お車代っていくら払うの?誰に払うべき?



結婚式は、人生の節目の中で行われるとても重要な行事であり、招待する側、される側にとって、理解しておくべきマナーがたくさんあります。これから結婚式を挙げるカップルに、知っておきたいマナーのひとつをご紹介しましょう。

挙式当日は、お世話になった方に感謝の気持ちを込めて、「お車代」「お礼」を渡す習慣があります。
例えば祝辞や乾杯の挨拶をしていただいた来賓の方、受付の方に渡すのが「お礼」、遠くから来てくださる来賓・親族・友人にお渡しするのが「お車代」だと言われています(祝辞などがなくても、来賓の方へ渡すお車代の封筒にはお礼と書くことがある)。

また結婚式では、ウエディングプランナーや、司会・カメラマンなど式場側のスタッフ、受付や祝辞をお願いする知人や友人など、さまざまな方たちにお世話になります。多くの方たちの協力によって、ふたりの門出がスタートするので、お世話になった方たちへ、新郎新婦のふたりから「お心づけ」を感謝のしるしとして渡すこともあります。ウエディングプランナーやヘアメイク、司会、カメラマンなど、会場側のスタッフへ渡すのが一般的です。

いくら払うべき??

お車代とお礼の相場は?

20140918174159_z5uxcc

祝辞や乾杯の挨拶をしてくださった来賓の方には1~3万円。もしくは1万円以上の交通費を入れることが多いです。

また親族や友人に渡すお車代の場合は、かかった交通費の半額~全額分を包むのが一般的で、お車代の代わりに宿泊の予約(支払い)をしておくこともあります。

また受付や余興を頼んだ友人には5000円以下のお礼、もしくはハンカチやお菓子などのギフトを渡すのがおすすめです。

お心づけの相場は?

20140918174201_zey35c

プランナーや司会者・カメラマンなど結婚式場のスタッフに渡す心づけは5,000〜10,000円程度だといわれてます。またお金ではなく、菓子折りなどを渡して感謝の気持ちを伝えることも多いです。

ただし、近年の考え方では「サービス料にお礼も含まれている」として、心づけを渡さないことも増えています。また、結婚式場側もトラブルを防ぐためお心づけを受け取らないといったケースもあります。心づけを渡さないと結婚式に手を抜かれる、なんてことは絶対にありませんのでご安心ください。

【期間限定】ブライダルフェア参加・式場見学で最大4万円分の電子マネーギフトが全員もらえる!

2018年8月27日まで

Hanayume(ハナユメ)では、人気式場のブライダルフェアを簡単に探すことができます。実際にブライダルフェアに参加して、結婚式へのイメージを膨らませてみてはいかがでしょうか?

さらに!今なら、ブライダルフェアへの予約・見学で、最大4万円分の電子マネーギフトが条件クリアで全員必ずもらえるキャンペーンを実施中です!
ブライダルフェア



詳細はこちら!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*