結婚式二次会ゲストの服装マナー

結婚式二次会ゲストの服装マナー

意外と悩んでしまう結婚式二次会の服装。カジュアルなスタイルもあれば、フォーマルな二次会もあるのが難しいところ。

そんな人のために今回は、基本的な二次会の服装のマナーをご紹介します。

男女共通の服装マナー

①新郎新婦より目立ってしまう服装はやめましょう(女性は目立ちすぎる派手なドレスに注意)
②白いスーツや白いドレスなど、全身白系になってしまうコーディネートは控えましょう。
③全身「黒」のコーディネートは控えましょう。
④普段着に近い、ラフすぎる服装は控えましょう。

男性の服装マナー

①胸元の空いたシャツは控えましょう。
②黒がはいったネクタイは柄物でも縁起が悪いとされているので控えましょう。
男性はスーツもしくはシャツ・ジャケット着用であればほぼ間違いはありません。

難しいのは女性の服装マナー。女性は下記の点に注意しましょう。

女性の服装マナー

①露出の多いドレスは控えましょう。(肩が出ている場合はショールなどで露出を抑えるようにしましょう。)
サンダルなどミュールなどカジュアルすぎるものは控えましょう。
※ファーは場の雰囲気次第になります。場所や出席される方々を考え、着用するようにしましょう。

新郎新婦が主役ということを忘れず、場にあった服装を選ぶようにしましょう。服装マナーをしっかり守って、おふたりをお祝いしましょう!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*