気になる和婚の費用徹底解剖!

気になる和婚の費用徹底解剖!

和婚式にかかる費用は?

神前式の挙式費用は神社に納める「玉串料(初穂料)」といい、3万円~10万円程度と神社により差があります。平均では5万円程と言われています。
ホテルや式場からの見積もりの際は「挙式料」と表記がある場合があります。
挙式費用のなかに謝礼も含まれている場合もありますが、別に納める場合もあるので、会場への確認が必要です。

神社の規模や挙式内容によっても異なり、巫女が舞いを奉納したり、雅楽の演奏などを依頼すると、さらに別途料金が必要になる場合もございます。

チャペルウエディングと比較すると?

20141219152739_f6phvz

一般的にキリスト教式と比較すると和婚式はリーズナブルだと言われています。しかし、選ばれる新郎新婦様の和装の衣裳代、着付け代、メイク代、控え室の料金等がかかりますので、すべて含めた上で、比較してみると良いと思います。衣装は洋装より和装の方が平均的に割高のようです。

衣装代がパック料金に含まれており、どちらの選択も可能な場合には差はございませんが、和装の場合にはかつらやかんざしなど、洋装の場合はネックレスやティアラなどのアクセサリー類、靴やベールなどの小物類が別料金になる場合がございますので、必ず忘れずに確認しましょう。

ヘアセットも和装に洋髪姿も最近の流行ですので、検討してみるのも良いですね。

神社の鳥居をくぐるときのマナー

神社の鳥居をくぐる際は一礼し、神様のとおり道である中央は避けて端を通ります。
そのほか「二礼二拍手一礼」「手水の儀(ちょうずのぎ)」は、神社を訪れた際には欠かせないマナーなので覚えておきましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*