新居へ引越し。マナーに沿った挨拶で、新生活を気持ちよく迎えよう

新居へ引越し。マナーに沿った挨拶で、新生活を気持ちよく迎えよう

引越し前後の挨拶を忘れずに!

引越し前の挨拶

1ヶ月前をめどに、管理会社へ引越しの旨を伝えよう

賃貸住宅の場合は、引越すことが決まったら、まず大家さんや管理会社に引越しの連絡をしましょう。賃貸契約の解除宣告は、通常引越し日の1ヶ月前が目安です。

引越し当日は、部屋の明け渡しと鍵の返却を行います。その際、挨拶と合わせて1,000~2,000円程度の品物を贈ると、気持ちも一層伝わります。

ご近所への挨拶は、引越し日の1週間~前日までに!

引越し当日は、トラックの出入りや荷物の搬入作業などで騒がしくしてしまうので、ご近所への挨拶を、引越し日の1週間~前日までに済ませておきましょう。

挨拶へ伺うお宅は、一軒家の場合は3軒(両隣2軒とお向かい1軒を合わせて)、賃貸の場合は4軒(両隣2軒、上階・下階)が理想的です。

引越し後の挨拶

20141020140234_h9k5ay

円満な近隣関係を築くために、賃貸物件でも挨拶を!

賃貸物件の場合、気をつけていても生活音が漏れてしまう場合があるため、隣接する部屋の方への挨拶はなるべく行っておきましょう。両隣、上下階のお宅を対象に、引越し翌日までに済ませるのが理想です。

不在が続くところは、挨拶状と粗品をポストに入れておいても大丈夫です。一戸建ての場合は、引越し当日~翌日に両隣2軒とお向かいの1軒、裏の1軒の計4軒に伺うのが理想です。町内会などの自治会がある場合は、町内会長さんにも挨拶を。挨拶の際に町内の事を色々と伺う事ができます。

挨拶品は何をもっていく?

20141020183002_b8u8kp

消耗品である日用品や、日持ちのするお菓子がおすすめ。金額は、1軒あたり1,000円程度で十分です。『御挨拶』と書いた熨斗(のし)をかけ、2人の名前を併記しておくと、より丁寧な印象になります。

挨拶品におすすめの品物

・タオル
・お菓子(日持ちのする洋焼き菓子など)
・飲み物(お茶や紅茶は好みに左右されにくい)
・乾麺
・洗剤、石鹸
・入浴剤のセット
・ラップとキッチンタオル

20141016155657_5jasbl

引越し見積もりの比較・予約なら『引越し侍』
提供元:引越し侍

引越し情報を入力するだけで、複数の引越し会社の料金やサービスを比較できるので、自分にあった引越し会社を簡単に見つけることができます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*