結婚式する前に〜予算、費用を明確に!

結婚式する前に〜予算、費用を明確に!

結婚費用はいったいどの位掛かるの?

20140423142614_e7qjbj

最近の結婚式費用の相場も気になるところ。最近のトレンド調査によると、招待客70〜80人で平均予算は300〜400万円が全国平均のようです。式に向けての準備段階として、まずは結婚式の予算をできるだけ明確に算出することが必要です。

・現在ふたりに結婚資金となる貯金があるか
・これから貯金をするのか
・親や親戚から援助が可能か

などを明確に話し合いましょう。

貯金が0円という人もいれば、将来に向けて堅実に貯金をしている人もいるでしょう。毎日の生活の中で節約にも心がけて、半年後、1年後のためにふたりで貯金をすることが、将来夫婦になってから役立つことも多いのではないでしょうか。

式の費用をなるべく抑えるために、こんな方法も!

多くの結婚式場には、日取りや時期によって、期間限定で費用が安くなるお得なプランが用意されています。結婚式の費用を節約したい場合は、次の日取りがねらい目です。

・平日や日曜日の夕方からスタートの結婚式などは予約が少ないため特別な割引があることもあります。
・半年以内の空き日を使うと特別な特典がつき割引が適用されることもあります。

結婚式のお日柄で値段が変わる?!

お日柄とは?

20140918183041_h62asb

一昔前は、大安吉日に結婚式を挙げるのが定番でした。
六曜でお日柄が良い大安ですが、元々仏教とは無縁のもので、室町時代に陰陽道の時間を占うものとして登場しました。最近ではあまりこだわらないカップルも増えています。

現代でも日取りが良い日に人気はありますが、1年以上前から予約を入れたり、混雑をした日に式を挙げることに疑問を抱く人もいるようです。大安にこだわらなければ、「仏滅・赤口」をねらうことで、節約できる可能性もあります。

オフシーズンを狙う

また一般に、真冬の1〜2月、真夏の7〜8月は結婚式のオフシーズンと言われています。

オフシーズンでは、結婚式場のお得なプランが用意されていることもあるのでねらい目です。室内温度は空調管理されていますので、気候に左右されるほどではありません。オフシーズンは、混雑することもなく、ゆったりと結婚式を挙げることができます。結婚式の費用を節約したい人は、オフシーズンの日取りを検討してみてはいかがでしょう。

掲載式場: エルダンジュ名古屋 【愛知県 名古屋市内(名古屋駅) / 式場・ゲストハウス】

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*