ゲストの席次ぎめポイントをおさえよう!

ゲストの席次ぎめポイントをおさえよう!

結婚式席次表の席決めは?

20140925183801_d3bcvu

新郎新婦のメインテーブルに向かって、左側が新郎側、右が新婦側。
また新郎新婦に近い位置が上座となり、主賓や上司、恩師、先輩、同僚、友人、後輩の順に配置し、親族は下座、家族は末席に座るのが一般的です。

招待客を上から並べていくことになるので、失礼のないよう注意が必要。
ただし、最近では招待客がリラックスして過ごせる席次作りが重視されています。
例えば恩師は教え子(学生時代の友人)と同じテーブルで恩師を囲む席次にしても良いでしょう。

ルールを尊重しつつも、面識のある人を近くに配置するなど、どの席ならば楽しんでもらえるかを考えて決めましょう。親族席の席次は親に相談を!

席次表の肩書き

家族・親族

20140925183800_4gkbvc

招待客の名前には「様」をつけますが、親・きょうだい・同居の祖父母などの家族にはつけません。
小学生くらいまでのお子様は「ちゃん」「くん」でも良い。

父母の兄姉とその配偶者→伯父・伯母
父母の弟妹とその配偶者→叔父・叔母
父母のおじ・おば→親戚
新郎新婦のいとこ(年上)→従兄・従姉
新郎新婦のいとこ(年下)→従弟・従妹
きょうだいの配偶者→義兄・義姉・義弟・義妹

会社

20140925183800_4gkbvc

会社名は略さない ○ 株式会社 × (株)
複数の肩書きのある上司は本人との関係が近い肩書き、もしくは最上級の肩書きを最大ふたつまで記載します。 他社に転職した上司→現職名もしくは元職名
退職して無職の上司→「元上司」、元の職名
退職した先の上司→現職名
職場の先輩→会社先輩
職場の同僚・後輩→会社同僚

友人

20140925183803_3jr5zk

学生時代の先輩→先輩
学生時代の同級生・後輩→友人
恩師→現役なら現職名、退職していたら「恩師」

席次表の名前や肩書は何度もチェック

席が決まったら、席次表を作成します。席次表は招待客全員の目に入るものなので、名前や肩書に誤りがないか、親や会場担当者にもチェックしてもらい念入りに確認しましょう。

席次表は業者に依頼することもできますし、ご自身で手作りも可能なアイテムです。手作りの場合は手間や時間もかかりますので、誤字脱字に十分注意しましょう。自信がない場合は業者に頼んだ方が安心ですし、格調高いものができあがります。

【期間限定】ブライダルフェア参加・式場見学で最大10万円分の電子マネーギフトがもらえるチャンス!

2018年7月24日まで

Hanayume(ハナユメ)では、人気式場のブライダルフェアを簡単に探すことができます。実際にブライダルフェアに参加して、結婚式へのイメージを膨らませてみてはいかがでしょうか?

さらに!今なら、ブライダルフェアへの予約・見学で、最大3万円分の電子マネーギフトが条件クリアで全員必ずもらえる+抽選で7万円分追加プレゼントのあるキャンペーンを実施中です!
ブライダルフェア



詳細はこちら!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*