今更聞けないご祝儀のマナー

今更聞けないご祝儀のマナー

ご祝儀の渡し方

結婚のお祝い金は本来、挙式の一週間前に手渡しで渡すのがマナーとされてきましたが、新郎新婦は挙式直前は式の準備で一番忙しい時なので避けた方が良いようです。

なるべく挙式の一週間前までにお渡しするか、郵便書留なども利用するのもOKです。披露宴に呼ばれている方は当日受付にお祝いの言葉を添えて渡します。

・お祝い金を入れるご祝儀袋、またそれを包むふくさを用意しましょう。
・お札は新札を用意しましょう。
・お渡しする際は『ご結婚おめでとうございます』とお祝いの言葉を添えましょう。
・事前にお渡しする場合は『大安』や『友引』などお日柄の良い日の午前中にお渡ししましょう。

金額の目安

20140723143923_4ql65n

友人・知人・・・・・2万~3万
会社の同僚・先輩・・2万~3万
甥・姪・・・・・・・5万~10万
その他の親族・・・・3万~5万
兄弟・姉妹・・・・・5万~10万

結婚式のお祝いは品物よりお金を贈るのが一般的です。
金額は平均2~3万が多く、また地域や新郎新婦との関係や親しさによって金額が変わるようです。

慶事のお祝い金は割り切れる枚数はタブーとされてきましたが、結婚の場合の2はペア、8は末広がりなど、縁起が良いとされることも定着してきたので、縁起が悪いとされる4、9を避ければよいでしょう。

夫婦で招待された場合は2人分を、食事ができる子どもを招かれた場合は少し上乗せした金額を包みます。

また、品物を贈る場合はお祝い金と同様の2~3万円または品物と現金にわけて贈る事もOKです。
親しい間柄なら予算を伝えたうえで欲しい物を聞くのもマナー違反ではありません。

披露宴に出席できなかった場合は、出席した金額の半額を贈るのが一般的です。
万が一直前に出席できなくなった場合は(お料理などのキャンセルが間に合わないため)出席時と同じ金額がマナーです。

ご祝儀袋の基本と選び方

のしがついているか水引の結び方で祝儀・不祝儀を使い分けます。
結婚のお祝いの場合は一度きりという意味を込め水引は結びきりを選び、同じ慶事でも何度も繰り返す意味がある蝶蝶結びはタブーです。

包む金額に合わせてご祝儀袋のサイズやデザインも変わるのでご注意を。
最近ではカジュアルやオリジナルなデザインなものたくさんあるので、贈る相手に合わせて上手に選びましょう。

のし・・・・祝儀袋の右上についている色紙のようなものです。
水引・・・・金品を包んで結ぶもので贈る目的によって結び方が変わります。
表書き・・・『寿』や『御祝』、自分の名前を濃墨で書きます。
ふくさ・・・『大切にお持ちしました』の心が伝わるように、また汚さないようにふくさに包んで持参しましょう。

ご祝儀に関してさらに詳しく知りたい方は、こちらの「30秒で分かる!ご祝儀の入れ方・包み方マナー【イラスト付き】」をご覧ください。

【期間限定】ブライダルフェア参加・式場見学で最大4万円分の電子マネーギフトが全員もらえる!

2018年8月27日まで

Hanayume(ハナユメ)では、人気式場のブライダルフェアを簡単に探すことができます。実際にブライダルフェアに参加して、結婚式へのイメージを膨らませてみてはいかがでしょうか?

さらに!今なら、ブライダルフェアへの予約・見学で、最大4万円分の電子マネーギフトが条件クリアで全員必ずもらえるキャンペーンを実施中です!
ブライダルフェア



詳細はこちら!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*