります。

また、準備が楽だったり、費用をかなり抑えたりすることができます。

要点をまとめると…

・家族だけなど、ゲスト数30人未満で結婚式をした人は全体の38.9%
・挙式のみや食事会など、結婚式スタイルごとに費用相場を紹介
・家族だけの結婚式を成功させるコツは事前の相談がポイント!

これを読んでくださった皆さんが満足できる結婚式が叶うと幸いです。

監修者情報


ハナユメアドバイザー F.M
経歴
写真スタジオに勤務し、カメラマン、スタイリストとして婚礼の前撮り撮影に携わり、2017年に入社。現在リンクスウメダ店でアドバイザーとして勤務しています。
一言
理想の結婚式を叶える事が出来るよう、一緒に結婚式当日をイメージしながら楽しくお話しましょう!精一杯お手伝いさせていただきます^^

ハナユメのウエディングアドバイザーについて詳しくはこちら

ハナユメ相談サポート 結婚式 相談

そのお悩み、お二人で抱え込まずに結婚式のプロに相談しよう!

ハナユメ 相談サポート 結婚式場探し デスク

今の時期だからこそ、
結婚式をいつ挙げたらいいんだろう?
どうやって結婚式準備を進めたらいいかわからない…
そんなお悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか?

ハナユメなら4つのサポートであなたのお悩みが解決できます!

\4つの相談方法はこちら/

式場探しはこちらから検索!

Rankingゲスト選び・人数の人気ランキング

Manual結婚準備マニュアル