知って得するマリッジリングの選び方♪


結婚指輪の意味

リングの円い形は途切れることのない永遠の絆を表し、また、左手の薬指は心臓にそのまま繋がっていると言われています。

心臓とは「心」と「命」
お互いの心を永遠に繋ぐ。お互いの命を預けあって支えあう。
結婚指輪をはめることは、それだけ深い意味合いがあります。

お2人が一生身につける大切な指輪。
安易な気持ちで決めるのではなく、是非とも良質なものを見つけてください。

指輪を選ぶ2つのポイント

飽きないデザイン

お洋服を選ぶ時、気がついたら似たようなデザインや形ばかり選んでいる、なんてことありませんか?自分自身の根底にある好みは意外と変わりません。シンプルさを重視するより、好みのデザインを探してください。

丈夫であること

・変形しにくい
・変色しない
この2点が「丈夫」の定義としますと、比較するべき部分は「材質」です。一般的に、結婚指輪で使われる地金(材質)は「プラチナ」と「金(ゴールド)」です。

地金について

<プラチナの表記>Pt850:純度85% Pt900:純度90% Pt950:純度95% PT1000:純度100%
プラチナの特徴は、①色の変色がない、②重量感がある。※財産価値が高い、③金に比べて柔らかいので、プラチナで幅や厚みが薄いものだと変形の恐れあり。プラチナ商品を選ぶ時は、純度と厚みに重点を置きましょう。純度が高く厚みがしっかりしているものは、自ずと指なじみが良いですので、是非試着してきてください。

<金の表記>K24:99.9% K22:91.7% K20:83.5% K18:75.0%−18金

<地金まとめ>
硬さ:プラチナ < 金 ※配合量と厚みをチェック
変色:プラチナ > 金(ホワイトゴールド) ※ホワイトゴールドは注意しましょう。
価値:プラチナ > 金
重さ:プラチナ > 金
プラチナの方が重いです。重い方が財産価値はあります。例えば2014年1月29日の相場は、「金1g4418円・プラチナ1g4978円」です。相場価格×グラムで考えていただくと、見た目が同じでもプラチナの方が価値があるのが分かると思います。因みに、相場は毎日変動します。

着け心地

指にリングを着けたとき、スルンと気持ちよく指輪が入るかどうか、これがかなり重要です!指にスルンっと馴染む=地金をしっかり使っている証拠なのです。地金が少ないと、長時間着用して指が浮腫んでくると指が締め付けられるような痛みを感じます。
結婚指輪は毎日ずっと着けているものです。価格だけではなく、この着け心地を重視していただくのが後から後悔しない1番の方法だと思います。

リングショップまとめ

ケイ・ウノ

20140207143007_8adswl

銀座ダイヤモンドシライシ

20140207143015_tjs4u2

エクセルコダイヤモンド

20140207143011_vf87cn

アイプリモ

20140207143009_p5vggb

ラザールダイヤモンド

20140207143017_nhw88y

クーキ

20140207143013_y4m6me

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*