おトクな生活

ブライダルエステはいつから始める?最適な時期と先輩花嫁の本音

ブライダルエステ 写真

ブライダルエステをしたいけど、いつから始めればよいかわからないと思っている方も多いのではないでしょうか。

ブライダルエステは、結婚式の当日にドレスを綺麗に着こなすという事が最終目的になります。

その為、体型などの悩みや最終的にどうなりたいかによって始める時期も異なります。

そこで今回は、お悩み別おすすめのスタート時期や平均相場、回数などブライダルエステについてお話します。

この記事を読めば、ブライダルエステをいつから始めるか判断できるようになり、納得してを始めることができるでしょう。

続きを読む

出産で車を購入するときの車選びポイント

出産は、夫婦が親となり、家族が増える人生の大イベントだ。子供が生まれてから、慣れない子育てに難しさを感じている人は多いだろう。さて、子育てには買い物や通学など、車を利用する場面が多々あるはずだ。そのなかで、出産前から乗っていた車を使い続けている人は、どこかに不便を感じてはいないだろうか?乗車定員が少なかったり、積載量が足りなかったり、人によってさまざまな問題があるだろう。それもそのはずで、家族が増えるとそれ相応の車が必要になる。夫婦だけでは間に合っていた部分も、これからはそうはいかない。

そこで、出産し、小さなお子様がいる方に向けた車選びのポイントをまとめてみた。大きく分けると、『ドアの開閉に不便がない』『室内空間にゆとりがある』そんな車が実用的だ。親になった方々のなかには、長いこと憧れていた車があるかもしれないが、それは子供が大人になるまで少し我慢しよう。家族全員が快適に使用できるような車を選んで、充実したライフスタイルを送ってみてはいかがだろうか?

押さえておきたいポイント

スライドドアと普通ドア

20150601191951_s4rzbu

子育てを行うなかで、『ドア形状』は不便を感じやすい箇所だ。特に出産直後から子供が1人で歩くようになるまでは、母親や父親が抱っこしたり、ベビーカーを押したりする場面がとても多い。そんなときに、開閉式の普通ドアだとかなり不便になる。無理な体勢になりやすく、子供を危険にさらしてしまう可能性だってある。

そこで、おすすめしたいのがスライドドアだ。ドアを引くだけで自動開閉するため、子供を抱えていてもなにひとつ苦労しない。近年は、リモコン操作やドアボタンを押すだけで開閉する車も多いので、自分が一番に使いやすいタイプを選ぶと良いだろう。

ベビーシートとチャイルドシート

20150602122018_mxg975

子供がまだ新生児や乳児の時期、車にベビーシートやチャイルドシートの装着を検討する人は多いだろう。車に乗せる予定がない場合は良いが、法律で義務化されているために、乗せる可能性が少しでもあるならば装着を検討しておいた方が良い。ここで問題になってくるのが、装着できるだけの広さがあるかどうかだ。実際のところ、乗車定員が4人以上の車種であれば、特に大きな問題はない。軽自動車でも装着するだけの十分なスペースがある。ただ、ベビーシートやチャイルドシートの周辺はできるだけ広く確保しておくことにこしたことはない。そのあたりは吟味すべき点になるだろう。

2列シートと3列シート

家族向けに販売されるファミリーカーのなかには、2列シートと3列シートが存在する。どちらがお勧めとは一概に表すことはできないが、家族構成や目的を考えると、より適切な選び方ができるかもしれない。例えば、子供が何人もいて、外出する機会も多い場合は3列シートが最適だ。買い物に不便することもなければ、アウトドアや旅行の際に積載量に困ることもない。ときには、シートを倒して後ろで寝るような使い方も可能だ。一方で、子供が1人の家庭は2列シートをお勧めする。家族3人であれば、十分な利便性を発揮するだけでなく、燃費などの問題も3列シートの車種よりメリットが多い。ただ、子供が増える可能性があるならば、将来を見据えた計画が必要になるだろう。

出産を機に車を購入した佐藤さん

20150601191951_jr3bxe

(名古屋市在住 | 主婦30歳 |子供:5歳の男の子と3歳の女の子)

少し大きめの車を購入しました。私たち家族は、週末の外出が多く、なかでもピクニックにはよく出かけます。その際に、お弁当はもちろん、大きめの荷物をいくつか持っていきたいと常々考えていたのですが、以前乗っていた車は積載量が少なく、お弁当だけで出掛けることも少なくありませんでした。 最近、この不便さを解消しようとスライドドアの少し大きい車を購入しました。

するとライフスタイルが一変、いつもの週末がより楽しみになっています。自転車などの大きな荷物も簡単に載せられるので、出先での遊び方も増え、子供も喜んでいます。 また、2人いる子供のどちらもまだ小さいので、今後を考えると良い選択だったと思っています。小学校や中学校、そして高校になると、何か部活をはじめているかもしれませんし、学校への送り迎えもあるでしょう。今でも十分な満足感を抱いていますが、さらなる快適さを感じる日が来るのではないかと少しワクワクしています。

