買う前に確認!結婚指輪デザインのいろいろ

買う前に確認!結婚指輪デザインのいろいろ

リングの形状

リングの形状は大きく分けて3つあります。

甲丸リング

20140213174503_m7c2v9
緩やかなカーブが特徴的で優しい印象を与えます。

平打ちリング

20140213174514_pd5qbw
地金をくるりと巻いただけのシンプルなデザイン。

ウェーブ

20140213174509_2wt8xc
波のように流れる形状で指を細く長く見せるデザイン。

アームのデザイン

S字

20140213175459_vkp7ze
「S」の字を書いたように、アームラインが流れるデザインのことです。
指を細く長く見せる効果があるので、指の太さや大きさを気にしている方にはオススメです。

ストレート

20140213175506_kzl4wx
リングのアームが真っ直ぐで、最もシンプルなデザインです。
シンプルなだけに飽きがこない、正に定番中の定番の形状です。

V字

20140213175504_jre9rk
「V」の字を書いたように、アームがVの形にデザインされたものです。

地金の表記

<プラチナ>
表記 :純度(配合量)
Pt850  :純度85%
Pt900  :純度90%
Pt950  :純度95%
PT1000 :純度100%

プラチナ商品を選ぶ時は、純度と厚みに重点を置きましょう。
純度が高く厚みがしっかりしているものは、自ずと指なじみが良いですので、是非試着してきてください。

<金(ゴールド)>
表記:純度(配合量)
K14(585)/14金 :純度58.5%
K18(750)/18金 :純度75.0%
K20(833)/20金 :純度83.3%
K22(917)/22金 :純度91.7%
K24(999)/24金 :純度99.9%

宝飾で使われる金には3タイプあります。

●イエローゴールド
K18の場合、金75%、銀15%、銅10%が一般的で、イメージ的に認知されている金色に近い。
●ピンクゴールド
K18の場合、金75%、銀10%、銅15%が一般的で、ややピンク色を帯びた金色である。
●ホワイトゴールド
K18の場合、金75%、銀15%、パラジウム10%が一般的で、プラチナの代用品としてよく用いられている。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*