気になる!ドレスの持ち込み料について。

気になる!ドレスの持ち込み料について。

ウエディングドレスの持ち込み料の相場って?

会場指定以外のショップで借りたレンタルドレスや購入したドレスの場合、1点につき5~10万円のドレス持ち込み料がかかることがあります。式場によって設定額や条件はさまざまなので、確認が必要です。

一生に一度のウエディングドレス。
街で見かけた一目ぼれのドレス・・・大好きなブランド・・・母の着用したドレス・・・
新婦様それぞれにドレスに対する”想い”がありますよね。

各式場によりさまざまなので、持ち込み無料と新婦には嬉しい式場もあれば、提携先以外は一切持ち込みができない、という厳しい式場もございます。

購入した自前のウエディングドレスの場合や、例えばカラードレスを提携ショップでレンタルすれば他の衣装(ウエディングドレス)は持ち込み無料というところもあるので確認が必要です。

出来る限り、式場見学の際に質問できるといいですね。

提携外のドレスショップが持ち込み料を負担してくれることもあるので、気になるドレスショップがあれば問い合わせてみましょう。

なんでお金がかかるの?

20141023124027_pbed5a

式場にもよりますが、持ち込んだドレスの「保管料金」が発生します。

持ち込まれた衣装の管理や保管に伴うリスクのための費用の為、もし持ち込まれたウエディングドレスが紛失してしまったり、 汚れてしまったら預かった式場が損害を負担しなければなりませんのでそのための保険として衣装持込保管料が必要なのです。 式当日のなんらかのトラブルがあった場合も、提携先のドレスショップであれば、すぐに対応が可能です。

自前のドレスは持ち込み料金が発生しない場合がありますが、この場合の管理はすべて自己責任となるので、確認が必要です。
搬入・搬出の方法や、保管期間なども確認が必要です。

なぜ、持ち込みたいのかをしっかり担当プランナーさんにお話しすることも大事です。
おふたりの”想い”をしっかり伝えることで交渉が可能なことも!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*