新生活スタート!揃えておくべき家具・家電と、失敗しない選び方

新生活スタート!揃えておくべき家具・家電と、失敗しない選び方

家具・家電を買う前にやることリスト

新居が決まった後は、理想の生活を始めるための家具・家電を揃えていきましょう。 家具・家電選びで失敗しないためには、計画的に買い物することが大切です。 事前にお互いの好みやこだわりを話し合い、2人の部屋のイメージを決めておくと、購入時もスムーズになります。

1.お互いが元々持っている家具・家電を新居で使うか確認しておく

2.家具・家電に使う購入費の上限を決めておく

3.新居の間取り図を用意しておく(サイズが入った間取り図だと便利)

4.各部屋のサイズを測っておく(天井や窓の高さ、部屋の出入り口の幅・高さ、壁面の幅。マンション・アパートの場合は、玄関口やエレベーターの幅。柱や梁の出っぱりには注意!)

5.家具の配置レイアウトを考えておく (間取り図内にサイズや家具を書きこむと、引越し当日の搬入時に便利)

最初は最低限の家具・家電のみでOK!

家具・家電は、必要最低限のものだけを先に揃えていきましょう。小物やインテリアは、生活が落ち着いてからのほうがゆっくり選べるため、始めにすべて揃える必要はありません。二人で暮らし始める際に最低限必要となる家具・家電と、選び方のポイントを紹介します。買いに行く際は、新居の間取り図やメジャーを忘れずに持参しましょう!

家具の選び方

ダイニングテーブル

20141015170926_5vhhlz

2人で使う場合は、天板のサイズが80cm×80cmの2人用で十分ですが、家族が増えたときや来客時を考えると120cm~140cm×80cmの4人用がおすすめ。来客を迎える機会が多い場合は、もう少し大きめで考えよう。

ソファ

20141015170923_w5jbux

2人用は、座面が120cm、アームを入れて140cm程度が標準的なサイズになります。背もたれが高いと、圧迫感を感じることがあります。低いと部屋が広く感じますが、低すぎると首が疲れるので、天井の高さや部屋の広さを考慮して選びましょう。

ベッド

20141015170937_gavm7l

ベッドのサイズは好みによりますが、シングルベッドを並列して置く場合は、自分のスペースでゆっくり眠れる上、寝具の洗濯もそれぞれなので便利です。セミダブルベッドは2人用としては狭いため、ゆとりがあるダブルベッドがおすすめです。

収納家具(食器棚やテレビ台など)

20141015171142_4kjxjg

食器棚は、2人用であれば幅45cm、高さは170cm~180cm程度で十分。炊飯器や電子レンジなど家電の置き場を兼ねたタイプの場合は、先にそれらの家電を購入し、そのサイズに合わせて選ぶと良いでしょう。

テレビ台も同様、テレビのサイズや重さに合わせて選びます。DVDプレイヤーなどをまとめて置きたい場合は、配線を通す穴のチェックも忘れずに。

家電の選び方

20141015172139_hkp9lx

冷蔵庫

家族が増えた場合のことを考えると、4人家族の目安である400~500Lの容量のものがおすすめ。高さは冷蔵庫を良く使う奥さまの身長に合わせて選びましょう。部屋の間取りを考え、扉の開く向きにも注意しましょう。

洗濯機

タテ型は洗浄能力に優れ、洗濯時間が短いのが特徴です。ドラム式は乾燥が得意で節電・節水に優れています。ライフスタイルや用途に合ったほうを選びましょう。毛布が丸洗いできるタイプがおすすめです。

エアコン

エアコンは、kwの数字が大きいほど広い部屋に対応できます。部屋の畳数に合わせて、暖房時の対応畳数を目安に選びましょう。予算に余裕があれば、2畳大きいモデルを選ぶのがおすすめです。事前に新居の室内機の設置スペース、コンセントの形状、室外機の下地補強を確認しておきましょう。

テレビ

テレビは、画面の高さの3倍以上離れて見るのが一般的です。設置する部屋のサイズとあわせて、視聴距離を満たしているか確認をしておきましょう。※同じインチ数でも会社によって規格が多少異なる場合があります。

20141016155657_5jasbl

提供元:引越し見積もりの比較・予約なら『引越し侍』

引越し情報を入力するだけで、複数の引越し会社の料金やサービスを比較できるので、自分にあった引越し会社を簡単に見つけることができます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*