車選びのポイントや注意点

20150601191951_bx2e9g

車選びのプロが赤ちゃんや小さな子供がいる、ファミリーカーを選ぶ際に注目すべきポイントを独自にアドバイス。また意外な落とし穴や注意点もお教えします。
家族向けに各メーカーから販売されるファミリーカーですが、一口にファミリーカーといってもさまざまな車種があります。3列シート車のラインナップを見ても、SサイズミニバンやMサイズミニバン、LサイズミニバンからSUVと多岐にわたり、それぞれによって特徴が異なります。

例えば、Sサイズであれば、小回りの効きやすさや燃費性能が高い分、パワー不足などのデメリットがあり、Lサイズミニバンになると大容量と室内設備の快適さを備えますが、燃費性能の悪さ、車両感覚の掴みづらさなどがネックになります。また、2列シートの場合、全体的なバランスの良さが大きな魅力となりますが、もし子供が増えたときの対応が困難です。 出産車を選ぶにあたっては、車種ごとの特徴をきちんと把握し、家族に合った性能を見極めることが大切です。現状だけでなく、将来の展望を踏まえた上で、最適な車種を選ぶようにしましょう。

20150602150832_exg24j
提供元:あなたの車選びをカンタンに! ピッタリなクルマを見つけよう!『クルビア』
クルビアは、気になるクルマにまつわる口コミの投稿・閲覧が可能で購入時のお悩みや不安を解消できる!

8万円の節約!?携帯代の見直しでおトクに節約!

初めての家計管理。

新婚を実感する方も多いのではないでしょうか。ただ新婚早々は家計が厳しいのも事実。ここでは、家計の中でも大きなウェイトである携帯代を見直して節約するワザをご紹介します。

家計と通信費

20150602111556_kk6m4c

家計の支出は、固定費と変動費に分けられます。固定費を節約することで、年間を通じてお得になるため効果倍増です。その中でも、月々の携帯(スマホ)代はNHKの受信料や新聞代よりも高く、ここを節約すると効果がありそうです。そもそも携帯が普及し始めたのは今から30年弱前なので、お父さん・お母さんの新婚時とは違った家計の苦労があることが分かるのではないでしょうか。ただ、便利なスマホを利用しないわけにもいきません。そこで節約効果が高くて最近注目を浴びている「格安SIM」を検討してみてはいかがでしょうか。

格安SIMの月額費

20150602153507_z3cszk

キャリア(docomo、au、ソフトバンク)の携帯代は月々平均6,514円(出典:MMD研究所 https://mmdlabo.jp/investigation/detail_1328.html️)といわれています。一方、格安SIMを利用すると月々平均2,961円(出典:MMD研究所 https://mmdlabo.jp/investigation/detail_1437.html️)という調査結果があり、年間にすると約42,000️円の節約効果になります。夫婦2人分節約で年84,000円です!ちょっと高級な温泉旅行に行けますね!!

格安SIMで安くなる理由

20150602100724_v9vpqe

ここで節約効果が高いとはいえ、「格安」とつくとサービス内容に不安を感じる方も多いと思いますので、ここではその理由を説明します。
格安SIMとは、MVNOと呼ばれる事業者がキャリア(docomo、au、ソフトバンク)の通信インフラを借り受け、電話やインターネット通信を提供しているサービスのことです。キャリアの高い人件費・高額なキャッシュバックキャンペーン・端末実質無料・その他サービスをMVNO業者が削減努力をすることで「格安」な料金でスマホが使えるといった仕組みになっています。つまりおトクにキャリアと同等の通信エリアや通信設備で利用できるとも考えられます。

メリット・デメリット

20150602121310_wjw7a7

メリット

・月額料金が安い!
・豊富な格安SIMプランから自分にあったプランを選べる!
・通信エリアは大手キャリアと同じ
・いわゆる「2年縛り」が緩い

デメリット

・豊富な格安SIMプランから自分にあったプランを選びにくい
・初期設定(SIMの抜き差し、通信設定)を自分でする必要がある
・キャリアが行っているサービス(〜@docomo.ne.jpや家族間通話無料など)は利用できない
・キャリアショップに相当する店舗が少ない
 
格安SIMの比較や選び方、初心者向けの設定ガイドについては
「ジムーバ https://www.zimuba.jp」がおすすめです。

事例紹介

実際に節約した方にインタビューしましたのでご紹介します

H.Sさんご夫婦

「夫婦2人でauに約14,000円支払っていましたが、格安SIM(IIJmioの音声通話機能付きSIM(みおふぉん) ミニマムスタートプラン)にしたところ月々約3,200円程度となりました。
家族通話が無料でなくなることに抵抗がありましたが、めったに通話しないことと、LINEによる連絡がとれるので問題ないと考えました。ドライブで田舎の方にも行きましたが圏外になることもなく快適です。」