結婚式費用、両家の負担について

入籍 結婚 報告

結婚式費用 いくらかかる?

一般的な目安としては、招待するゲストの人数×5万円~6万円程度とされています。
詳しくは「結婚式は平均いくらかかるの?」の記事を御確認ください。

結婚式にかけられる金額を把握しましょう

二人の預金額などを合わせて、結婚式の為にいくら用意できるか計算しましょう。

結婚式の費用は、二人で同じくらいずつ負担するのが、原則です。
親からの援助やご祝儀などで収入がある場合もありますが、結婚式以外にも新居の準備やハネムーンなどにもお金がかかりますので、しっかり二人で話し合って決めましょう。

何にこだわるのか?どこに一番予算をかけたいのか?を事前に話し合いましょう。

挙式、披露宴、食事、ドレス、演出などふたりの価値観によって異なりますので、ふたりが何を大事にしたいのか確認しながら、限られた予算の中でどこを節約し、どこに注力するのか予算配分を相談しましょう。
詳しくはコチラ→結婚式、予算を抑えるコツ!節約術!

費用の(両家)負担について

話し合い

挙式・披露宴費用の分担には特に決まりはありませんが、後でトラブルにならない為にも親とともにしっかり話し合いましょう。

パターン①…項目別に負担

衣装やヘアメイクなどそれぞれにかかる費用は各自で負担し、それ以外は両家の招待客の人数で割る方法。最近の主流です。

パターン②…招待客の人数で割る

挙式・披露宴の全額を招待客比で割り、両家が負担する方法。

パターン③…全額を折半

招待客数に関係なく全額折半。新郎新婦の負担を6:4など割合を変える場合の方法も。

パターン④…結婚資金を一緒に貯める

ふたりでひとつの口座にまとめて貯金をしている方は、そこから全額支払い。足りない分は、援助金などで人数比や項目別に負担をする方法。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*