失敗しないカラードレスの選び方

失敗しないカラードレスの選び方

カラードレス選び方のコツ

お色直しで着用するカラードレスは、純白のウェディングドレスから、がらりとイメージを変えて、花嫁の魅力を一層華やかにする演出のひとつ。でも、さまざまなカラー・種類やデザインがあり、自分の個性やイメージなどに合わせて、最終的に決めるまで色々と悩みますね。

ここで、失敗しないカラードレスの選び方のコツなどをご紹介していきましょう!

可愛さ重視ならピンク系

20140908174556_7sjsca

写真提供:izumoden 浜松

どの女性にも「自分をこう見せたい・演出したい!」という願望はあるのではないでしょうか?日本人の肌の色に一番マッチした色味で、20代の花嫁に人気があるのがピンク系のドレスです。

この色は、優しさ・温かさ・清純さをアピールする色で、可愛らしさを印象付けます。

爽やかで初々しさを演出!ブルー系

20140908174554_vjyek7

写真提供:izumoden 浜松

清楚でかつスマートな体型に見せるのが、広い世代に人気のブルー・グリーン系です。濃い目のカラードレスには、ブーケやベールなどの小物に明るい色使いでコントラストを入れましょう。

白のウェディングドレスから、がらりとイメージを変えたいなら、黒・紺・紫系のドレスはいかがでしょうか?スパンコールやレース使いのドレスで、豪華で華麗さを演出してみましょう。

明るく華やかなイエロー系

20140908174558_bf2ykd

写真提供:izumoden 浜松

20代の花嫁で明るく健康的なイメージをアピールしたいなら、イエロー・オレンジ系のドレスがおすすめです。
ピンク系は膨張色ですが、イエロー・オレンジ系なら全身をすっきり見せ、表情も明るく元気に見せてくれます。

ドレスを引き立たせる小物たち

グローブ・ティアラ

20140829141015_g76p23

花嫁のお色直しには、たくさんの小物類がドレスをより一層引き立ててくれます。主役のドレスだけではなく、グローブ、ティアラ、アクセサリーなどの引き立て役の小物選びも慎重に行いたいですね。グローブは、ドレスの色合いと同系色のものを選ぶことをおすすめします。

アクセサリー

20140829141017_wh25rf

ネックレス・イヤリングなどのアクセサリーは、パール・プラチナ・シルバーなどを選ぶのが基本のようです。ティアラ・クラウン・カチューシャなどの髪飾りは、ドレスがピンク系ならホワイトか同系色のダークカラーでインパクトを出すと良いでしょう。

カラードレスが、濃い目のブルー・グリーン系、イエロー・オレンジ系・黒・パープル系などは、小物類を明るめのホワイトやシルバー系にすると、ドレスの色がより華やかに際立つことでしょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*