挙式スタイルって??

挙式スタイルって??

家族や友人の立ち会いのもと、結婚の誓いをたてるの儀式が『挙式』です。
挙式スタイルは大きくわけて、キリスト教式、神前式、人前式、仏前式があります。

神聖な雰囲気の『キリスト教式』

20140829173254_z3wtac

純白のウエディングドレスに包まれて父とバージンロード歩く憧れの挙式。
両親や親族、友人に見守られながら、神の前で愛を誓う神聖な儀式で、全員で賛美歌を斉唱、聖歌隊がゴスペルを歌い新郎新婦を祝福する演出などもあります。

最近の結婚式場ではチャペルを併設しているところがほとんどで、またそのチャペルも重厚な独立型や、天窓から光が差し込む、ステンドグラス一面、海や夜景が一望できるなどさまざまな趣向を凝らしたものが多く、それらから自分のお気に入りを選ぶことができるのも魅力の一つです。

厳かな雰囲気で古式ゆかしい『神前式』

挙式スタイルって??

白無垢や振袖を着て神殿などで行う格調高い伝統的な挙式で、厳かな雰囲気の中、神前で結婚を誓う日本の伝統的なスタイルが特徴。
場所は神社をはじめ、ホテル、専門式場の神殿で行うことができます。ただ、神殿の式に列席できるのは基本は親族のみですが、神社や式場の方針や広さにより、友人の列席が可能なところもあります。

神社で披露宴会場を併設していないところでは披露宴会場を他で手配する必要があります。また、披露宴で『和』をテーマに入れることでトータルの演出ができます。

自由で個性溢れる『人前式』

20140829175148_6sxbcp

特定の神仏の前ではなく両親や親族、友人などの前で結婚を宣言し、全ての列席者に承認になってもらい司会者が式を進める挙式スタイル。

特に決まった形式がないのが特徴で、ホテルや専門式場はもちろんレストランやガーデン、船上などさまざまな場所でも行うことができます。宗教にとらわれたくない。人とは違う演出がしたい。など、自由なアレンジが可能なので自分達らしい式にすることができます。

例えば誓いの言葉をオリジナルで考えたり、好きな曲に合わせて入場したり、式の形式がないので、列席者も参加できるリングリレーや新郎がゲストからブーケを集め新婦に送るブーケ・ブーケトニアの儀式などの演出を入れることの可能です。もちろん、全て自分たちが考えないといけない訳ではなく、式場にベースになるプランもあるので、それに沿って式を進めることもできます。

新しい挙式スタイルとして注目され人気もありますが、年配の方にはまだまだ馴染みはないこともあるので、宣誓や指輪の交換など儀式的な要素を取り入れたり、司会の方から人前式の説明を入れてもらうこともオススメです。

伝統ある寺院で厳かな落ち着きある『仏前式』

20140924124443_zggj5k

仏前で夫婦の誓いを交わし、二人を巡り合わせてくれた先祖に報告する儀式です。
場所は一般的には寺院で行われます。ホテルや専門式場に対応してくれるところが少ないこともあり、自宅に僧侶を招き行うこともあります。

二人の結婚は前世からの因縁で、先祖の慈悲によるものという仏教的な考えに基づいて行われるのが特徴です。また、二人のどちらかがその宗派の信徒であることが前提のため最近では珍しいスタイルとなっています。

掲載式場:
FUMON-EN(普門園)八事の杜興正寺  【愛知県 名古屋市内(八事駅) / 式場・ゲストハウス】
RIVER SUITE KYOTO KAMOGAWA(リバースイート京都鴨川) 【京都府 京都市内(京阪三条 京都市役所駅) / 式場・ゲストハウス】

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*